So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

真夏の小湊キハ撮影記 20170707 <後編> [小湊鐵道キハ200と鉄道情景]

東京はとうとう(?)、梅雨が明けて、いよいよ1年で最も暑い時期に。
仕事の方も、夏休み期間に入って年間で最も忙しい時期に。
でも、仕事が忙しくなってくると趣味活動の方が気になって...

時間が取れるときは意外とデブ症...ではなく、出不精な自分だが、
「出かけられないほど忙しい」ときになると出かけたくなるという不思議。
いまも、2つ3つ、出撃先を検討している。

さて、そんな中、忙しくなる直前、その合間を縫うような形で7月7日に
小湊鉄道にキハを撮りに訪れたのだった。

001_DPP_00001531.JPG
【2017年7月7日8時57分】 小湊鐵道線・五井駅

光風台駅近くの「上養老橋デッキ」では、思ったように青空が広がらず...
午後は、久々のこの撮影地から...

続きを読む


真夏の小湊キハ撮影記 20170707 <前編> [小湊鐵道キハ200と鉄道情景]

2011年4月、日常生活は...、まだまだ落ち着かない部分も多かったのだが、
そんな中で“趣味活動”の再開となったのは、いすみ鉄道に“復活”したキハ52から。

最初、耳にしたときは「まさかぁ~」と思ったのだが...

001_IMG_9881.JPG
【2011年4月15日10時27分】 いすみ鉄道・デンタルサポート大多喜-城見ヶ丘

いざ、試運転が始まると。浜松町を7時過ぎに出る高速バスで“大多喜詣で”が
始まるのだった。

それにしても、4月、菜の花が咲く城見ヶ丘。誰も居なくてベストポジションを
確保できたのも...いまは昔。大勢のカメラマンが集結するようになって...
さまざまな人たちが出てくるようになると、撮りにくくなって...

でも、今夏、必ず撮りに行きたいと考えている。

さて、このキハの塗色、国鉄一般型気動車色と呼ばれるクリーム色と朱色の
ツートンカラーが制定されたのは1959年(昭和34年)のこと。
キハ52 125号車もこの塗色を纏って出場してきたはず。
この塗色が一番よく映えるのは、一面、緑色になった夏の田園地帯だと
<変態鉄>は、かたくそう信じている。私鉄のディーゼル動車にも類似の塗色が
採用される例は少なくなかった。その一つ、いまもDMH17Cエンジンのキハ200形が
活躍する小湊鐵道線も。「夏の田園地帯をゆくツートンカラーのキハ」を
思い描きながら、房総へと出かけたのは、7月7日、七夕の日だった。

続きを読む


美作にキハを追って(13=最終回)工業地帯の空色キハ。 [水島臨海鉄道キハ20]

まだ7月、梅雨時なのに猛暑が続いている。いよいよ明日から再び、お仕事。
いろいろあって、また忙しい日々が始まるわけで。

ただ、夏休み中も公休日には何度か、日帰りではあっても“出撃”を企てている。
人が多いのはイヤだし、夏の空気は写真の出来映えが...
<撮り鉄>には向かない季節なのだが、でも、あのキハの元気な姿を見てきたい。

さて、引き続き、7月アタマ、岡山へキハを撮りに行った話題。
2日に吉ヶ原で撮ったのは旧片上鉄道キハ702号車、もとは国鉄キハ07形。

001_DPP_00001473.JPG
【2017年7月2日10時35分】 片上鉄道保存会・吉ヶ原-黄福棚原

1967年(昭和42年)に片上鉄道入りしたときは、同型の仲間3両でやって来た。
そのうち、キハ701号車はほどなく水島臨海鉄道に移籍となった。

ということは...

<変態鉄>が生まれる前後、いまから40年ほど前、まだ地平にあった臨鉄水島本線の
線路を、この丸っこいキハが走っていたということ!?

