So-net無料ブログ作成
検索選択

GWことこと(15)琴平線でもレトロ電車 [ことでん旧型たち [高松琴平電鉄]]

暦の上では「入梅」を過ぎて、名実ともに(?)、梅雨に入ったはずなのだが...
そうなれば、そうなったで鬱陶しいだけだが、でも、あまり「梅雨らしい天気」とは
ならず。しかも、毎日の気温差が激しく、何だか季節感不明のヘンな天気である。

001_IMG_7502.JPG
【2017年5月7日12時47分】 高松琴平電鉄琴平線・「ことちゃんひやく号」車内

そんなことを言いつつも、拙ブログは中断を挟みながら、まだ、大型連休の話題が
続いている。2015年以来、3シーズン連続で高松琴平電鉄、ことでんのレトロ電車を
撮りに“遠征”した<変態鉄>。楽しみにしていた長尾線での運転の後は、
琴平線を3連で。岡本-挿頭丘間の築堤区間でスッキリした編成写真を...

……  ……

2017年5月7日(日)晴れ

一昨日の記事でも書いたとおり、撮影地に着いてカメラを構えると、
後で思えば、それほど気にすることの無いような些細なことが気になって...
ファインダーを覗きながら、何度も何度もカメラを微調整。

でも、悩みに悩んで決めた構図になればなるほど、後で見たときに「えっ!!」と
なることが多い。架線柱とか背後の看板とか建物との重なり具合とか...
些細なことを気にするあまり、全体としてバランスの悪い写真を撮ってしまうことが
少なくない...というのが悩みなのである。

この時間帯、滝宮までの増発(延長)運転が行われている関係で、琴平線は
15分間隔での運転となっていた。

002_DPP_00001266.JPG
【2017年5月7日11時12分】 高松琴平電鉄琴平線・挿頭丘-岡本(後追い)

レトロ電車の通過予定は11:15頃。その最後の試し撮りになったのは、挿頭丘駅を
11:12発の高松築港ゆき。次の岡本駅で交換するのがレトロ電車である。

これで構図決定。さて、いよいよ...

006_DPP_00001050.JPG
【2017年5月7日11時14分】 高松琴平電鉄琴平線・岡本-挿頭丘

もちろん、撮った写真をその場で確認するような<変態鉄>ではない。
すかさず三脚からEOSくんを下ろして...

003_DPP_00001288.JPG
【2017年5月7日11時15分】 高松琴平電鉄琴平線・岡本-挿頭丘

挿頭丘駅へと続く堀割区間へと進んでいくレトロ電車の姿を撮って、
それから、カメラをバッグにしまったのだった。

当初の予定では、このままレトロ電車を追って琴電琴平駅に向かい、
停車中の姿を撮ってから、上りのレトロ電車の撮影地に向かうつもりだった。
と言うわけで、挿頭丘駅 11:31発の琴平ゆきに乗るべく、急いで駅へ。

004_IMG_7495.JPG
【2017年5月7日11時24分】 高松琴平電鉄琴平線・挿頭丘駅

挿頭丘駅は堀割にある片面ホームの無人駅。春先には線路沿いのサクラがキレイな
駅として、ちょっと有名なのだが、そのホームのベンチには地元の中学生が
つくった座布団が並べられていて。

そういえば、ことでんを利用していると、日中、無人駅の清掃作業に訪れる、
ことでんの職員の方をよく見かける。ICカード用の簡易改札機や自動券売機の
メンテナンスということもあるのだろうが、そんなこともあってか、ことでんの
無人駅というのは整備が行き届いていて、駅舎やベンチなども荒廃している印象の
ところは無いような気がする。

職員の方も、また、利用者も駅を大切に使っていると言うことだろうか。
さてさて、挿頭丘駅は片面ホームの無人駅。先着するのは11:26発の築港ゆき。

「琴平で折返し待ちのシーン...なら、4日の訪問時に撮った」
「空腹!! しかも、スケジュール上、夕方、空港に着くまで食事の時間は??」

005_IMG_7496.JPG
【2017年5月7日11時26分】 高松琴平電鉄琴平線・挿頭丘駅

咄嗟の判断で、築港ゆき電車に乗り込んだのだった。

と言うわけで、片原町駅で降りて、うどん屋さんへ。
ちょうどお昼時と言うことで、席があるか心配だったが、ラッキー。
手早く満腹になって、再び片原町駅へ。

006_IMG_7500.JPG
【2017年5月7日12時46分】 高松琴平電鉄琴平線・片原町駅

ちょうどやって来たのは、「ことちゃんひやく」号の一宮ゆき。
冒頭の、“ことちゃん”は、このときの車内で撮ったのである。

007_IMG_7504.JPG
【2017年5月7日13時09分】 高松琴平電鉄琴平線・一宮駅

そして、この電車で終点の一宮まで。

ということは...

一宮駅は、琴平線のほぼ中間点にあたり、日中は高松築港からの電車の半数近くは
一宮駅で折返しとなる。

その一宮駅から歩いて10分ほどのところ、円座駅との中間にあるのが香東川鉄橋。

と、エラそーに書いているのだが、このあたりも、田畑が広がっていたのだろうか
いまでは住宅街という感じだが、たぶん畦道をそのまま道路にしたような...
ヘンなところで鍵型に折れていたり、行き止まりになっていたり...
香東川鉄橋では何度も撮ったことがあるのだが、でも、道を間違えてしまった。

さて、香東川。

008_DPP_00001289.JPG
【2017年5月7日13時48分】 高松琴平電鉄琴平線・円座-一宮

川幅の広い河川なのだが、ダムがあるからだろうか、通常、水が流れていない。
堤防上から正面がちに撮ることもできて、そちらが有名なのだが、でも、その場合、
対岸にある福祉施設の、ちょっとド派手な色の建物が、もれなく写り込んでしまう。

それを避けるための撮り方を工夫しないといけないが...それが難しい。

だから、自分は、水の無い川だということを利用して、川のド真ん中から
サイドで撮ることにしている。そう、土器川鉄橋では絶対にできない撮り方。

まずは「瓦町FLAG号」で試し撮り。

002_DPP_00001061.JPG
【2017年5月7日13時53分】 高松琴平電鉄琴平線・一宮-円座

すぐ近くの一宮駅で上下列車が交換するので、上り高松築港ゆきが通過すると
直後に、下り電車がやってくる。

続いて...、早くも「ことちゃんひやく号」。
片原町から乗ってきたのと同じ編成である。高松築港駅まで行って折り返してきた。
こんどは琴電琴平ゆきとして通過である。

009_DPP_00001290.JPG
【2017年5月7日14時03分】 高松琴平電鉄琴平線・円座-一宮

そして、14時過ぎ。レトロ電車が豪快な音を立てながら通過していったのである。
朝は曇り空だったが、午後から青空が広がってくれて、ほぼ思い通りの1枚を
撮ることができたのだった。

事実上、これで撮影終了となるところなのだが...

<変態鉄>は急いでいた。大急ぎでカメラを片付けると、兎に角、急いで一宮駅。
何としても14:26発の築港ゆきに乗りたかった。それは...。

(※)撮影時刻は写真データのものです。したがって、実際の時刻とは多少前後します。

あなたの「ポチッ!」こそが、励みになります。あっ、あと、「nice!」も。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

nice!(19)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 19

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0