So-net無料ブログ作成
検索選択

灯台モトクラシー(4)昭和の杜 <前編> [保存車・廃線跡]

仕事がぁ...と書いても仕方ないのだが、でも...
いまからでも、駆けつけたい撮影地はある。でも...

3月から4月にかけては、非常に忙しい時期が続くのである。
「忙しい」というより、“時間がかかる”というのが正確かも知れない。

稀勢の里にとって横綱として初めて迎えた今場所、その活躍も気になるのだが、
早朝3:45からの某公共放送「大相撲 幕内の全取組」で確認するのが精一杯、

そんな中、夕食を済ませると日付が変わっていて、その「幕内の~」が始まる
までに拙ブログ記事を書いてアップするという日々が続いている。
皆さんのブログにお邪魔している時間もなかなかとれず...
本当に申し訳ない次第。

さて、そんな愚痴を言っていても...

001_DPP_00000789 (2).JPG
【2017年3月3日13時30分】 千葉県松戸市・昭和の杜展示館

3月3日のお出かけの話題。松戸市郊外の「昭和の杜展示館」を訪れた。
営団2000形、というか、銚子電鉄1001号車の姿はすでに記事にしたので、
その他の展示物の話題を<鉄>系に絞って...

……  ……

2017年3月3日(金)晴れ

高砂駅からやって来たのは北総線の秋山駅。

訪問前、勝手に高架駅を“妄想”して、乗ってきた電車は降りてからホームで
スナップしようと決めていた。

そうしたら...

堀割区間の半地下構造の駅。発車していく電車を後追いしようにも光量が足りず。
咄嗟の判断...というより、苦し紛れで、シャッターを押しながら...

004_DPP_00000728.JPG
【2017年3月3日12時55分】 北総線・秋山駅

何と、ちゃんと電車の動きにカメラがシンクロしてくれて。“流し撮り”として
なぜか決まってしまったのである。こういうのを、狙って撮りたいのだが...

002_IMG_7164.JPG
【2017年3月3日14時00分】 北総線・秋山駅

閑散とした改札口を通って、階段を上がって外に出れば、ちょっとのんびりした
感じの郊外の住宅と田畑が混在するようなエリア。

事前に地図で調べておいたのを参考に駅前の道を進めば、バス通りから路地に
入ってしばらく、周囲に畑が広がり始めると突然、その向こうにヒコーキが。

010_IMG_7163.JPG
【2017年3月3日13時51分】 千葉県松戸市紙敷付近

そうなれば、そこに向かって進んで行くのみ。

003_DPP_00000786 (2).JPG
【2017年3月3日13時51分】 千葉県松戸市紙敷付近

ほどなく、こんな看板が見えてきた。ここは公的な博物館というわけでは無く
会社を営む個人が趣味で収集した、クラッシックカーなどを展示する
施設として一般に公開されているみたい。

004_DPP_00000787 (2).JPG
【2017年3月3日13時24分】 千葉県松戸市・昭和の杜展示館

そのためか、公開日は週末に限られており、なかなか来る機会に恵まれ
なかったのである。案内図によれば入口のすぐ隣に受付があるとのことだが、
実際は閉じていて、奥の「休憩所・売店」のところに受付も同居。

005_IMG_20170304_0002.jpg

さぁ、受付で入場料(300円)を払って、まずは屋内展示から。
所狭しと並んだ収蔵品の数々、ちょっとしたカオス状態だった。

その中で「見どころ」と言えそうなのが、このクルマたち。

004_DPP_00000736.JPG
【2017年3月3日12時55分】 千葉県松戸市・昭和の杜展示館

「ダットサン」と「ミゼット」である。
自分はリアルタイムではこれらを見た記憶のない世代なのだが、
それでも、何だか懐かしく感じられるのだった。

屋内展示は「昭和」と言っても、明らかに「平成」に入ってからのものもあり、
まさに「何でもアリ」、でも、クルマやヒコーキについてはいろいろあったが
<鉄>な展示物は特に見られず。<変態鉄>にとって印象に残ったのは
画家 小松崎茂氏(故人)の作品群だろうか。失礼ながら、お名前は...
でも、小学生の頃に見た記憶のある画もあった。
「あぁ、コレを描いた方かぁ...」という感じである。

屋内の展示は、<鉄>分が0%に限りなく近い状況だったので、早々に屋外へ。

006_DPP_00000786.JPG
【2017年3月3日13時12分】 千葉県松戸市・昭和の杜展示館

とはいえ、屋外展示で一番目立つのは、ズラッと一列に並んだ名車たちだろうか。
例えば、「スバル360」。これまた、かわいらしいデザインのクルマである。

さて、振り返れば...

007_DPP_00000787.JPG
【2017年3月3日13時12分】 千葉県松戸市・昭和の杜展示館

こちらも、なかなかのカオス状態。そして、この中には<鉄>な展示物も。
左隅には、先日、ご紹介した<変態鉄>にとって最も懐かしい1両が。

そして、オート三輪トラックと遊具の影には、これまたツートンカラーの
電車のような...

008_DPP_00000789.JPG
【2017年3月3日13時20分】 千葉県松戸市・昭和の杜展示館

車体を半分くらいにカットしての保存だが、すでに廃止となっている日立電鉄の
モハ1000形電車である。よく見れば(当たり前かも知れないが)
足回りも失われており、仮設台車の上に載っている。

009_DPP_00000790.JPG
【2017年3月3日13時21分】 千葉県松戸市・昭和の杜展示館

車内も公開されていて、だいぶ手は加えられているような気配だが、でも、
昭和の頃の半鋼製電車の雰囲気を感じるには十分だった。(つづく)

(※)撮影時刻は写真データのものです。したがって、実際の時刻とは多少前後します。

あなたの「ポチッ!」こそが、励みになります。あっ、あと、「nice!」も。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

nice!(23)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 23

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: