So-net無料ブログ作成

房総の“お宝”キハを撮りに <速報版> [とりあえず<速報版>]

ええぃ~、今日のトップ画像を見て、
「何だ、このオンボロ...」などと言うことなかれ。

001_DPP_00001697.JPG
【2017年8月27日10時18分】 小湊鉄道・五井機関区

五井機関区の庫内に大事に保管されているのは知っていた。
でも、普段は撮影できる機会が無く。それが、小湊鐵道キハ5800号車。

現役引退からすでに30年余り。そんな貴重なキハが、小湊鐵道創業100周年を
記念して、五井機関区で公開された。

それにしても、このキハ、その来歴をたどってみれば...
……  ……

何と、もともとは1914年、鉄道院の電車として製造された木造国電。
1936年に三信鉄道(現在のJR飯田線の南部の区間)に譲渡、その後、車体鋼体化。
その三信鉄道が戦時買収で飯田線になると、再び、国鉄の籍に戻ったのだった。

さらに...

1960年には小湊鐵道に譲渡、内燃動力(ディーゼル動車)化改造が行われ、
キハ5800号車になった。ちなみに、小湊鐵道にとって、初めての
液体式ディーゼル動車だったとのこと。

車体も走行機器も取り替えられているが、とはいえ、製造から100年以上、
貴重な「鉄道院生まれ(院電)」であり「買収国電」。鉄道史上も価値の高い
保存車なのである。


2017年8月27日(日)くもり時々晴れ

公開時間は9:00から。でも、混雑を予想して6時前に出発したのだった。

002_DPP_00001688.JPG
【2017年8月27日7時59分】 小湊鉄道・五井機関区

 予想通り!!

五井機関区の入口から、駅に近い本社屋側まで続く行列。1時間余り並んで
9時ちょうどに入場。

003_DPP_00001689.JPG
【2017年8月27日9時06分】 小湊鉄道・五井機関区(キハ5800号車内)

まずは、庫内で展示中に車内を見学。
ビニール張りのロングシートなど、ディーゼル動車らしさと車体各部の造作の
「旧型電車らしさ」が同居した不思議な雰囲気。

やはり、「キハ5800一般公開」という、冒頭書いたようにちょっとマニアックな
企画だけに(?)、来場者は年齢層の高い<鉄>が中心だった。車内全景を撮るのは
無理だったが、それでも、順番を待てば、こういう写真は撮ることができて。

当初、11時と14時の2回、と予告されていた庫外展示。

004_DPP_00001691.JPG
【2017年8月27日10時09分】 小湊鉄道・五井機関区

急遽、10時にも追加されて。10時過ぎからキハ210号車が牽引する形で
庫外へと引き出され。さすがに、このときばかりは現地も混乱気味。
でも、何とか四方から形式写真(風)の撮り方はできたので...。

10:53発の上総牛久ゆきに間に合うように五井機関区を後にした。
それにしても、来場者が途絶える様子は無く。入場待ちの列は二重三重に
のびていた。

……  ……

11時の庫外展示を見てから...の予定だったため、急遽、撮影を追加。
となれば、ここしか思いつかないわけで。

005_DPP_00001692.JPG
【2017年8月27日11時38分】 小湊鉄道線・光風台-上総山田

五井機関区に居たときは曇り。その分、キハ5800は順光、逆光を気にせず、
影が落ちて真っ黒...の心配も無く撮ることができたが、光風台の養老川鉄橋に
着く頃には晴れ間も広がって....。何とも幸運!!!

でも、やはり「昨日だけ」だろうか、晴れていても吹き抜けていく風は心地よく。
立っているだけで牙をむいて襲いかかってくるかのような、あの猛暑はどこへ?!
ちょっとだけ秋の訪れを感じさせる陽気。撮っていても気持ちよかった。

と、エラそーなことを言いつつ、<撮り鉄>として“あるまじき失敗”を
してしまったのだが...

そして、午後は...

006_DPP_00001693.JPG
【2017年8月27日13時45分】 小湊鉄道線・上総中野駅

一気に終点の上総中野駅へ。
そう、ここまで来たのだったら...

西畑駅の先にある広畑踏切までは、歩いても20分ほど。
ずっと気になってはいたものの、なかなか撮りに訪れる機会に恵まれなかった
いすみ鉄道の国鉄型キハ。ちょうどこの時間帯だけ、ドン曇り。

007_DPP_00001694.JPG
【2017年8月27日14時48分】 いすみ鉄道・総元-西畑(後追い)

晴れれば絶対に逆光になる撮り方...をメインショットに。
でも、そちらは<詳細版>の方で。ここには慌てて振り返って撮ったこのカットを
アップしておきたい。昭和40年台に入るまで、国鉄の優等列車は、
準急行(準急)、普通急行(急行)、特別急行(特急)の3本立てだった。

いまの内房、外房線にも準急は多数、設定されていたし、キハ28形もその世代。
「準急」の幕を出して走っているのは、何ら不思議では無い。
でも、意外と撮れない貴重なシーンである。れもラッキー。

008_DPP_00001695.JPG
【2017年8月27日15時06分】 いすみ鉄道・西畑-総元

房総半島は季節が巡るのが早くて。
すでに、い鉄も小湊も沿線の田んぼは稲刈りの時期に入っており。
すっかり晩秋の装いになっていた田んぼもチラホラ。

広畑踏切のすぐヨコのストレート、それをサイドから撮るのは、たぶん、
い鉄の公式サイトと同じなのだろうが...
手前の稲が黄金色に色づいており...。

青空で無いのが残念だったが...、でも、じゅうぶん納得の1枚。

そして最後は、またまた、いつものココ。

DPP_00001696.JPG
【2017年8月27日17時31分】 小湊鉄道線・上総久保-高滝

上総久保駅近く、ちょうど圏央道の高架を潜ったところにある水田地帯。
“エロエロ光線”を期待したのだが...

列車通過の直前になって、ちょっと影がのびてしまい...
「あぁ、ダメだぁ...」と思いながらの撮影だったが、でも、いざ列車が来ると
側面がちょっとだけ“ギラリ”してくれて。

これはこれで、じゅうぶん納得の1枚となったのだった。

「小湊鐵道キハ5800一般公開」に始まり、午後からは短時間で小湊キハ200形と
いすみ鉄道のキハ52・キハ28を...、すっかり欲張ってしまった1日だったが、
写真の方は(自分としては)上手く撮れたと思うものが多く、充実感を味わいつつ、
市原市役所前を19:20発のバスタ新宿ゆき高速バスに乗り込むのだった。

ということで、準備ができ次第、<詳細版>を。
でも、水曜日から広島出撃が控えており...う~ん。

(※)撮影時刻は写真データのものです。したがって、実際の時刻とは多少前後します。

あなたの「ポチッ!」こそが、励みになります。あっ、あと、「nice!」も。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

nice!(24)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 24

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。