So-net無料ブログ作成

D51蒸機も見事なのです(三和テッキ「鉄道広場」見学記) [保存車・廃線跡]

明日は、早朝出発で羽田空港へ。東京に戻るのは水曜の深夜の予定。
このため、皆さんのブログへの訪問およびコメントの返答が遅れる予定です。
必ず、帰京後、訪問させていただきますので、ご了承下さい。

さて、14日の栃木県、三和テッキ「鉄道広場」見学記、最終回。

「架線とは関係ないのですが...」
鉄道部品とはいえ、架線の支持部の器具などを製造するメーカー。
その一角に展示された蒸気機関車。

0Y6C6475.JPG
【2013年6月14日10時05分】 栃木県宇都宮市・三和テッキ(株)宇都宮事業所
<撮影データ>
Canon EOS 5D Mark III/EF28-300mm f/3.5-5.6L IS USM
焦点距離 40.0 mm 露出 F8.0 1/125秒 -1/3段補正 ISO400
プログラムAE AIフォーカスAF WBオート

都電と違って、資料がほとんどなかったのが、こちらの機関車。
ネットや手元の資料でだいたいの履歴を調べてみると、宇都宮とは縁もゆかりもない
機関車なのだが、この機関車の「幸運」は...、美しく磨かれて展示されている姿。

「人生は邂逅の連続である」とは、自分の高校時代の担任が好きな言葉だったが
この機関車もまさにそんな所だろうか。幾多の解体撤去の危機、
その都度、新しい管理者と出会い、その危機を乗り越えた流転の人生、いや車生。
……  ……

太平洋戦争後半、1944年3月に川崎車輛(兵庫)で新製、戦時設計の代用資材と
工数削減で、つくられたタイプだったのだろうか。新製配置は広島。

ただ、広島での生活は約半年、その1944年中には多治見に転属。
この多治見で終戦を迎え、その後、名古屋に転属。
中津川に貸し出されていた履歴もあり、中央西線などで終戦後の復興期、
その貨物輸送に邁進したのだろうか。

0Y6C6480.JPG
【2013年6月14日10時13分】 栃木県宇都宮市・三和テッキ(株)宇都宮事業所
<撮影データ>
Canon EOS 5D Mark III/EF28-300mm f/3.5-5.6L IS USM
焦点距離 40.0 mm 露出 F6.3 1/80秒 ISO400
プログラムAE AIフォーカスAF WBオート

その後、1966年には住み慣れた名古屋を離れ、北海道の鷲別区に移り、5年間活躍。
1971年に、その鷲別区で廃車となった。27年の現役生活。

しかし、廃車後も解体されず、七飯町(北海道)の公園にて静態保存。
ここで荒廃していたのを個人が引き取って再整備の上、箱根にあった博物館で展示。

でも、そこにも転機が訪れる。この博物館が休館(そのまま閉館??)、
再び解体撤去の危機。そして、縁あって、3分割して大型トレーラーに載せられ
宇都宮まで陸送されたのは昨年のこと、
その後、専用の格納庫まで建ててもらって再び公開に至ったのだ。

0Y6C6482.JPG
【2013年6月14日10時13分】 栃木県宇都宮市・三和テッキ(株)宇都宮事業所
<撮影データ>
Canon EOS 5D Mark III/EF28-300mm f/3.5-5.6L IS USM
焦点距離 28.0 mm 露出 F7.1 1/125秒 ISO400
プログラムAE AIフォーカスAF WBオート

格納庫は機関車にジャストサイズ。だから、ゆったりと形式写真を撮るのには
不向きだが、機関車の非公式サイドにはキャブに上がる階段が付けられており、
キャブ内部に自由に立ち入ることができる。(機関士席側には見学台がない)

IMG_0041.JPG
【2013年6月14日10時08分】 栃木県宇都宮市・三和テッキ(株)宇都宮事業所
<撮影データ>
Canon PowerShot SX280 HS
焦点距離 4.5 mm 露出 F3.5 1/5秒 ISO400
プログラムAE CONTINUOUS AF WBオート

「石炭はホンモノです。買ってきて入れていれたのです」
キャブ内部も整備されており、欠品や破損も見当たらなかった。
もちろん、テンダーに満載...とはいかないが、石炭も置かれていた。

IMG_0045.JPG
【2013年6月14日10時10分】 栃木県宇都宮市・三和テッキ(株)宇都宮事業所
<撮影データ>
Canon PowerShot SX280 HS
焦点距離 4.5 mm 露出 F4.0 1/100秒 -2/3段補正 ISO1600
プログラムAE CONTINUOUS AF WBオート

まるで現役機と見間違えそうなほど、キレイなキャブ内部。
聞けば、前所有者がかなり力を入れて整備していたみたい。

IMG_0048.JPG
【2013年6月14日10時10分】 栃木県宇都宮市・三和テッキ(株)宇都宮事業所
<撮影データ>
Canon PowerShot SX280 HS
焦点距離 4.5 mm 露出 F4.0 1/60秒 ISO1600
プログラムAE CONTINUOUS AF WBオート

機関士席に座って1枚。旋回窓装備が北海道仕様を物語る。

0Y6C6485.JPG
【2013年6月14日10時14分】 栃木県宇都宮市・三和テッキ(株)宇都宮事業所
<撮影データ>
Canon EOS 5D Mark III/EF28-300mm f/3.5-5.6L IS USM
焦点距離 35.0 mm 露出 F7.1 1/125秒 -1/3段補正 ISO400
プログラムAE AIフォーカスAF WBオート

外観ももちろんキレイ。動輪だってこの通りだった。

「“Rail Magazine”って読まれたことありますか?」
実は毎月購読している。<変態鉄>でもウハウハな特集記事が気に入っているのだが、
この中に、元プロ野球選手の屋敷要さん、
そう、大洋ホエールズの“スーパーカートリオ”のあの方が、全国の静態保存蒸機を
撮り歩く連載記事がある。三和テッキさんにD51 947がやって来て間もなく、
取材依頼があったとのこと。担当者さんも、かつて野球をしていたのだそうで
大興奮だった、そのときの模様を熱く語っていただけた。

D51の隣に置かれたTVモニターでは、箱根の博物館閉館後、この宇都宮の地に
陸送されてくる模様を収録したビデオ映像がエンドレスで放映されていた。

0Y6C6633.JPG
【2013年6月14日11時34分】 栃木県宇都宮市・三和テッキ(株)宇都宮事業所
<撮影データ>
Canon EOS 5D Mark III/EF28-300mm f/3.5-5.6L IS USM
焦点距離 28.0 mm 露出 F11.0 1/320秒 ISO400
プログラムAE AIフォーカスAF WBオート

この「鉄道広場」、工場の入口脇の敷地にちょうど直角に都電とD51がアタマを
付き合わせるかのように展示され、その「広場」スペースには真新しい小さなレール。
ライブスチームを走らせられるようになっている。

でも、その車両たちがまた渋かった。

0Y6C6641.JPG
【2013年6月14日11時35分】 栃木県宇都宮市・三和テッキ(株)宇都宮事業所
<撮影データ>
Canon EOS 5D Mark III/EF28-300mm f/3.5-5.6L IS USM
焦点距離 110.0 mm 露出 F10.0 1/400秒 ISO400
プログラムAE AIフォーカスAF WBオート

DD54が牽く青い客車。

0Y6C6647.JPG
【2013年6月14日11時35分】 栃木県宇都宮市・三和テッキ(株)宇都宮事業所
<撮影データ>
Canon EOS 5D Mark III/EF28-300mm f/3.5-5.6L IS USM
焦点距離 120.0 mm 露出 F5.6 1/125秒 ISO400
プログラムAE AIフォーカスAF WBオート

そして、現在は動かないそうだが、9600型蒸気機関車、
寄贈だったそうで、レールだけは三和テッキさんで敷かれたそうだが...

