So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

サクラ咲く、富山へ(6)さぁ、出発っ!! [保存車・廃線跡]

最近、また仕事が多忙で...
「景気が良くて...」ということでは決して無い。でも、なかなか時間がとれなくて。
趣味活動においては拙ブログの記事を更新するので精一杯。

そんな中、毎日、コメントや「nice!」を頂戴しており、でも、何もできていなくて。
何だか申し訳ない限り。時間ができたら、何とか皆さんのブログへ...と思いつつ、
自宅に持ち帰った仕事を片付けているうちに時間だけが過ぎていって。

どうやら、大型連休の“ことでん”までは、この忙しさが継続しそうな模様で。
そんな中、5月になるのとともに久々に「あの路線」を撮りに行こうかと。

さて、引き続き、4月8日の「おかえりなさい! おくひだ1号」の話題。

001_IMG_20170422_0001.jpg

あの日、<変態鉄>が「神岡営業所」バス停でバスを降りたのを“衝動的”と
言ったのは、この「整理券」のため。この抽選券を手にするために“出発式”は
スルーして、旧奥飛騨温泉口駅に直行する予定だったのである。

とはいえ、<速報版>にも「乗車できた」という話を書かなかったということは...

続きを読む


サクラ咲く、富山へ(5)神岡鉱山前駅 [保存車・廃線跡]

土曜日の午後、Canonのサービスセンターから電話があった。
予定より少し早く、EOSくんが戻ってくることになったのである。
これで大型連休の“ことでん”には問題無さそうなのだが、でも、心配なのは
拙ブログである。毎度のこととはいえ、このシリーズも異例の長編になりそう。

2泊3日の撮影記をどれだけ引っ張るのか...相変わらずの<変態鉄>なのである。

でも、この富山の撮影記のあとには...

001_DPP_00000961.JPG
【2017年4月14日15時36分】 小湊鐵道・上総久保駅付近

まずは、4月14日の小湊鐵道撮影記。菜の花とサクラのシーズンに“滑り込みセーフ”
その模様も記事でご紹介したいし...

002_DPP_00000962.JPG
【2017年4月16日11時02分】 都電荒川線・向原-大塚駅前(後追い)

16日の都電荒川線撮影記。ビッグチャンスは逃してしまったが、良い記録になった。
この模様も。ということで、急がないといけないが、まだまだ続く4月8日の
神岡での撮影記。

朝9時、出発式の1時間前、神岡鉱山前駅の車庫側の線路から手前側への転線作業。
いよいよ、多くのギャラリーに見守られ、「おくひだ1号」が再始動である。

続きを読む


サクラ咲く、富山へ(4)かみおか。 [保存車・廃線跡]

岐阜県の最北、富山との県境近く神通川の支流が流れる小さな町が「神岡」。
現在は飛騨市内にあたる。最近は、“スーパーカミオカンデ”で有名だが、
やはり、何と言っても鉱山の町である。

2001年まで、採掘が行われた三井金属神岡鉱山は亜鉛や鉛、銀の採掘で知られ
<変態鉄>がその名を知ったのは、小学生のとき“四大公害病”の1つとして
神通川流域の「イタイイタイ病」の話を聞いたときだった。
亜鉛鉱の廃液に含まれるカドミウムが原因とされる。

001_DPP_00000922.JPG
【2017年4月8日9時06分】 旧神岡鉄道・神岡鉱山前駅

2006年まで、高山本線の猪谷(富山市)から分岐し、その神岡鉱山の茂住を経て
神岡の中心街を通り、奥飛騨温泉口駅まで20 kmあまりを結んだのが神岡線。
国鉄末期に第3セクターに転換されたが、2006年に廃線となる。

<変態鉄>は大学生の頃に一度だけ訪問している(→ こちら)。

「おくひだ1号」「おくひだ2号」と名付けられた個性派ディーゼル動車が
廃線後も車庫内に非公開で保管されているのは耳にしていたが、まさか...

