So-net無料ブログ作成
検索選択

“ひろでん”を夢中で追った1日 <速報版> [とりあえず<速報版>]

車両も路線も。間違いなく「日本最大の路面電車」なのは、広島電鉄、
通称「ひろでん」を差し置いて...。旅行中の軽いスナップ、なら何度かあるものの
1日かけて広電の路面電車を追いかけたのは、高校生の時以来、四半世紀ぶり。
その変化に圧倒されつつも、お目当ての電車を追って、広島の街を駆け回った。

s201_DPP_00001730.JPG
【2017年8月31日15時21分】 広島電鉄宇品線・市役所前-鷹野橋

何度も振られながら、執拗に追跡。最後の最後に“神戸市電色”の582号車を
“捕獲”に成功した。今日は

・ 宮島線(鉄道線)へは入らず、市内線(軌道線)区間だけで撮る
・ 沿線風景よりも、車輌アップの写真に専念する

をテーマにした。テーマを絞っておかないと1日では到底、足りないのである。
気温で見れば真夏日、でも、空は青く蒼く澄み渡り、カラッとした風が吹き抜け、
秋はそこまで来ている...、汗っかきの自分、でも、ポタポタと滴になって...
ではなく、心地よい暑さに感じられた。
……  ……

2017年8月31日(木)快晴

まずは、朝ラッシュの広島...を実感できるシーンを探して猿猴橋町。

s202_DPP_00001736.JPG
【2017年8月31日8時35分】 広島電鉄本線・猿猴橋町-的場町

グリーンムーバー、グリーンライナー、グリーンムーバーレックス。
四半世紀ぶりの訪問、“前回”との違いは「単車」を見つけづらくなったこと。
(広電では「連接車」の対義語として、案内表示等でも「単車」という表現を用いる)

車体長を18メートル級に絞った超低床連接車1000形の登場で、全部の系統で
連接車が運用されるようになり、特に広島駅までやってくる系統は、混雑時は
ほとんどが連接車になっているようで...

京都市交通局から来た1900形以外、ほとんど見かけることが無くなって。

s203_DPP_00001737.JPG
【2017年8月31日10時10分】 広島電鉄宇品線・広島港(宇品)電停

「とりあえず、宇品港周辺が撮りやすいらしい」
ネットで見つけてきた情報に基づき、1号線 広島港(宇品)ゆきの連接車。

そうしたら、紙屋町から続行してきたのが、ぬぁんと、一番撮りたかった
神戸市電色の582号車。いつしか、たった1両の“レア車輌”になっていた。
「よしっ!!」と思ったら、広島港終点での折返しが“驚愕の早業”。
カメラを向ける間もなく、行ってしまった。すんでのところで“撮り逃し”。

でも...

582号は「0号線 広電前ゆき」として発車した。ということは、千田車庫入庫。
ということで...

s204_DPP_00001738.JPG
【2017年8月31日10時41分】 広島電鉄宇品線・広電本社前電停付近

後続電車を広電本社前で下車。
車庫前は、陽当たりが良くてクルマも少なくて。
時折、やってくる“気になる車輌”を撮りながら、朝ラッシュ後の
出入庫ラッシュ、車庫の業務が忙しい時間帯が過ぎるのを待って、窓口へ。

「あのぅ、中で写真が撮りたいのですが...」

ひろでんには荒手、江波、そして千田の3つの車庫があるのだが、いずれも
余程忙しい日で無い限り、<鉄>の訪問を断らない...とネットの情報。
そんな、いまどき、あり得ない位に優しい鉄道会社なのである。

「詰所に記帳するところがあるから、そちらの人の指示を守って...」
待機中の運転士さんの案内で、車庫の詰所へ。
(記帳を見ると、毎日、数名程度が訪れているみたい)

s205_DPP_00001739.JPG
【2017年8月31日10時58分】 広島電鉄・千田車庫(許可を得て撮影)

さぁ、撮影開始。
自社発注、他都市からの移籍、単車、連接車、吊り掛け車、VVVF車。
みんながみんな個性派で、どこから撮れば良いのか、迷うくらい。

s206_DPP_00001740.JPG
【2017年8月31日11時08分】 広島電鉄・千田車庫(許可を得て撮影)

もちろん、こんなシーンも。

でも...

なぜだろう...

千田車庫に帰っているはずの582号の姿が無く...

30分ほどの滞在で、正午前に詰所でお礼を言って千田車庫を後にした。

「ならば、江波車庫に回送されたのかなぁ...」
安直かつ図々しい<変態鉄>、次に江波車庫を見学させて貰おうと。

でも、その途中。原爆ドーム前付近だっただろうか、ぬぁんと、紙屋町方面に
向かっていく582号とすれ違ってしまった。しかも、前面幕は「回送」。
「訓練車」の表示板を出して、車内には若い運転士さんがたくさん。う~ん。
(営業運転なら行き先表示から、折返しを“迎撃”可能だけど...)

