So-net無料ブログ作成
検索選択

GWことこと(6)海の向こうのキハを。 [水島臨海鉄道キハ20]

水曜は久々に会社に行くこと無く1日を過ごしたのだった。
持ち帰った仕事を思う存分......やるはずがない。ダラダラと過ごしたのだった。

さて、このシリーズ、ちょうど1ヶ月前になろうとしているが、大型連休に訪れた
「ことでん」の話題と言うことで“ことこと”。イルカ駅員の「ことちゃん」(→ こちら
のコトバである。

でも...

高松まで行ったのなら、瀬戸内海を挟んで、向かい側は岡山県なのである。
瀬戸大橋は香川県坂出市と岡山県倉敷市を結んでいる。

そう、倉敷市といえば...

003_DPP_00001033.JPG
【2017年5月5日12時32分】 水島臨海鉄道水島本線・浦田-弥生

このキハである。キハ205号車の「特別運行」に毎月のように訪れていたのも
去年まで。3月のお別れ運転は、生憎仕事と重なっていて、行くことができず。
キハ20形のいない臨鉄、となると、なかなか足が...

でも、「ことでんレトロ」は5月4日と7日の予定だった。
その“間合い”を利用して倉敷を訪問してみたと言うこと。
いや、というか「高松+倉敷」という行き先自体は3月の時点で決めていた。

その理由というのが...

……  ……

昨年の訪問時、臨鉄の方から

「まだ何も決まっていないけれど、3月頃にキハの“さよなら運転”があるかも...」

という話は伺っていた。でも、たぶん...
仕事のスケジュールを考えると2~3月は余程のことが無い限り、訪れるのは無理
だろうということは分かっていた。それでも“一縷の望み”と言おうか...

02_IMG_6811.JPG
【2016年10月16日12時13分】 岡山県倉敷市水島東栄町・水島臨海鉄道本店

淡い期待を抱きながら水島臨海鉄道のウェブサイトをチェックしていた。
でも、残念ながらキハ205の最後の運行は...
3月19日は朝から夕方まで仕事が入っていた。休みをとれるような時期でも無く。

あぁ、<会社員鉄>の辛いところ。でも...

「記念きっぷ」とかグッズ類の販売もあると聞けば、せめて、そちらだけでも。
ということで、厚かましくも、これまでの臨鉄の撮影で顔見知りになったM氏に...

「記念きっぷとかグッズ類を自分の分も買っておいて...」

何とも...そういう図々しい人間なのである。代金だって立て替えてもらうわけだし
いつ受け取りに行けるともハッキリとは約束できずに...

05_DPP_1152.JPG
【2015年1月18日9時19分】 水島臨海鉄道・倉敷貨物ターミナル

そんなわがままなメールをいきなり送る、どうしようもない男が<変態鉄>、
でも、快諾してもらえて。感謝、感謝だったのである。

と言うわけで、その頃から、絶対に倉敷に立ち寄ることは確定していた。

さらに...

倉敷市中心部、かの有名な白壁の街並みのあたりで「ハートランド倉敷」という
お祭りが5月の大型連休が開催され、臨鉄沿線の水島地区は工場もあるのだが、
住宅街も広がっていて。そのお祭り目当てや、市内中心部へ出かける人たち...

そのために水島臨海鉄道でも、日中MRTの単行ワンマンの列車を、
車掌を乗せて2両編成に増結、ということで日中の一部運用にキハ37・38が登板...

という情報がもたらされ。4日の夕方、ことでん高松築港駅で
「1日フリーきっぷ 1070形バージョン」を買う前、JRの高松駅に立ち寄って...

