So-net無料ブログ作成
検索選択

夏から秋へ、房総のキハを撮りに(5=最終回)房総のキハ撮影記 [いすみ鉄道 国鉄型キハ]

この日は、朝8時に五井に到着、午後7時半の高速バスで五井から新宿へ向かった。
その間を“滞在時間”とすれば、およそ半日の撮影行。
でも、昨日までの4つの記事でご紹介したのは11時前までの3時間半余り。
まぁ、確かにキハ5800がこの日の“メイン”だったのだが...

つまり全体の何分の1かに過ぎない訳なのだが...

残りの部分は1回で済ませる...という。でも、自分としてはコチラも。
今シーズン、小湊鐵道には何度かキハを撮りに来ているのだが、何というか
スケジュール的な巡り合わせと言うこともあって、いすみ鉄道には4月以来。

001_DPP_00001790.JPG
【2017年8月27日10時23分】 小湊鉄道・五井機関区

だから、この日は五井機関区でキハ5800を撮った後は、12時半の小湊キハで
一気に上総中野へ。いすみ鉄道を訪れようと思っていた。
でも、ちょっと予定より早かったので...

久々の房総キハ撮影記。

……  ……

2017年8月27日(日)くもり時々晴れ

10:35、急遽行われたキハ5800の屋外展示の様子を撮り終えて。
この日、五井機関区の公開は16時まで、たっぷり時間があったのだが、絶対に
12時半の上総中野ゆきには乗りたかった。

002_DPP_00001796.JPG
【2017年8月27日10時43分】 小湊鉄道・五井機関区

それにしても来場者の列は途切れること無く。これを機に五井機関区の公開が
“恒例行事”化してくれると嬉しいのだが。

そんな混雑を横目に<変態鉄>は五井駅の階段を上がり...

003_DPP_00001797.JPG
【2017年8月27日10時45分】 小湊鉄道・五井駅

小湊鐵道は駅の東口の方にある。橋上駅舎の五井駅、東口を入って改札口へは
その五井機関区の上を越えて。跨線橋の窓からは機関区の様子が一望できる。

キハ5800は11時の屋外展示まで車内が公開されているところ。その前に居るのが
キハ210、昨日の記事で取りあげた黄色いモーターカーの姿も確認できる。

ちなみに、改札口はJRと共通、小湊鐵道のフリーきっぷは有人窓口でJR係員に
示して入場するのが原則だが、口頭で「小湊ですっ!!」と言えば、そのまま
通してくれる。

予定より1時間半早い10:53発の第13A列車、上総牛久ゆき。牛久駅で12分の接続、
「里山トロッコ1号」に乗り継げるので、車内には行楽客と思しき人たちで混雑。
発車するとすぐに女性の車掌さんが車内を回って、「トロッコ」の予約客の
氏名を確認、それぞれのトロッコ整理券を発行する作業が行われ。

さて、予定より早い列車に乗ったと言うことは...

他に候補が無い...ということもあるが、やはり(?)、降りたのは光風台駅。
普段より少し遅い時間になって、光は列車のサイドにまわり。
ということで並行する大多喜街道の橋へ。

004_DPP_00001807.JPG
【2017年8月27日11時24分】 千葉県市原市二日市場付近

いままで気づかなかっただけか、あるいは、新しく設置されたのか、
養老川に架かる橋の袂に、真新しい木製の船が。

「何コレ!?」

005_DPP_00001806.JPG
【2017年8月27日11時23分】 千葉県市原市二日市場付近

近くには市原市が設置した説明看板が。市原市の一番“奥”にあるのが養老渓谷、
その河口は五井地区、京葉工業地帯のまっただ中にある。そう考えると、冒頭の
「市原市は、養老川を中心として栄えたまちと言っても過言ではありません」
というのは、まさにその通り。1925年(大正14年)に小湊鐵道が開業。
(1969年まで貨物営業もあった)

鉄道と道路の発展に伴い、川船による輸送は衰退していったと言うことだが、
当時の船のレプリカ(1/2サイズ)とのこと。

さて、道路橋には「ちょっと広すぎでは?!」と思うような歩道が。
そこに三脚を立てて...

005_DPP_00001692.JPG
【2017年8月27日11時38分】 小湊鉄道線・光風台-上総山田

まずは第18A列車、上総中野駅からの五井ゆき。土休日は牛久以遠(養老渓谷方面)
からの列車は2両編成の場合が多いようで。

そして...

006_DPP_00001808.JPG
【2017年8月27日12時07分】 小湊鉄道線・光風台-上総山田

こちらは単行。第20A列車、上総牛久からの区間列車である。

と、この間には光風台駅 11:47発の第15A列車が通ったはず。
恥ずかしながら、実は“撃沈”ではなく、ケータイを見ていたら...
「あっ」と思ったときには、第15A列車のキハは鉄橋の上にいた。

<撮り鉄>として、あるまじき失態だったのである。

嗚呼、コンビニに立ち寄って再び、光風台駅へ。予定通り、12:48発の第17A列車に。
これで一気に終点の上総中野駅まで。

008_DPP_00001779.JPG
【2017年8月27日13時12分】 小湊鉄道線・里見駅

途中の里見駅ではトロッコ列車と交換のため4分ほどの停車時間。ホーム上では
飲み物やかき氷の販売が行われ、多くの人が、かき氷を買い求め...

そんな中、<変態鉄>が撮りたかったのは...

