So-net無料ブログ作成
検索選択

灯台モトクラシー(3)不惑を前にロストバージン その2 [東京鐵話]

タイトルからしてソネブロでの先輩<鉄>の、あの御方のパクリだが...
ちなみに、「その1」に該当する記事はこちら

東京で39年間過ごしていても、行動エリアはそれほど広がるわけでは無く。

例えば、何かのお店を探そうと思っても「東京店」というのが都内に1つだけ
というパターンは意外と少なく、例えば、都内の東西に1箇所ずつ、
「新宿店」と「上野店」のような感じで、2箇所以上にあるケースが多く、
そうなれば、もちろん「新宿」で用を済ませることになるので、
都内に住んでいると意外なほど日常の行動範囲は狭くなるもの。

趣味活動以外では、デブ症、もとい「出不精」の自分の場合、都内でも
山手線から東側のエリアは素通りこそすれど、出かけることは滅多に無い。
だから、都内の鉄道でも東武とか京成とか、最も縁が薄い路線なのである。

IMG_2239.JPG
【2014年9月1日12時18分】 京急空港線・羽田空港国内線ターミナル駅

<変態鉄>にとって“京成電車”と言えば、羽田空港に行くときに
直通先の京急線で乗ることがある程度。複雑に入り組んだ支線や、
系列会社の路線など、なかなか縁が無いのである。

そんなわけで、金町駅にやって来たのは...

……  ……

2017年3月3日(金)晴れ

07_DPP_00000775.JPG
【2017年3月3日11時54分】 常磐線・金町駅

正午に金町駅に到着。
いったんJRの駅を出て正面、右斜め前、駅前ロータリーの一画に...

001_DPP_00000778.JPG
【2017年3月3日11時57分】 京成金町線・京成高砂駅

「これぞ、私鉄のターミナル駅!!」といった感じの、
店舗が同居した小さな駅が見えていたのである。ここに発着するのが
京成金町線。途中駅1つだけ、全長2.5キロ、単線のローカル私鉄...といった
感じの路線である。

003_DPP_00000735.JPG
【2017年3月3日11時58分】 京成金町線・京成金町駅

4両編成の電車が日中は15分ヘッドで行き来するだけのダイヤ。
高砂駅高架化以降、運行系統上は他線と完全に切り離された形態となっている。

普通鋼製のちょっと垢抜けない感じの電車が停まっていてくれたら、
イメージ通りなのだが、ホームにいるのは、窓の大きなステンレス製の電車。

車内はロングシートの半分くらいが埋まる程度の乗車率。
でも、他の私鉄線と違うのは一見して観光客だとわかる人の利用が意外と多いこと。
この路線、2.5キロのミニ路線ながら観光客の利用が多いのは、唯一の途中駅、
京成金町と京成高砂の間にあるのが「柴又駅」。

某人気映画シリーズの舞台として何度も登場した。
もちろん、柴又帝釈天への最寄り駅でもあって、柴又駅を訪れる人たちで
日中でも利用者が多い。ちなみに、JR常磐線と京成線のジャンクションである
高砂駅を短絡するルーとして通勤・通学での利用も多いようで、「ローカル線」
という呼び名は相応しくないのかも知れない。

002_DPP_00000779.JPG
【2017年3月3日12時06分】 京成金町線・京成高砂駅

京成金町から柴又までの区間は道路沿いの直線区間、高い建物も少なく、
画になりそうな...、ソネブロでも多くの写真が発表されている区間である。

交換駅の柴又で乗客も入れ替わり、高架に上がれば高砂駅に到着。
多くの乗降客でごった返す、金町線専用の行き止まり式の高架ホーム。
「4両編成専用」のような有効長になっていて、写真は撮りにくかった。

ここで北総線に乗り換えるのだが...

流れにのって通路を進めば、改札を出てしまった。

003_DPP_00000780.JPG
【2017年3月3日12時08分】 京成本線・京成高砂駅

と、正面には京成線・北総線の改札。振り返って1枚。
同一会社の路線ながら改札は別になっていて、通路を挟んで反対側に
京成線のりばがあった。

東武大師線の西新井駅とか、名鉄築港線の大江駅、さらにJR鶴見線の鶴見駅など
同一会社ながら乗換改札がある駅はあるが、これらは乗換え先の路線の駅が
無人化されているための措置。この京成金町線は京成金町も柴又も有人駅であり
ちょっと性格が異なるのだが...