いまは、JR東日本千葉支社から転入してきた「国鉄型キハ」の最後の世代、
キハ37・38形が平日朝晩のラッシュ時に活躍中。
早起きして、ヒコーキの時間まで、キハの朝運用を追ったのだった。

続きを読む


美作にキハを追って(12)ほかの保存車たち [保存車・廃線跡]

夏休みの繁忙期を前に、昨日から3連休。19日までお休みの<変態鉄>。
でも、出撃はせずに持ち帰った仕事をしながら、15時からは大相撲観戦。
誠に遺憾ながら、あの横綱が順当に優勝してしまうのだろうか。

でも、20代前半の若い力のある力士たちが少しずつ上位陣を脅かす存在に。
序盤で休場者が相次いだとはいえ、場所への興味は絶えること無く。

さてさて、そんな中、拙ブログは相変わらず7月2日の旧片上鉄道・吉ヶ原駅での
展示運転の話題。

005_DPP_00001387.JPG
【2017年7月2日9時25分】 片上鉄道保存会・吉ヶ原駅

戦前生まれのキハの走りも堪らないのだが...

でも、合わせて11両、ディーゼル機関車、客車、貨車、ディーゼル動車と
さまざまな車種が保存されており...

車庫で休んでいて撮れなかったものもあるが、それらをご紹介したい。

続きを読む


美作にキハを追って(11)「駅長ーーーっ!!」 [保存車・廃線跡]

あまり欲張らずに、次の機会に撮りたいものを残しておこうと...
そうは言っても、初訪問の吉ヶ原。見るもの全てが「初めて」なのであり、
いろいろと撮ってきた。

001_DPP_00001486.JPG
【2017年7月2日14時35分】 片上鉄道保存会・吉ヶ原駅

次回訪問時に、もう少し踏み込んでよく観察してみたいと思ったものも含め、
いろいろと、まとめて2回に分けてご紹介して、7月2日の吉ヶ原訪問記を
締めくくりたい。

続きを読む


美作にキハを追って(10)展示運転っ!! = 黄福棚原駅にて = [保存車・廃線跡]

ブログを始めて、まもなく、今月の28日で6年9ヶ月になる。
この間、いろいろな方のブログとの間に繋がりが。<鉄>なブログはもちろん、
本当にいろいろな。もちろん、<鉄>以外の話題だって興味をもって楽しく
読ませていただいている。残念ながら、最近は仕事がドタバタ...か、趣味活動。
なかなか、皆さんのブログにお邪魔することができず。気になっているブログは
たくさんあるものの...。

でも、やはり、inspire される...というか、「なるほど!!」と思うことも
たくさんあるわけで。自分の趣味活動のあり方がちょっと変わったかなぁ...と
思った一文が。

   この趣味を長く続けるためには、採り尽さないことが肝要と
   心得ておりますもので。

全国の街を歩き回って、カップや小さな瓶のお酒(日本酒)を買い求め、
その紹介文、文献研究などからの考察、そして、お飲みになった感想を、
ほぼ毎日ご紹介されている、skekhtehuacso さん(→ こちら)の記事の中で
時折、でてくる一文。いままでの自分なら、撮りに出かけたら、アレもコレも
すべて兎に角、一通り、漏れなく撮り尽くさないと...、そればかりに夢中で、
その結果、アレもコレも中途半端...ということの連続だった。

今回は、「次の訪問時に撮るのでも良いか...」と少し余裕を持って。

006_DPP_00001388.JPG
【2017年7月2日9時51分】 片上鉄道保存会・黄福棚原駅

そんな中から、今日は黄福棚原駅の模様を中心にまとめてみたい。

続きを読む


美作にキハを追って(9)展示運転っ!! = キハ702車歴編 = [保存車・廃線跡]

<変態鉄>は学生時代、バイトに明け暮れ、資金が確保できれば全国へ<鉄>活動に。
まぁ、何ともダメ学生だったわけだが...

そんな大学時代、ある教授が言った一言、いまも覚えている。曰く、

 テストのときに、カンニングしようという学生がたくさん居るのは分かっている。
 でも、できるだけ使いやすいカンニング・ペーパーを作るために、講義ノートを
 できるだけ小さな字で必死に書き写す、その作業こそが最高の勉強である

と。なるほど、講義の要点を理解し、ポイントとなることを分かっていないと
ノートや資料のどこの部分を書き写すのが良いのか分からず、テスト中に役に立つ
ような“良品”はできない...というのである。だから、そのために必死になって
学期アタマからの講義内容を見直さないと行けない訳で。それこそが学生にとって
最大の勉強の機会なのだとか...