001_IMG_20170531_0001 (2).jpg

こちらを買ったのである。瀬戸大橋線を挟んで香川県内と岡山県内のJR線に
乗り放題で2,500円という「休日おでかけパス」、かなり、おトクなのだが
<変態鉄>にとって“痛い”のは乗車日前日までの発売であること。
使用当日には発売されないという...、ということで前日のうちに。


2017年5月5日(金)晴れ時々くもり

朝、ホテルで朝食を済ませて。もちろん「バイキング形式」は“モトをとる”
ことを徹底する...のが<ケチ鉄>としての基本である。
パンよりもご飯、和食系の方がおかずの種類が豊富で、モトがとりやすいのでは
ないか...というのが<変態鉄>の見解。

002_IMG_7427.JPG
【2017年5月5日8時02分】 予讃線・高松駅

満腹になって高松駅には朝8時。
連休期間だからだろうか、思ったよりも駅に乗客の姿は多くなく。
8:08着の「マリンライナー7号」が折返しの「14号」になるわけで...

002_IMG_7431.JPG
【2017年5月5日8時07分】 予讃線・高松駅

5両編成の電車の前側、岡山方の4両が自由席だが発車前には、ほぼ満席になる...
というのが<変態鉄>の認識。早めに来て座席を確保したのだった。

予想通り!! 最初の停車駅の坂出で立ち客が出るほどの混雑。瀬戸大橋の案内放送を
久々に聞きながら、あっという間に児島駅。ちなみに、児島も岡山県倉敷市。
水島まではクルマなら20~30分程度だろうか。JR利用だと児島 → 岡山 → 倉敷と
思わぬ遠回りなのである。

茶屋町で乗換客が乗車して混雑に拍車がかかり...
そんな中、備前三島駅近く、線路のすぐ隣、水田地帯の倉庫のような建物だろうか
火災のようで...消防車のサイレン、電車もいったん停止の後、徐行して通過。

そんなこんなで岡山駅には2分ほど遅れての到着となった。
急ぎ、山陽線ホームに向かったのだが...

003_IMG_7437.JPG
【2017年5月5日9時23分】 山陽本線・岡山駅

向かいのホームには213系改造の「ラ・マル・ド・ボァ」である。
最近、JR西日本管内には国鉄型を改造した“観光列車”が増えているような...

<鉄>として、カメラを向けないわけには...

そんなことをしていたら、山陽本線の普通電車、乗車位置案内の下にはすでに
長蛇の列。倉敷までの20分弱は立ったままになるかと思っていたら...

004_IMG_7439.JPG
【2017年5月5日9時49分】 山陽本線・倉敷駅(後追い)

ラッキーなことに117系4連。黄色塗り潰しのいわゆる“末期色”だが、
それでも木目調、マホガニーの内装、転換クロスが並ぶ車内は変わること無く。
空席を見つけることができたのだった。

……  ……

倉敷駅構内は観光客、用務客、家族連れ、学生さん...歩くのに苦労するほど
ごった返していた。そのコンコースを抜け、右側の階段を下りれば臨鉄倉敷市駅。

さぁ、まもなくキハの時間。キハ37・38編成が日中の運用に入るのは珍しい。
ただ、もうすぐやってくる。球場前など、もうちょっとスッキリ撮れる場所も
捨てがたいのだが...時間が無い。

駅前の駐輪場付近でカメラを構えたのだった。

001_DPP_00001032.JPG
【2017年5月5日10時12分】 水島臨海鉄道水島本線・球場前-倉敷市

倉敷に移るまで、このキハが活躍していたのは千葉県の久留里線。
でも、久留里線時代にこのキハにカメラを向けたことは1~2度しかなかった。

不思議なもので倉敷に来てからの方がすでに何度も撮っている。
倉敷市駅では5~6分の停車時間ですぐに折返し発車するわけで。

005_DPP_00001207.JPG
【2017年5月5日10時19分】 水島臨海鉄道水島本線・倉敷市-球場前

<徒歩鉄>としては同じ場所でカメラを構える以外の選択肢はないのである。
と言うわけで...

次のキハは1時間後、それまでに次の撮影地に向かうのだが...
この撮影時にMさんと合流、沿線をご案内していただけると言うことで。(つづく)

(※)撮影時刻は写真データのものです。したがって、実際の時刻とは多少前後します。

あなたの「ポチッ!」こそが、励みになります。あっ、あと、「nice!」も。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

nice!(23)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 23

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: