So-net無料ブログ作成

銀世界の山梨へ(2)大月駅にて [鉄分の濃い旅行記録]

“冬休み用”の青春18きっぷでのプチ旅行記をアップし始めたと思えば、
3月1日の使用開始日に向けて、春の青春18きっぷの発売日がすぐそこ。

毎回のように5回分使い切れずに「損している」のだが、でも懲りずに...
「今回こそは!!」の気持ちで、みどりの窓口に向かうべきか、
はたまた、諦めるべきなのか。アタマの中で2人の自分が闘っている(笑)。

でも、“出撃”できるのだろうか!?
と、これ以上書けば仕事の愚痴しか出てこなくなってしまうから、
そろそろ今日の話題を。

001_DPP_00000629.JPG
【2017年1月9日12時23分】 山梨県甲州市・勝沼ぶどう郷駅前

1月9日、成人の日、青春18きっぷの“消化試合”、行ってみようと思い立った
その動機は、ある駅前に保存されていると聞いていた1両の電気機関車。

山岳路線の貨物列車用として、多くの<鉄>を魅了した1両の電気機関車を
<変態鉄>はちゃんと撮ったことがなかった。これが撮りたかったのである。

でも、その駅までの単純往復ではつまらない。大月駅から向かったのは...

……  ……

2017年1月9日(月・祝)雨のち晴れ

「ホリデー快速富士山1号」で大月駅には、9:34着。

002_DPP_00000623.JPG
【2017年1月9日9時31分】 中央本線・大月駅

ここで、車掌さんも交替して。列車は中央線を離れて富士急行線に入る。
青春18きっぷだと別料金になるのである。だから...と言うわけでは無いが、

この日は中央本線をさらに西へと向かう予定だった。このまま、後続の
普通電車に乗り換えるのもありだが、でも、大月まで来たのであれば...

003_DPP_00000624.JPG
【2017年1月9日9時31分】 山梨県大月市・大月駅付近

西を向けば青空がひろがっていたものの、何ともビミョーな天気。
大月駅の正面玄関を出て前、ということは南になるのだろうが、雲が垂れ込め。
駅を背に右に曲がったところが...

004_DPP_00000625.JPG
【2017年1月9日9時33分】 富士急行線・大月駅

富士急行線の大月駅である。南西の方向からJR中央線のホームに突き刺さるような
位置にあり、あまり広くない島式ホーム1面の駅だが...

そこで待っていたのは、この後、9:50発の普通電車に充当される編成。
この赤い塗色は...

005_DPP_00000630.JPG
【2017年1月9日9時34分】 富士急行線・大月駅

「マッターホルン電車」である。スイスのマッターホルン・ゴッタルド鉄道(MGB)と
富士急行の姉妹鉄道提携を記念して、富士急の車輌をMGB色にしたもの。
以前は京王5000系の1000形車両だったが、昨年、姉妹提携25周年記念で
6000形電車が新しい「マッターホルン電車」になった。

004_DPP_00000278.JPG
【2017年1月9日9時35分】 富士急行線・大月駅

ホームの先端に踏切がある。開いている踏切から編成写真を。

そう、「富士急6000形」というのはJR東の205系が譲渡されたもの。
<変態鉄>としては、この姿になって以来、初対面である。

その踏切で振り返ると...

006_DPP_00000626.JPG
【2017年1月9日9時35分】 富士急行線・大月駅付近

少し先の歩道橋の付近では1000形電車が留置されている。
その編成が、かつての京王5000系の塗色に復元された編成、これを撮らねば!!

この周辺は古くからの町並みだろうか、細い路地が入り組み、古い家並みが続く。
雪の積もった朝、皆さん、自宅の前の除雪作業に追われているところ、
地元の皆さんが忙しい中、暢気にカメラをもってブラブラしているのも
ちょっと申し訳ないような気もしながら、<変態鉄>が歩いて行くのである。

そして、すぐに大月駅西方の跨線橋へ。
しおつさんのブログ(→ こちら)で拝見して気になっていた撮影地。
駅近くなので、この機会に行ってみたいと思っていた。

跨線橋周辺でも除雪作業が。その傍らでカメラを構えれば...

007_DPP_00000627.JPG
【2017年1月9日9時38分】 富士急行線・大月駅付近

真下に停車している京王色編成。何度か走行シーンを撮りに来たことはあるが
でも、屋根に雪が積もった姿を撮るのは初めてである。

細かいところでは運転席窓上の車番表記。富士急では「1000形」、本来の番号は
“モハ1101”なのだが、京王時代の“5863”を往年の切り抜き文字(復元)で
再現している。

008_DPP_00000631.JPG
【2017年1月9日9時39分】 中央本線・大月駅付近

JR中央線と富士急の大月駅を一望できる跨線橋だけあって、撮影もちょっと慌ただしい。
つまり、言い換えれば退屈しない撮影地なのだが、次々に列車がやって来る。

接近放送が聞こえたかと思えば、松本からの「スーパーあずさ6号」東京ゆき。
そのE351系がデビューした頃というのが、<変態ガキ鉄>が、休みごとに
カメラを持って撮り歩いていた当時。そのE351系「スーパーあずさ」にも
後継のE353系がすでに落成、試運転が繰り返されている段階。
そういうところに、時間の経過を感じてしまう。高校生だった<変態ガキ鉄>も
いまや、迫り来る“不惑”に怯えつつ生きる日々。(← 何だ、そりゃ!?)

005_DPP_00000279.JPG
【2017年1月9日9時41分】 富士急行線・大月駅付近

ちょうど、そんなタイミングで上り普通電車がやって来た。
先ほど停車中の姿を撮った「マッターホルン電車」と同じ、もとJR東の205系だが
こちらは富士急での標準塗装を纏っている。

009_DPP_00000628.JPG
【2017年1月9日9時42分】 富士急行線・大月駅付近

その6000形電車が大月駅に到着すると入れ替わりに、先ほどのMGB色が発車する。
わずかな時間だが大月駅ホームには2本の6000形電車が並んだ。

010_DPP_00000632.JPG
【2017年1月9日9時45分】 富士急行線・大月駅付近

そして、続けて9:50発の普通電車として「マッターホルン電車」が発車。
その姿を撮って、跨線橋での撮影を締めくくった。

このとき、跨線橋の上には自分の他にカメラを構えていらっしゃる方が。
何と、自分が撮影地選びの参考にさせていただいた、しおつさんご本人だった
とのことを知ったのは、帰宅してから。

このときは、10分ほどでやってくる「フジサン特急」を撮るべく、
次の撮影地に移動することでアタマの中は一杯。
大急ぎで住宅街を抜け、上大月駅近くの堀割区間に急いだのだった。(つづく)

(※)撮影時刻は写真データのものです。したがって、実際の時刻とは多少前後します。

あなたの「ポチッ!」こそが、励みになります。あっ、あと、「nice!」も。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

nice!(20)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 20

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0