絵に描いたような典型的ダメ学生だった自分、いろいろな方法で...
でも、カンペを書いているうちに、いつの間にか要点は覚えてしまって、
結局、テスト時間になると一種の“おまもり”のような。見ないで済んだことが
多かったような気がする。

実はコレ、いまの趣味活動に関しても同じような気がする。

000_DPP_00001482.JPG
【2017年7月2日13時15分】 片上鉄道保存会・吉ヶ原駅

こんな、何の役にも立たないブログを書くために、必死になって資料を調べて...
1両の保存車の経歴をまとめるだけで、かなりの“大仕事”になってしまう。
でも、その中で“発見”もあるし、次に見たとき、乗ったときの興味・関心も。

今回、7月2日の展示運転で、撮影して、乗車して...存分に楽しませてもらった
キハ702号車も、すでに御年83歳。その経歴を調べるだけでも、<変態鉄>の
足りないアタマでは、まさに湯気が上がりそうな...、そんな必死のレポート。

続きを読む


美作にキハを追って(8)展示運転っ!! = 撮影編2= [保存車・廃線跡]

わずか数百メートルの展示運転線、その端から端まで歩いたとしても5分ほどだろうか。
“全線”にわたって「柵原ふれあい鉱山公園」の敷地内にある。在りし日の吉ヶ原駅の
構内を行ったり来たりするだけなのだが、でも、いろいろと撮りたくなるわけで。

最初、訪れる前は

 「午前中にちゃちゃっと撮影を片付けて、午後は体験乗車で1往復、
  あとは夕方まで鉱山資料館でも見学しながら過ごそうか~」

と、そんな甘い考え方だった。この日の天気予報は、午後から強い雨とのこと。
朝は晴れ間も見えていた。そう、だから午前中に撮り終えて、できるだけ
傘をささず、午後は車内と屋内で。

005_DPP_00001491.JPG
【2017年7月2日13時55分】 片上鉄道保存会・吉ヶ原駅

しばらく前までの自分なら、兎に角、日程をこなすべく大慌てで。
アレもコレも盛り込んだ挙げ句、どれもこれも中途半端で後悔する...という
パターンだったはずだが。この日は、朝9時過ぎ、吉ヶ原に到着、周囲を見渡した
途端に「もう1回来るしか無い」。初訪問は初訪問として、キハの走りを楽しむのに
集中しようと考えたのだった。

続きを読む


美作にキハを追って(7)展示運転っ!! = 撮影編1= [保存車・廃線跡]

いよいよ長くなりそうになってきた、7月2日、柵原鉱山ふれあい公園の
旧同和鉱業片上鉄道線・吉ヶ原駅での展示運転の話題。

でも、その前に。水曜の朝早くだった。

000_52125.png

この“キリ番”。いやいや...

「何がキリ番だぁ!?」とお叱りを受けそうだが。
でも、<変態鉄>にとっては重要な数字、それが「52125」。ただの“回文番号”
ではないのである。そう、この番号...

続きを読む


きのうの、おでかけ。 [東京鐵話]

大相撲名古屋場所は、異例の“荒れ模様”の展開になっている。
いつの間にか、横綱 白鵬が序盤からアタマ1つ、いや、2つ!? 飛び出す展開に。
「う~ん、何だかなぁ...」と思いつつも、でも、場所中の公休日はTV観戦したい。
15時までに帰宅しないと行けないのだが...

そんな<変態鉄>。場所を直前に控えた7日の金曜日。

001_DPP_00001464.JPG
【2017年7月7日17時31分】 小湊鐵道・上総久保-高滝

小湊キハを撮りに遠征したのだが...

そのときに“アクシデント”は起きたのだった。いや、単なる自分の不注意だが。
というのは...

続きを読む


前の10件 | -