So-net無料ブログ作成

サクラと菜の花とキハ-小湊鐵道線_20170414(4=最終回)かずさつるまい [小湊鐵道キハ200と鉄道情景]

上半がベージュやクリーム、あるいは白色、下半が赤系統というのは、
日本の鉄道車両の塗装の中でも“定番中の定番”といえる気がする。

01_DPP_00001085.JPG
【2017年5月4日17時23分】 高松琴平鉄道・仏生山車両所東工場付近

自分が初めて撮りに行ったときの「ことでん」もこのカラーリング。
“国鉄一般型気動車色”もクリームと朱色のツートン、水島臨海鉄道のキハ205も
最後まで、そんなツートンだった。色調は違えど、かつての西武電車も。

小湊キハも長らく、下半が朱色、上半がクリームのツートンカラーを維持している。
緑色の田園風景にも、冬枯れの大地にも、雪が積もって一面の銀世界でも...
どんな景色にでもよく映える塗色だと思う。

この日は、春の景色の中で、そんなツートンカラーのキハを撮るのが目的だった。
その締めくくり、夕陽を浴びて走るキハの姿を撮りに向かったのは、上総鶴舞駅。

……  ……

2017年4月14日(金)晴れ

最近の小湊鐵道の話題と言えば、何と言ってもコレでは無かろうか。

02_DPP_00001075.JPG
【2017年4月14日16時58分】 小湊鐵道線・上総鶴舞駅

大正時代の開業当初から大切に使われてきた木造駅舎。
他の駅や、養老川にかかる橋梁など、小湊の鉄道施設22箇所が国の登録有形文化財
に登録されたのである。

TVや映画のロケで有名な上総鶴舞駅もその一つ。

03_DPP_00001076.JPG
【2017年4月14日16時58分】 小湊鐵道線・上総鶴舞駅

駅舎の前に説明看板が設置されていた。

一概に<撮り鉄>といってもいろいろなタイプがあるわけで。
車輌を迫力一杯に「バーーーーーンッ!!」と撮りたいタイプも居れば、
自分のように沿線の様子をできるだけ取り入れながら撮りたいタイプも。

木造駅舎や貨物上屋などがそのままの形で残る、この駅は、<変態鉄>の
お気に入りの駅でもある。

その駅前の道を、上総久保側に少しだけ進んだあたり。駅が見える付近は
雄大なカーブを描いて田園地帯を進んでいく...、そんな景色が撮れる。

田植えを前に水の張られた水田、駅にはサクラが咲いていて。
実は線路端には菜の花もあって...

どう撮るべきか...贅沢な悩み。

しかも、しかも...である。
時刻は17時、まもなく日の入り、西に傾いた太陽の光が周囲を妖艶なまでに
オレンジ色に染めていって。でも、この時間帯、陽の光は刻一刻と弱まるわけで。
「早く来てくれーーっ!!」と祈るような気持ち。やがて、踏切機が鳴り出して...

04_DPP_00001079.JPG
【2017年4月14日17時22分】 小湊鐵道線・上総鶴舞駅

ほぼ満開のサクラの間からキハが顔を出した。
上総鶴舞駅発車である。

そして...

008_DPP_00000871.JPG
【2017年4月14日17時23分】 小湊鐵道線・上総鶴舞-上総久保

“水鏡”にはほど遠くても、田んぼに張られた水面にもキハの姿が。
ツートンカラーの車体がオレンジ色に輝いて...

<変態鉄>としては大満足の1枚が撮れたのであった。

05_DPP_00001080.JPG
【2017年4月14日17時23分】 小湊鐵道線・上総鶴舞-上総久保(後追い)

線路は、ここから堀割のように一段低くなっていて。上総久保駅に向かって
下っていくキハの姿を見えなくなるまで追って、カメラをバッグにしまった。

……  ……

駅に戻れば、これまた貴重なシーン。

06_IMG_7354.JPG
【2017年4月14日17時37分】 小湊鐵道線・上総鶴舞駅

都心から1時間余りの市原市でも、マイカーの普及などで路線バスの運転は
必要最低限の本数まで減らされてしまった感がある。上総鶴舞駅にも
小湊バスの路線があるのだが、鶴舞-茂原線は、朝晩各1本だけの超レア系統。

上総鶴舞駅で、路線バスが客待ちするシーンというのもなかなか撮れないもの
なのである。

07_IMG_7355.JPG
【2017年4月14日17時50分】 小湊鐵道線・上総鶴舞駅

さぁ、養老渓谷からの行楽帰りの乗客で混雑したキハがサクラの咲く駅に
入ってきた。

……  ……

これで撮影は終了!?
あとは五井で乗り換えれば都心までは1時間余り...のはずだが、
<変態鉄>として、否、<ケチ鉄>として納得できないことがあった。

それは...

007_DPP_00001067.JPG
【2017年4月14日18時20分】 小湊鐵道線・五井駅

小湊鐵道沿線を撮り歩こうと、朝、五井駅で買った「1日フリーきっぷ」。
これが1,800円。

でも、思えば五井 → 飯給と帰りの上総鶴舞 → 五井しか列車を利用しておらず。
これではモトがとれたかどうかの自信が持てなかったのである。
(ちなみに、五井 → 飯給 1,040円、鶴舞 → 五井 790円で1,830円!!)

ということで向かい側のホームで発車待ちをしていた第43列車に飛び乗った。
単行列車は通勤時間帯にあたって、ほぼ満員。ドア横に立って...
すっかり暗くなった上総村上駅。

ここから住宅街を抜け、上総国分寺跡を抜けた先が市原市役所前。
真っ暗になった史跡...というかお寺の境内を通り抜けるのは、ちょっと...
でも、意を決して「モトを取る」ために頑張ったのだった。
19時半の高速バス、ぬぁんと小湊バスなのにシートが紺色、しかもトイレ付き!!
東関道経由でほぼ時刻通りにバスタ新宿に戻ったのだった。(おわり)

……  ……

明日からは、先月、多くの<鉄>が撮影が訪れていたこちらの話題。

08_DPP_00001083.JPG
【2017年4月16日10時59分】 都電荒川線・大塚駅前-向原

すでに、沿線はバラのシーズンを迎え。7000形が来なくても、でも、
荒川線沿線は撮っていて楽しい時期を迎えているみたい。ひさびさに
「都電バラロード」を訪れたいが...

ピークは過ぎた感はあるものの、まだ仕事の忙しい時期が続いており...
薔薇の花は<変態鉄>待っていてくれるのだろうか?

(※)撮影時刻は写真データのものです。したがって、実際の時刻とは多少前後します。

あなたの「ポチッ!」こそが、励みになります。あっ、あと、「nice!」も。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

nice!(21)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 21

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0