So-net無料ブログ作成

500 km先からお別れの一言。(水島臨海・キハ20の思い出) [水島臨海鉄道キハ20]

「国鉄」、“日本国有鉄道”という名称が消えて4月でちょうど30年になる。
30年前と言えば<変態鉄>が小学生だった頃。だから、国鉄の最末期というのは
ちょっとだけ記憶にある。

でも、その頃、よくわからなかったがTVのニュースで「国鉄」と聞けば、
大抵は「スト」の話題。朝から電車が停まって大混乱、果ては浅草橋駅に
火を付けて燃やしてしまったり...
幼心に、「国鉄」というのは大変なところなのか!? と思った記憶が。

ちょうどその頃、四国で1両のキハが廃車になっていた。キハ20 321号車である。
倉敷市の臨海部、水島工業地帯への通勤の足を担う水島臨海鉄道に譲渡され
同社キハ205号車として、それから30年、倉敷の街を走り続けてきた。

01_DPP_1165.JPG
【2015年1月18日10時58分】 水島臨海鉄道水島本線・水島駅

<変態鉄>が、この“水島キハ20”に初めて出会ったのは2000年春のこと。
ワンマン化改造もされず、車内の隅々まで「国鉄のかほり」が残っていた。

そんなキハに惹かれて、何度も倉敷を訪れていたのだが、最後まで残った
キハ205号車が今月限りで引退することになり、19日は水島本線で“お別れ運転”。
絶対に駆けつけたいと思っていたのだが、生憎、公休日は1日ズレて18日。
しかも、19日は午前出社の勤務シフトで...嗚呼。最後の勇姿を撮りに行くのは
叶わぬこととなってしまった。

ということで、ひとり勝手に、これまで撮った水島臨海鉄道キハ20形の姿を
振り返って。

……  ……

定期運用を受け持っていたのは、2014年春まで。平日朝夕のラッシュ時に
水島地区にある三菱自工前か水島駅から、JRの倉敷駅に隣接する倉敷市駅までを
朝夕2往復程度の運転。

01_0Y6C8110.JPG
【2014年4月24日7時22分】 水島臨海鉄道水島本線・西富井-球場前

拙ブログ開設当初から何度も記事にしているが、この頃にはすでに4両体制にまで
数を減らしていた。事実上の2両固定編成が2本、そのどちらかが運用され、
白地に青帯の“水島色”の編成と朱色ツートンの“国鉄色”の編成があった。

0Y6C6101.JPG
【2012年4月6日7時08分】 水島臨海鉄道水島本線・球場前-倉敷市

ほとんどが住宅街と工業地帯にまたがる高架区間で、撮影地に困る同線。
当初は、倉敷市-球場前は宅地造成が行われる前で水田地帯が広がっていた。
2両編成のキハもスッキリと撮ることができていたが...

数年前に田んぼは真新しい分譲住宅に姿を変えてしまったのだった。

5_DPP_2545.JPG
【2015年10月12日10時07分】 水島臨海鉄道水島本線・球場前-倉敷市(後追い)

とはいえ、定期運用を退いてからは1両だけになってイベント時の運転。
窮屈な構図ながら、最後までこういう撮り方もできたのだった。

さて、4両在籍の当時、「国鉄色」が来るか「水島色」が来るかは撮るまで
わからない毎回の“お楽しみ”でもあった。朝運用が「国鉄色」だから...と
そのつもりで夕運用を撮りに出向いたら、「水島色」が出てきて焦った、など
そんな記憶もある。

そして、一度だけしか出会えなかったのがこのシーン。

0Y6C1494.JPG
【2012年12月19日9時15分】 水島臨海鉄道水島本線・球場前-倉敷市

もう1本の編成のうちの1両が検査入場中に、本来、運用予定だった編成の1両に
不具合が発生し、車両の差し替えが必要となった場合など、不定期で何度か
見られたそうだが...

自分にとっては数多くの臨鉄撮影の中で、最初で最後の撮影機会となったのが
2012年12月のこと。混色2両編成である。両運転台で1両で運用可能なキハ20
ならではの運用でもあった。

……  ……

0Y6C0238.JPG
【2012年6月5日8時51分】 水島臨海鉄道水島本線・キハ204車内

よく訪れる、いすみ鉄道でも国鉄型キハが運転されている。いすみのキハ52形は
このキハ20形の2基エンジン車。製造が5年ほど違うことによる変更点はあるのだが
“ファミリー”と言っても良い感じ。でも、車内の様子は大幅に違っている。

臨鉄キハ20は国鉄からそのまま譲渡されたので、ワンマン化改造も行われず
トイレ撤去、冷房化、車掌スイッチ(客扉の開閉ボタン)増設など、細かな
改造は施されていたが、最後まで「国鉄型キハ」の伝統を守り続けた。