続きを読む


サクラ咲く、富山へ(3)14722は撮れたのか?? [雷鳥色の電車たち[富山地鉄]]

昨日はコンパクトフラッシュ、つまり、EOSくんの記憶媒体の話題で1回お休みの
この話題、再び、である。

<変態鉄>が頻繁に撮りに訪れる富山地鉄、その中でも絶対に撮りたいのが
“20形”電車。わずか2編成しか残っていない、昭和30年台生まれの電車である。

DPP_5115.JPG
【2016年8月1日5時34分】 富山地鉄・電鉄富山駅

そのうち、全線で幅広く運用され、最近は特急運用にも充当されることがあるのが
14722-172編成。この日の13時半に稲荷町を通ったときは車庫で休んでいた。
でも、14時半に撮りに行ったら、出庫した後。

ということは...

続きを読む


コンパクト・フラッシュ“復旧”まで(備忘録) [EOSくんとその仲間たち(写真撮影)]

4月8日(日)、生憎の空模様だった。
そんな中、岐阜と富山の県境に位置する岐阜県飛驒市の神岡にあった
奥飛騨温泉口駅に家族連れ、地元の方、そして<鉄>と、ものすごい人の数。

001_DPP_00000908.JPG
【2017年4月8日10時50分】 旧神岡鉄道・神岡大橋-奥飛騨温泉口(後追い)

国鉄神岡線を引き継いだ、第3セクター「神岡鉄道」の廃止から約10年、
当時、この路線を走っていたディーゼル動車が再び、旧神岡鉄道のレールの
上を走ることになり...

もちろん、<変態鉄>としては神岡に向かったのだった。

でも、その晩、ホテルに戻ってカメラで撮った画像データをパソコンに転送する
ときに“異変”は起こったのだった。

続きを読む


サクラ咲く、富山へ(2)サクラとカボチャとダイコンと。 [雷鳥色の電車たち[富山地鉄]]

ちょうど、<変態鉄>が富山を訪れていた4月7日から9日。
富山市でもサクラの開花が宣言され、市内のサクラの名所・城址公園から松川に
かけてのエリアは、すでに満開に近く。写真を撮りに行く時間はなかったものの
往復のバスの車窓から、楽しんだのだった。

と、なれば<サクラ鐵>も撮りたくなるわけで。

006_DPP_00000838.JPG
【2017年4月7日14時43分】 富山県富山市綾田町・稲荷公園

市内電車で南富山駅前まで来て。上滝不二越線の電車は上下とも12:32発。
南富山駅ホームで待っていたら...

続きを読む


サクラ咲く、富山へ(1)とりあえず「ちてつ」 [富山で撮った]

最近、なかなか...、ブログにログインできないほどの状況が続いていて。
かろうじて記事を毎日アップしている程度。せっかくやっているのだから、
もうちょっと、しっかり毎日ちゃんと皆さんのブログへお邪魔したいのだが...

仕事に出撃に...と、自宅にいる時間がわずか、という日が続いているのである。

008_DPP_00000840.JPG
【2017年4月7日14時58分】 富山地鉄上滝不二越線・稲荷町駅

いつの間にか、半月近く前の話になってしまったが、4月7日の富山の話題。
11時過ぎ、駅北のホテルに荷物を預けて、EOSくんを連れだって、再び外へ。

<変態鉄>の父方の実家は、いまも神通川...、有沢橋の近くにある。
幼稚園の頃、両親に連れられて行ったときもそうだった。富山駅前から
橙色の方向幕の地鉄バスに乗れば、15分ほどで到着できるのである。

小学生の頃から、それ以来、何度も何度も乗った。

当時の地鉄バス、白地に青いラインの入ったバスだった。
そんな思い出の「青バス」もあとわずか。バス好きの方から、そう伝え聞いて。
今春までに、引退になると教えて貰っていた「200号車」と空港バスが
デッドヒート。地鉄好きでも地鉄バスは“専門外”の<変態鉄>だが...

続きを読む


サクラ咲く、富山へ(0)長すぎるプロローグ [飛行機の話題]

4月7日から9日まで富山を訪れた。実はこの“出撃”、富山にしては珍しく
かなり早い時期に決定していたのである。

それは、1両のディーゼル動車。「おくひだ1号」と名付けられた小さな“キハ”
なのである。岐阜と富山の県境、山深いルートを走った神岡鉄道、「飛騨の地下鉄」
などと揶揄されるほど、長大トンネルが...

<変態鉄>は学生時代に一度だけ乗りに行ったのだが...

000_DPP_00000897.JPG
【2017年4月8日11時22分】 旧神岡鉄道・奥飛騨温泉口駅

だが、同社の主要株主でもあり、また、路線の“存在意義”でもあった
沿線にある三井金属鉱業関連の貨物輸送が終了すると、2006年、あえなく
同線も廃線となったのである。

しかし、地元自治体は(紆余曲折がありながらも)神岡鉄道の廃線跡を
観光資源として活かすべく、地道な取り組みを続けてきた。

全国各地の同じように、廃線となった鉄軌道の観光資源としての活用に
取り組んでいる団体が一同に介して「ロストライン・フェスティバル」が
開催されることになり、それに合わせて、10年間車庫の中で非公開で
置かれていた、KM-101号車「おくひだ1号」が走行することになったのである。

もちろん、<変態鉄>としても...

続きを読む


黄色と黄色!? <速報版> [とりあえず<速報版>]

自分の中では“都電”とは、すなわち、この山吹色に近い...濃いめの黄色に青帯。
カメラを手にするようになった頃は、都電も冷房化で白地に緑帯の塗装になっていたが
でも、<変態鉄>にとって思い出のカラーの電車だった。

この7000形電車、ちょうど自分が生まれた頃、“荒川線近代化”の一環で
車体を載せ替え、角張ったボディになった。
でも、色とりどりの新型電車に置き換えられて、急速にその数を減らし...

001_DPP_00000887.JPG
【2017年4月16日10時55分】 都電荒川線・巣鴨新田-大塚駅前

最後まで残った2両、7001号「あかおび」が4月下旬、7022号「あおおび」が6月に
引退することが都交通局から発表されたのだった。

「いつでも撮りに行ける」と思っていたら、その機会がなく...

ようやく、16日に撮りに訪れた。“同業者さん”が集結する中、愛機MarkⅢを
修理に出してしまった<変態鉄>、予備機の初代5Dに廉価版のレンズを付けて...

これが思いっきり裏目に出てしまったのだった。嗚呼。

続きを読む


最近、厄年って、変わったの!? [EOSくんとその仲間たち(写真撮影)]

いつも書いているように、<変態鉄>は先月で39歳になった。
生まれは1978年(昭和53年)のことである。ヤクルトスワローズの初優勝の年、
<鉄>なところで言えば、地下鉄千代田線の全通(代々木公園-代々木上原間延伸)
京都市電の全廃の年でもある。

他には、成田空港開港、王貞治の800号ホームラン、キャンディーズの解散...
などと、いまに繋がるいろいろなことがあった年に<変態鉄>が誕生したのである。

男の厄年と言えば42歳のはず。まだ、もうちょっと時間があるような気がしていた。

でも、でも...、嗚呼。でるのは溜息ばかり。

IMG_7326.JPG
【2017年4月14日12時05分】 小湊鐵道・飯給-里見(後追い)

昨日、金曜日は小湊鐵道のキハを撮りに千葉を訪れていた。
まぁ、自分なりには納得できる春の鉄道情景を撮ることができたのだが...

実は、そのときEOSくんの“異変”を察知していたのである。

続きを読む


前の10件 | -