高架化にともなう配置上の事情だろうか??

さて、その改札を入れば京成線の高砂駅。

東京方では上野発と都営浅草線発の電車が接続するダイヤ設定になっており、
下り方では京成線と北総線(成田スカイアクセス線)が分岐しており、
京成高砂駅の前後は複々線のような線路配置になっており、一大ジャンクションの
ような雰囲気。

004_DPP_00000784.JPG
【2017年3月3日12時09分】 京成本線・京成高砂駅

写真は撮りにくいが下り方の出発信号機もこのゴチャゴチャ感。
「北」は北総線、「成」は京成線、「金」は先の金町線だろうか。
多数のポイントが...、線路配置も何とも堪らないゴチャゴチャ感である。

005_DPP_00000785.JPG
【2017年3月3日12時09分】 京成本線・京成高砂駅

京急線からの電車は高砂折返しの列車も多数設定されており、
赤白の京急電車、都交車、京成、北総...、さまざまな電車がひっきりなしに
発着するのは、<鉄>としては楽しいところ。

でも、ギンギラギンのステンレス電車が幅をきかせているのは...
<変態鉄>としてはちょっと残念なところ。

さて、この京成高砂駅、緩やかなカーブを描いたホームになっていて、
そのホームの上野・押上方先端は撮影地としても非常に有名。

ということで、ちょっとカメラを構えてみようかと思ったのだが、
平日の日中にもかかわらず、学生さんだろうか、数名の若い<鉄>な方が。
ベストポジションは塞がっていたので、少し下がったところで。

006_DPP_00000781.JPG
【2017年3月3日12時12分】 京成本線・京成高砂駅 

まずは京成佐倉ゆきの快速電車。
とはいえ、冒頭にも書いたとおり、京成電車というのは<変態鉄>は
全然詳しくないわけで。

007_DPP_00000782.JPG
【2017年3月3日12時15分】 京成本線・京成高砂駅(後追い) 

続けて、都営浅草線直通西馬込ゆき快速。
最近はめっきり見かけなくなった気がするが、何だか、この、ちょっと窓が
小さめの無骨な感じのステンレス電車、これこそ、自分の中での京成電車の
イメージと一致する車両なのである。

008_DPP_00000783.JPG
【2017年3月3日12時18分】 京成本線・京成高砂駅 

さぁ、続けて<変態鉄>が乗る印旛日本医大ゆきの電車がやって来た。
“北総”といえばもっとゴツゴツした感じの電車というイメージだったのだが、
最近は、ノッペリした感じの新型電車が増えてきて...

010_IMG_7163.JPG
【2017年3月3日13時51分】 千葉県松戸市紙敷付近

さてさて、目的地は昨日の記事で取り上げた「昭和の杜展示館」、
最寄り駅は北総線の秋山駅である。北総線に乗るのはこれが2回目。

郊外の、田畑と住宅が点在する中を15分ほど歩いたところが目的地だった。(つづく)

(※)撮影時刻は写真データのものです。したがって、実際の時刻とは多少前後します。

あなたの「ポチッ!」こそが、励みになります。あっ、あと、「nice!」も。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

nice!(22)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 22

コメント 2

Cedar

不惑を前にロストバージンですか、
経験はなるべく若い頃にいたほうがいいですよね。

京成にようこそです。駅も線路も街並みもごちゃごちゃして東京西側の私鉄とは雰囲気が違います。 
by Cedar (2017-03-17 09:02) 

あるまーき

Cedarさん

コメントありがとうございます。
まだまだ「未経験」の路線がたくさんありますので、1つ1つ楽しんでみたいと思います。

京成線沿線は確かに「私鉄」を感じさせる雰囲気が良く残っていて、車窓を見ていてうらやましい気がします。もう数年、早くその魅力に気づくことができれば、鋼製の電車たちを...、惜しいことをしました。

そういえば、現在では複々線高架になっている小田急の世田谷区内の区間も、自分が中学生の頃は、まだまだ昭和の私鉄の雰囲気が残っていました。中学の帰りに、わざわざ千歳船橋の駅まで遠回りして帰っていたのをよく覚えています。


by あるまーき (2017-03-17 23:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0