0Y6C0228.JPG
【2012年6月5日8時49分】 水島臨海鉄道水島本線・キハ204車内

紺色のモケット、四人掛けのボックスシートがズラッと並んだ車内。
JRに残っている国鉄型車両では、すでに味わえなくなっている雰囲気である。

0Y6C0252.JPG
【2012年6月5日8時54分】 水島臨海鉄道水島本線・キハ204車内

ローカル線での使用が想定されていたディーゼル動車の場合、コスト面の配慮から
車内放送装置は設置されずに新製された。登場当初は、車掌さんが車内を巡回、
次の駅名を告げて回っていたのだろうか。後天的に改造で放送装置を取り付け。

角形のスピーカーが客室内4箇所ほど設置されていた。

……  ……

そんなキハに変化が訪れたのは2014年春。

03_IMG_1283.JPG
【2014年4月23日10時46分】 水島臨海鉄道・MRT300系車内(水島駅停車中に撮影)

前年、JR東日本千葉支社管内で、お役御免となったキハ30・37・38形式が
まとめて5両転入、キハ20を置き換える形で朝晩の運用に入った。

これで「万事休す」と思った<変態鉄>だったが、意外な展開に。
4両のうち、キハ205号車だけは検査期限に余裕があったのである。

DPP_0696.JPG
【2014年10月12日11時05分】 水島臨海鉄道水島本線・西富井駅

この年の10月、「鉄道の日」の関連イベントとして、何と営業運転に“復帰”。

でも、この2014年秋は台風の直撃が多かった年で...
仕事の都合で、特急寝台「サンライズ」で倉敷入りする予定でチケットを確保、
でも、直前の台風で東海道本線が静岡県内の土砂崩れで運転見合せ。
しかも、その台風の中、<変態鉄>は都電荒川線のイベントに強行参加して
EOSくんのレンズが浸水。急遽、かわりのレンズを購入して...

品川始発の「のぞみ」で当日の朝、倉敷に駆けつけたのだった。

そのときの“好評”を受けてだろうか??

翌2015年、2016年は春先から夏休み前までのシーズン、毎月一度、日曜日に
“キハ205特別運行”というイベントを開催してくれた。

01_stamp0510.jpeg

キハの姿を撮ることはもちろんのこと。
その朝、倉敷市駅で行われるグッズ販売などのイベント、限定の1日フリー切符、
乗車証明書、記念スタンプ。はては、車両部品の展示など。
臨鉄職員の皆さんによる、手作り感溢れるイベント。両年度とも仕事の関係で
“皆勤賞”とはならなかったが、ほぼ休まず“出席”。臨鉄職員の方々にも
すっかり顔を覚えられてしまったり...

合わせて、現地の<鉄>な方とも顔見知りになることができて。

01_DPP_1194.JPG
【2015年1月18日12時00分】 水島臨海鉄道・倉敷貨物ターミナル

ちょっとした縁で、キハ205の「乗車・撮影会」のメンバーに加えて
いただくこともできた。キハのネグラである“倉タ”(倉敷貨物ターミナル駅)
の構内でキハとディーゼル機関車を思う存分撮らせていただいたり...。

そうそう、女性運転士さんにお願いして...

DPP_0048_s.JPG
【2014年6月15日12時25分】 水島臨海鉄道・倉敷貨物ターミナル

こんな写真を撮らせてもらったのも、そのときだった。

と、語り始めれば、まさに思い出は尽きない水島臨海鉄道のキハ20形。
<変態鉄>にとっても思い入れの強い車両だった。

……  ……

1965年(昭和35年)日本車輌製のキハ20 321号車、
1987年(昭和62年)3月15日に松山運転所で廃車後、水島入り。
国鉄で活躍したのは22年間。僚車が解体されていく中、幸運にも水島臨海鉄道に
引き取られ、何と、それから30年にわたって活躍を続けることになった。

05_DPP_1152.JPG
【2015年1月18日9時19分】 水島臨海鉄道・倉敷貨物ターミナル

50年間の現役生活は鉄道車両としてはかなり“長寿”の部類に入る。
<変態鉄>がその活躍を記録できたのは、主に最後の10年間。
華形の特急列車では無く、風光明媚な路線を走る観光列車でも無く、
地味な列車ではあったが、<変態鉄>としては大好きな車両だった。

報道による限り、廃車後の処遇は未定となっているそうだが、
何とか解体されずに保存先が見つかってほしいものだと願う次第。
次に岡山を訪れることができるのは、たぶん5月の大型連休になりそう。

そのときに「倉タ」に、まだ残っていてくれるだろうか??

また会えることを願いたい。

……  ……

19日の朝、倉敷市駅には、またJR倉敷駅近くまで行列がのびるのだろうか??
自分も、その中に居たかった。あぁ、会社員<鉄>...。

(※)撮影時刻は写真データのものです。したがって、実際の時刻とは多少前後します。

あなたの「ポチッ!」こそが、励みになります。あっ、あと、「nice!」も。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

nice!(29)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 29

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0