So-net無料ブログ作成

サクラ咲く、富山へ(1)とりあえず「ちてつ」 [富山で撮った]

最近、なかなか...、ブログにログインできないほどの状況が続いていて。
かろうじて記事を毎日アップしている程度。せっかくやっているのだから、
もうちょっと、しっかり毎日ちゃんと皆さんのブログへお邪魔したいのだが...

仕事に出撃に...と、自宅にいる時間がわずか、という日が続いているのである。

008_DPP_00000840.JPG
【2017年4月7日14時58分】 富山地鉄上滝不二越線・稲荷町駅

いつの間にか、半月近く前の話になってしまったが、4月7日の富山の話題。
11時過ぎ、駅北のホテルに荷物を預けて、EOSくんを連れだって、再び外へ。

<変態鉄>の父方の実家は、いまも神通川...、有沢橋の近くにある。
幼稚園の頃、両親に連れられて行ったときもそうだった。富山駅前から
橙色の方向幕の地鉄バスに乗れば、15分ほどで到着できるのである。

小学生の頃から、それ以来、何度も何度も乗った。

当時の地鉄バス、白地に青いラインの入ったバスだった。
そんな思い出の「青バス」もあとわずか。バス好きの方から、そう伝え聞いて。
今春までに、引退になると教えて貰っていた「200号車」と空港バスが
デッドヒート。地鉄好きでも地鉄バスは“専門外”の<変態鉄>だが...


……  ……

2017年4月7日(金)曇り

001_DPP_00000898.JPG
【2017年4月7日11時21分】 富山県富山市明倫町・富山駅前付近

空港バスの車窓に見つけた「200号車」、行き先は「88系統 興人団地」だった。
駅前のバスロータリーに入った後、千歳町の交差点を左折して、線路の下を潜り、
駅北を通る系統である。トランクルームから荷物を取り出すのに時間がかかって...
「空港バスを降りた直後に激写!!」は、叶わず。

でも、たぶん、折返しもまた、駅北を経由するに違いない...

「しばらく様子を見てみよう」
と、EOSくんを取り出したところで、雨が当たり始めた。ポツポツだったのが、
1~2分もしないうちに、傘がないと辛いくらいの本降りになって。

ホテルの向かい側、北陸電力本店前の地下道入口だと、雨宿りしながら、
車道の様子を観察できるわけで。

「地鉄電車を撮りに来たはずなのに、何やっているんだろう??」
自分で自分の行動に疑問を感じつつも、カメラを持って立っていたら、待つこと数分。

002_DPP_00000875.JPG
【2017年4月7日11時21分】 富山県富山市牛島町付近

交差点の向こうから、200号車がやって来てくれた。でも、「回送」幕。
片道だけ営業運転、帰りは回送という、ちょっと不思議な運用である。

自分の前を通り過ぎて、駅北の交差点へ...、これで一件落着か、と思えば。

003_DPP_00000886.JPG
【2017年4月7日11時42分】 富山県富山市牛島町・富山駅北口付近

ぬぁんと、回送なのに駅北のバスロータリーに入って小休止。
ちょっと懐かしいタイプのバス停看板と、200号車の後ろ姿。

それにしても、広告枠も後部の「テイカ目薬」を筆頭に、富山地鉄らしい
ローカル色満点の組合せ。

う~ん、何だか、にわかバスマニアになった気分。といっても形式とか、
全然分からないのだが。

002_DPP_00000834.JPG
【2017年4月7日11時44分】 富山県富山市牛島町・富山駅北口付近

運転手さんは休憩だろうか、車外に出てしまったので停車中の姿を。

ちなみに背後に見えているベージュ色に緑色が入った大きな建物が富山での
<変態鉄>の定宿である。傘を差しても濡れにながら撮っていたのである。
ホント、何やっているんだか...。

……  ……

と、地鉄電車を撮りに行こうとして、地鉄バスを撮っていた<変態鉄>だが、
ようやく向かった先は、電鉄富山駅の乗車券センター。

004_IMG_20170418_0001.jpg

今回、利用してみることにしたのが「観光列車フリーきっぷ」。
市内電車全線と電鉄富山-上市・岩峅寺間が乗り放題で1,500円という
お値打ちの切符なのである。

ということで、向かった先は...

富山で時間ができたとき、<変態鉄>が向かう先と言ったら...

そう、地鉄電車でぐるっと1周してくるのである。ただ、そのネックは毎時1本程度の
上滝不二越線電車。今回も時間が空くようだったので、まずは市内線で南富山。

005_DPP_00000876.JPG
【2017年4月7日11時57分】 富山地鉄富山市内軌道線・富山駅電停

わざわざ、こちらへ。新幹線改札の正面のコンコースを進めば、そのまま
市内電車の「富山駅」電停である。

停車していた南富山駅前ゆき電車は「サントラム」の赤。
最後部の“かぶりつき”席を確保。

006_DPP_00000877.JPG
【2017年4月7日11時59分】 富山地鉄富山市内軌道線・T102B車内

遠ざかっていく富山駅。ガラス張りの高架ホームに新幹線が発着しているのを
眺めても、いまだ、何だか富山駅では無いような気がしてしまうのである。

メヌエットのメロディを演奏しながら駅前広場をトラムが横切る...

あの頃の、<変態鉄>の子どもの頃の思い出の中にある富山駅と同じ場所だとは
全く思えないのである。

003_DPP_00000835.JPG
【2017年4月7日12時19分】 富山地鉄市内軌道線・南富山駅前電停

正午を過ぎて、再び雨も上がったのだった。南富山駅前に到着したサントラム。
この電車の増備で吊り掛け7000形を順次置き換えていくとか...

007_DPP_00000878.JPG
【2017年4月7日12時22分】 富山地鉄上滝不二越線・南富山駅

少しだけ青空が見えてきて。
南富山駅の改札口上部に掲げられた時刻表を見れば、今度の上滝不二越線は
12:32に、上下電車がこの駅で行き違いすることになっている。

さぁ、岩峅寺に向かうか、電鉄富山に戻るのか...

入ってきた電車の形式で決めようと。気に入った形式の方に乗ろうという作戦。
市内線の7000形の姿を見ながら、12:32発の上下線電車の到着を待った。(つづく)

(※)撮影時刻は写真データのものです。したがって、実際の時刻とは多少前後します。

あなたの「ポチッ!」こそが、励みになります。あっ、あと、「nice!」も。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

nice!(27)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 27

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0