So-net無料ブログ作成
検索選択

2008.8 美祢線 快速「おいでませ山口」号撮影記(7=番外編②) [鉄分の濃い旅行記録]

どうやら、ダメだったみたい。<変態鉄>がこの一週間、狙っていた
「サクラ × 都電7000形」は自分にとっては今日で終了。

そう、昨日の記事の冒頭にも書いた「都電運行情報サービス」。
今朝も朝起きて、まずチェックした。カメラも準備して着替えも済ませて
靴下も履いて...、もう一度チェックしてみても、7000形には通電さえ
されておらず。金曜の朝のヒコーキで富山に向かうことになっている<変態鉄>。

7000形にとっては最後の春、満開のサクラの下を走るヘッドマーク付きの7000形の
写真は断念...ということになったのである。

都電7000形が撮れたら、ブログも<速報版>で行こう...と考えて、先日の
いすみ鉄道訪問記を後回しにしていたのだが...。結局、意味なかった。

  「仕事が休み」かつ「晴れている」かつ「撮りたい車両が走っている」

これが<変態鉄>が出撃するための条件。この3条件に

  「ソメイヨシノが満開である」

を付加した4条件がそろう日は、今シーズンはなかったのである。嗚呼。

001_IMG_1919.JPG
【2008年8月18日10時37分】 山口線・新山口駅

ということで、期待外れの(?)、この記事。
昨日に引き続き、2008年夏の小郡(本当は「新山口」)駅での写真から。

……  ……

2008年8月18日(月)くもり

この日、10時の新山口駅で降りたのは...
<変態鉄>としては珍しく...

002_IMG_1857.JPG
【2008年8月18日10時03分】 山口線・新山口駅

「りほごお」、右書きの駅名標、そして、腕木式信号機。
そんな山口線のりばに家族連れを中心として“ギャラリー”たちの姿。

自分は向かい側のホーム端に立って、カメラを構えた。

003_IMG_1858.JPG
【2008年8月18日10時05分】 山口線・新山口駅

その視界に飛び込んでくるのは、新山口駅に隣接する山口鉄道部の車庫から出て
推進運転でゆっくりと入線してくる「SLやまぐちDC」号。

004_IMG_1862.JPG
【2008年8月18日10時06分】 山口線・新山口駅

京都梅小路にいるC56 160号機が京都総合車両所(京キト)の12系客車2両を
牽引して走るSL列車である。普段のC57型機が牽引する場合は客車5両。
でも、小ぶりなC56号機が牽く場合には、客車2両だけになるのが通例である。

尤も、<変態鉄>としてはSLよりも「青い12系客車」の方が気になるのだが...

それにしても、背後の山口鉄道部には予備車のスハフ12形客車の姿や
黄色いモーターカーの姿。こちらをキチンと観察していなかった当時の自分。嗚呼。

005_IMG_1887.JPG
【2008年8月18日10時09分】 山口線・新山口駅

ということで、ホームに入ってきた「SLやまぐちDC」号。
発車までの時間は、もちろん多くの家族連れにとって記念撮影の時間である。
SLの機関士さんたちも子どもたちとカメラにおさまっていたり...

006_IMG_1892.JPG
【2008年8月18日10時12分】 山口線・新山口駅

その間も<変態鉄>は<変態鉄>としての活動を。

やはり、スハフ12形の形式写真を撮っておかないと...と。
“同業者さん”も家族連れも皆さん、先頭のC56 160号機のまわりに
集まっているのに...である。
ひとり、12系客車を観察していた<変態鉄>だった。

ちなみに、12系客車というのは大阪万博の多客輸送に合わせて製造された座席車。
グリーン車や食堂車は製造されず、4人掛けボックスシートがズラッと並んだ
急行型車両に準拠した構造になっていた。当初は、大口団体列車や臨時輸送など、
後に、戦前から戦後すぐにかけて製造された旧型客車の置き換え用として
北海道以外の全国の夜行急行列車に充当された。

<変態鉄>としても何度も何度も乗った客車だが、夜行列車の衰退もあって
20世紀の終わり頃には急速に淘汰が進み、この青い車体を保った車両は
SL列車用として、高崎と京都に必要最低限の数だけが残されているだけ。
自分としては<変態ガキ鉄>だった頃、「青春18きっぷ」片手に乗った
臨時夜行快速で何度もお世話になったし、ローカル用に転用されたグループを
探して乗りに行ったりもした。思い出の車両なのである。

ブルートレインに合わせた青地に白帯の客車も、すでに“絶滅危惧種”。

……  ……

さて、当初は「SLやまぐちDC」号を山口線沿線の撮影地で撮ろうと思って
計画したみたいなのだが、何があったのか...
(ただ、面倒くさくなって止めただけのような気もするが...)

やはり、蒸気機関車列車を撮るのであれば、停車中の姿ではなく給気運転、
力強く爆煙を出しながら走る様子が撮りたいわけで。

ということで、新山口駅の発車に賭けたのだった。

007_IMG_1901.JPG
【2008年8月18日10時36分】 山口線・新山口駅

いよいよ、発車時刻!!!

この瞬間。何というのだろうか、他の列車には絶対にない迫力である。
耳をつんざくような、あのサウンド。それと同時に何というのだろうか、
“衝撃波”のようなもので自分自身が吹き飛ばされそうな、あの独特の感覚。

008_IMG_1909.JPG
【2008年8月18日10時37分】 山口線・新山口駅

小型で、現役時代は“ポニー”とあだ名された簡易線区用の機関車がC56型。
とはいえ、もちろん蒸気機関車としての迫力は具えているわけで。
期待以上に真っ黒な爆煙。も~ぉ、堪らん!!!

残念ながら、その煙は風に流されて向かい側のホームの方に流れてしまったが。

001_IMG_1919.JPG
【2008年8月18日10時37分】 山口線・新山口駅

それにしても、ホームの上にかかる歩道橋から見ていたギャラリーの皆さんは
大丈夫だったのだろうか??

ゆっくりと、でも、加速しながら「SLやまぐちDC」号が出発していった。

009_IMG_1929.JPG
【2008年8月18日10時38分】 山口線・新山口駅(後追い)

12系客車の後ろ姿を見送るのだった。
慌てるとカメラが右下がりになるのが<変態鉄>の悪いクセ。
この写真も、思いっきり斜めになっている。

……  ……

この後、メモ帳には何にも書かれていなかった。
唯一、ヒントになりそうなのが、この1枚。

010_IMG_1939.JPG
【2008年8月18日14時23分】 広島電鉄2号線・八丁堀電停

ブログを始めてからは、行き帰りもさまざまなものを撮るようになったが、
この当時は「撮りたい」と思うもの以外にはカメラを向けなかった。

広島の中心部を走る広電の路面電車である。
「グリーンムーバーMAX」、初めて見たこの車両にカメラを向けていた。
ただ、だからといって広電のトラムを撮った写真はこれだけ。

この後、山陽本線で西条駅あたりまでいって空港バスに乗り換えたような...
そんな朧気な記憶は残っているのだが、それも他の時の記憶と混ざっているかも。
確か、広島空港からのANA便で帰宅したような気がするのだが... (おわり)

……  ……

7日朝から外出します。いただいたコメントや「nice!」のお返しが遅くなるかと
思います。ご了承下さい。

(※)撮影時刻は写真データのものです。したがって、実際の時刻とは多少前後します。

あなたの「ポチッ!」こそが、励みになります。あっ、あと、「nice!」も。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

nice!(25)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 25

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0