……  ……

今回の「鉄道広場」一般公開は、第1回の4月に続いて2回目。
偶然、第2回の午前の部参加者は自分一人だった。この後はほぼ毎月1回のペース。
そして、一般公開のなかった5月には土曜日に屋台なども出して、
工場周辺にお住まいの方を対象にしたイベントを実施したとのこと。

予想を遥かに上回る多数の来場者があり、D51のキャブ見学は長い行列ができたそう。

この「鉄道広場」、都電175号はもちろんのこと、D51も一見の価値あり。
わざわざ早起きして出向いた価値は十分にあった。
11:50、見学終了時間まで10分を残して、ご案内いただいたお二人に挨拶して、
工場を後にした。何とか、雨に降られることもなく、見学を終えることができた。

寝不足もあったので、ちゃんと撮っていないが、この岡本駅周辺は
貴重なストラクチャーが残っているのかも。

IMG_0111.JPG
【2013年6月14日12時21分】 栃木県宇都宮市・岡本駅付近
<撮影データ>
Canon PowerShot SX280 HS
焦点距離 90.0 mm 露出 F6.8 1/500秒 ISO400
プログラムAE CONTINUOUS AF WBオート

♪ ピタット ハウス ピタット ハウス ピタット ハウ~ス~  
と、水野真紀の歌声が甦ってくるのが貴重なのではない。
隣にある「たばこ」の看板、屋根で薄暗くなってしまったがタバコ屋さんの佇まい。
これも“昭和の駅前”の雰囲気ではなかろうか。

さて、仕事。新宿にある職場に直行しなければならない。
ホームに行くと、反対側、下りホームには烏山ゆきの、あの編成。

IMG_0109.JPG
【2013年6月14日12時19分】 東北本線・岡本駅
<撮影データ>
Canon PowerShot SX280 HS
焦点距離 90.0 mm 露出 F6.8 1/320秒 ISO400
プログラムAE CONTINUOUS AF WBオート

キハたちが走り去っていくところをスナップした。

そして、12:24発の宇都宮ゆき。

IMG_0116.JPG
【2013年6月14日12時25分】 東北本線・岡本駅
<撮影データ>
Canon PowerShot SX280 HS
焦点距離 6.1 mm 露出 F4.0 1/800秒 ISO400
プログラムAE CONTINUOUS AF WBオート

少し前までだったら、「フンッ」と鼻で笑いながら乗り込むだけの存在だったが(謎)、
分割民営化の前後に投入された211系、いまや“懐かしの車輛”になってしまった。

宇都宮では快速・逗子ゆきに連絡。これで、ウトウトしながら新宿へ。
あぁ~ぁ、会社行かなきゃ。(おわり)

あなたの「ポチッ!」こそが、励みになります。あっ、あと、「nice!」も。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

nice!(25)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 25

コメント 4

さといも野郎

今にも走り出しそうなD51ですね!
by さといも野郎 (2013-06-23 10:28) 

あるまーき

さといも野郎さん

コメントありがとうございます。
仰るとおり、部品の破損や欠品なども気になる点はなく、非常に美しい状態を保っている保存機だと思います。ただ、かつて北海道内の公園で展示されていたときにかなり荒廃していたようで、外観は良くてもボイラーなどの傷みは相当激しいのではないかという話も伺いました。
by あるまーき (2013-06-23 21:50) 

suzuran6

鷲別にいたのであればかなりの確率で、子供の頃の私と遭遇しています。なおさら此処にいってみたくなりました。
by suzuran6 (2013-06-27 17:31) 

あるまーき

suzuran6さん

コメントありがとうございます。
D51 947号機は「鷲」の区名札が挿され、キレイに磨き上げられていました。公園などに保存蒸機は多数ありますが、この個体は保存状態も良く、一見の価値ありだと思います。なお、デフも、ちゃんと(?)切り詰めタイプで、「正統派北海道型」だと思います。
見学が、金曜日の公開日に限られるのが難しいところですね。自分はこの週は金曜のシフトに余裕があったので、行くことができましたが...
by あるまーき (2013-06-27 18:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0