007_DPP_00001809.JPG
【2017年8月27日13時12分】 小湊鉄道線・里見駅

もちろん、スタフ交換。下り列車の運転士から受け取ったキャリアを提げて、
上りホームへ向かう駅長さん。ホーム先端に立って到着する列車を出迎える。

非自動閉塞が残る区間ならではの、そんなシーンを撮影して。

さて、引き続き。養老渓谷駅からの乗車が多かったのが意外だったが、
13:42、上総中野駅着。

006_DPP_00001693.JPG
【2017年8月27日13時45分】 小湊鉄道線・上総中野駅

ほぼ同時に、いすみ鉄道のムーミン列車も到着して。
いすみ鉄道のキハを撮りに来たわけで。撮影地は西畑駅の総元方を予定していた。
180円払って西畑まで久々にい鉄に乗る予定だったが、本来、大多喜町の西端に
あたる寂れた無人駅のはずが...

周囲には名所があるわけでもなく、コンビニすらない寂しい駅なのだが...
何だか“一大観光地”のような賑わい。2011年以来、い鉄を応援しているが、
「何もないがあります」に惹かれていた1人としては、嬉しいような寂しいような。

でも、満員列車状態のムーミン列車に乗るよりも、西畑駅までは2キロ足らず。

ということで、線路沿いの県道を歩くことに。西畑-上総中野間を歩くのは
これまでにも何度も。慣れた道である。

本来、乗る予定だった351号車を道路沿いのカーブで迎え撃つことに。

008_DPP_00001812.JPG
【2017年8月27日14時05分】 いすみ鉄道・上総中野-西畑

ムーミン列車を撮るのも久しぶりである。

さて、そこから1キロほど歩くと小学校のところにあるのが西畑駅。
交差点を右折、駅ヨコの踏切を渡り、総元方面へ。駅から10分とかからず
「広畑踏切」へ。

県道から少し入ったところにある踏切なのだが、まるで山深いローカル線の
ようなシチュエーションで撮れるのである。

009_DPP_00001810.JPG
【2017年8月27日14時47分】 いすみ鉄道・総元-西畑

ここで下り列車を撮ろうとすると晴れれば間違いなく逆光になってしまう。
でも、光風台では青空だったのが、上総中野に近づくにつれてドン曇りに
なっていたのである。ISO値を上げないとシャッター速度が稼げないくらい。

典型的な列車写真だが、曇りでないと撮れないこの1枚。
ワンチャンスに賭けるしかなかったのだが、でも、十分納得の1枚。

でも、それだけで安心できないのが、いすみ鉄道の国鉄型キハ。

007_DPP_00001694.JPG
【2017年8月27日14時48分】 いすみ鉄道・総元-西畑(後追い)

すかさずEOSくんを三脚から外して、手持ちで後追いショットも。
そうしたら、ぬぁんと...

前面幕は「準急」、ヘッドマークも「準急 房総」という...こだわりの表示。
昭和40年代に入るまで、国鉄の列車種別にも「準急」があった。
房総電化までキハが活躍した時代、いまの外房線・内房線の優等列車は主に
準急だったわけで。

008_DPP_00001695.JPG
【2017年8月27日15時06分】 いすみ鉄道・西畑-総元

そして、このキハが上総中野駅で折り返してくるのは...

すぐ近く、真横から撮れるポイントというのは意外と少ないわけで。
できれば、青空の下で撮りたかったが(← さっきと真逆のことを!!)、
でも、それを補って余りあると思ったのは、黄金色になった稲。
稲刈りの時期が近づいていた。ちなみに、8月末というのが小湊・いすみ鉄道沿線では
稲刈りのシーズンとなる。9月アタマに撮りに行けば、ハサカケと絡めて撮れる。

この後の「急行5号」も撮りたかったが残念ながら大多喜へ戻る列車が当分無い
のである。久我原まで2駅歩いて路線バス...という手も考えたのだが、ちょっと。

と言うわけで、再び歩いて上総中野駅へ。

やはり、この日の“〆”も小湊キハにしたのだった。
上総中野駅 16:25発の第34A列車で上総久保駅に17時、ここから徒歩10分ほどで
圏央道の高架が見えてくる。その手前の水田地帯。何度も来ているが...

「予想通りっ!!」
西に傾いた日没直前の夕陽が田んぼをオレンジ色に染めて...う~ん、堪らん。

でも、この時間帯、刻一刻と太陽はその方角を変えて。
いよいよ後ろの建物の影に入りそうな...、実際には「早く来て!!」と祈るような
気持ちだった。そこへ...

踏切機が鳴り出して...

010_DPP_00001696.JPG
【2017年8月27日17時31分】 小湊鉄道線・上総久保-高滝

ギリギリ間に合ってくれた。キハの側面が「ギラリ」してくれて、
これまた、“納得の1枚”を手にすることができたのだった。

……  ……

上総久保駅 17:46発の五井ゆき第36A列車は、行楽客の帰宅ラッシュの後。
車内は2両で3~4名の乗客、閑散としたキハの座席で、夕焼け空を眺めていた。

五井からは小湊高速バスで。アクアラインは渋滞中の表示があったが、
東関東道は順調そのもの。定刻より少し早く21時のバスタ新宿に戻ってきた
のだった。(おわり)

(※)撮影時刻は写真データのものです。したがって、実際の時刻とは多少前後します。

あなたの「ポチッ!」こそが、励みになります。あっ、あと、「nice!」も。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

nice!(19)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 19

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。