一番撮りたかった582号車を二度にわたって、あと一歩で撮り逃して...嗚呼。

……  ……

とりあえず、江波まで行って、折返し、市内中心部の八丁堀まで戻って昼食。

14時前の紙屋町西電停で、もう1両、ちょっと気になる車輌を発見。
これが、広電本社前ゆきだったので、慌てて乗車。

そうしたら、鷹野橋で再び582号と遭遇。撮れなかったのだが、でも...
たぶん、乗務員教習は「千田車庫 ←→ 江波車庫」というコースだろうと推測。
近くの歩道橋で迎え撃つことにした。

「予想通り!!」
歩道橋で待つこと約1時間、やっと出会えた瞬間が、この1枚である。

s201_DPP_00001730.JPG
【2017年8月31日15時21分】 広島電鉄宇品線・市役所前-鷹野橋

「よしっ!!」
これで、もう満足。このまま撮影終了でも良かったのだが...

s207_DPP_00001732.JPG
【2017年8月31日15時53分】 広島県広島市中区大手町・原爆ドーム

やって来たのはココ。
<鉄>ブログなので、少し飛ばして...

s208_DPP_00001733.JPG
【2017年8月31日16時02分】 広島電鉄本線・原爆ドーム前-本川町

粘り強く待って、この1枚。原爆ドームと最新の超低床連接車。

さて、ひろでん。路線長、運転系統のバラエティ、それから車輌面の面白さ。
<鉄>の中でもその辺りに関心が集まるわけだが...

s209_DPP_00001734.JPG
【2017年8月31日16時12分】 広島電鉄本線・十日市町-本川町

<変態鉄>として気に入ったのはコレ。石畳軌道の残存率が極めて高いこと。
原爆ドーム前-紙屋町、広島港(宇品)周辺などなど芝生軌道になっている
区間を除いて、かなりの部分が石畳軌道のまま残されている。

あとは...

s210_DPP_00001735.JPG
【2017年8月31日16時42分】 広島電鉄本線・天満町-小網町(後追い)

広島と言えば、広い街路の中央を電車が走って...という風景を想像しがちだが
天満町、小網町周辺には、まるで、ちん電(阪堺電気軌道)というようなシーンも。

このあたりが次回以降の撮影テーマになってきそう。

……  ……

朝ラッシュ、8時半の広島駅前からスタート、気づいたら17時過ぎだった。
会社で過ごす8時間は気が遠くなるような長さに感じるが、ひろでんと“格闘”
した9時間は、本当にあっという間に過ぎていった。
それにしても9時間で1.000コマを優に超えていて。う~ん。
<詳細版>のときに、いったい何日かかかるのか...

でも、それだけ夢中になれる路線だと分かった「ひろでん」。
次の休みにも、絶対に広島を訪れよう...、そう思ったのだった。

それにしても長い<速報版>。要約力が無いのか、内容の濃い1日だったのか...
後者だと思いたいのだが...。

(※)撮影時刻は写真データのものです。したがって、実際の時刻とは多少前後します。

あなたの「ポチッ!」こそが、励みになります。あっ、あと、「nice!」も。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

nice!(24)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 24

コメント 4

Cedar

いまどき、車庫に入れるとはすばらしいですね。
それ聞いただけでいきたくなってきました。
by Cedar (2017-09-01 17:27) 

あるまーき

Cedarさん

コメントありがとうございます。
今回は千田車庫だけでしたが、いつか江波、荒手も覗いてみようと
思っています。「信号塔」が現役だったり、双眼鏡で近づいてくる電車を見つけて入出庫の指示を出していたり...
広電の奥深さに嵌まってしまいそうです。車輌面では、吊り掛け駆動の電車は京都の1900形を除いて、あまり走っていないみたいなのが残念ですが。
by あるまーき (2017-09-01 20:26) 

やまびこ3

こんばんは。私もこの夏広島に行きました。原爆ドーム近くのまるで同じ構図の写真を見つけて、にやりとしてしまいました。そのうち登場させたいと思います。
以前より少し車両が新しくなりましたが、魅力満載の市電ですね。
by やまびこ3 (2017-09-01 21:06) 

あるまーき

やまびこ3さん

コメントありがとうございます。
自分は、今回の撮影では車輌アップの写真を中心に撮っていました。原爆ドームは道路の反対側で撮りたいのですが、その場合、逆光になってしまって...。
本当はこういう広角で撮るのは苦手なのですが。

やまびこ3さんのお写真、拝見できるのを楽しみにしております。

by あるまーき (2017-09-01 21:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。