So-net無料ブログ作成

2017夏、中国地方へ(30)午前はキハ303 [保存車・廃線跡]

吉ヶ原の展示運転は午前10時から午後4時までに昼休みを挟んで9往復の運転。
大雑把に言えば、動態保存されている旅客列車は、キハが3両と客車列車
(DD13ディーゼル機関車が牽引する)の4種類。その中心は、やはりキハ。

001_DPP_00002114.JPG
【2017年9月3日10時49分】 岡山県美咲町・柵原ふれあい鉱山公園(黄福柵原駅)

動態保存のキハ3両は“三車三様”、黄福柵原駅に留置中のキハ312号車だけは
戦後の自社発注車。あとの2両は国鉄の内燃動力車黎明期を代表する2形式。

前回の訪問時は1936年(昭和11年)製のキハ702号車を楽しんだ。
この朝は...

……  ……

2017年9月3日(日)曇りのち晴れ

スタッフの方も「久しぶりに...」と言っていたくらい、最近はキハ702号車が
使われるケースが多かったようなのだが、でも、この朝は。

10_DPP_00002132.JPG
【2017年9月3日9時22分】 岡山県美咲町・柵原ふれあい鉱山公園(吉ヶ原駅)

最古参、1934年(昭和9年)製のキハ303号車が試運転に出てきたのだった。
やはり、3両あるなら、前回と違う車輌が撮りたいもの。
さすがに製造から80年になる車両、大事に保存されているとはいえ調子の悪いことも
少なくないようで、そんな訳で、どの車両が展示運転に充当されるかは
発表されないのである。だから、キハ303号車が動き出したときには、
喜ばない訳にはいかなかった。

002_DPP_00002107.JPG
【2017年9月3日9時24分】 岡山県美咲町・柵原ふれあい鉱山公園(吉ヶ原駅)

まず、吉ヶ原駅で隣の1番線側に留置中のキハ702号車との並びシーン。
ちなみに片鉄現役時代から吉ヶ原駅は相対ホームの交換駅だったが、当時の写真を
見る限り、2番ホームは、上屋もなくあまり使われていない感じに見える。
その2番ホームの方にキハ303号車が停車中。

前回の経験を活かして...

10時の展示運転第1便の運転を前に“試運転”として1往復するのである。
大急ぎで、黄福棚原駅近くの“撮影ポイント”へ。

でも...

003_DPP_00002108.JPG
【2017年9月3日9時41分】 岡山県美咲町・柵原ふれあい鉱山公園

ドン曇りだったはずの空は、9時を回ってから時折日が射すようになってきて。
この場所、陽射しがあると完全な逆光になる。

急遽、斜面を上って後追いで構えてみたものの...
電柱を避けることはできず、しかも被写体ブレ気味で。う~ん、撃沈っ!!

004_DPP_00002109.JPG
【2017年9月3日9時47分】 岡山県美咲町・柵原ふれあい鉱山公園

気を取り直して、折返しの試運転列車は「正面ドカン」で...

黄福棚原駅手前のポイントを通過するキハ、正面にだけ光が回ってくれて。
隣の電柱(?)は木製。鉄道現役時代の鉄道電話のケーブルか、何かだろうか、
碍子は残っているものの現在は使われていないようで。

005_DPP_00002110.JPG
【2017年9月3日9時47分】 岡山県美咲町・柵原ふれあい鉱山公園

実は、この展示運転線、<撮り鉄>泣かせの“路線”なのである。
順光側には、キハの窓の高さのところに通信用ケーブルが張られていて、
写真で、これが意外と目立つのである。

そして、反対サイドは光線状態が悪い上に桜並木が続いていて。
撮れる場所は、吉ヶ原駅の場内信号機があるホンのわずかなポジションだけ。
それもこの朝のように晴れると逆光になってしまうのである。

006_DPP_00002113.JPG
【2017年9月3日10時34分】 岡山県美咲町・柵原ふれあい鉱山公園(黄福棚原駅)

という訳で、沿線撮りは断念して黄福棚原駅のヨコで駅撮りに。
昨日、今日の記事の冒頭写真は、ここで撮ったカットだった。

s502_DPP_00001763.JPG
【2017年9月3日10時42分】 岡山県美咲町・柵原ふれあい鉱山公園(黄福棚原駅)

約30分間隔で運転されるキハ303号車、できるだけいろいろな撮り方をしようと
悪戦苦闘していたのである。

そんなすぐ近くでは...

007_DPP_00002115.JPG
【2017年9月3日10時49分】 岡山県美咲町・柵原ふれあい鉱山公園(黄福棚原駅)

小さな町とはいえ、この線路上を“列車”が走るのは毎月一度だけ、
吉ヶ原と黄福棚原の駅近くにある踏切は、いずれも警報器も遮断機もあるものの
スタッフの方が必ず安全確認のために立ち会っているのが見られる。

でも、気になったのはキハの調子。

008_DPP_00002116.JPG
【2017年9月3日10時59分】 岡山県美咲町・柵原ふれあい鉱山公園付近

“爆煙”は撮る側としては嬉しい限りだが、あまり速度を出さない展示運転、
それでこの煙というのは、もしかしたらエンジンが本調子では無いのかも知れない。

と、それを心配していたから...ではないがカメラの設定を間違えて、貴重な(?)
シーンで立派な被写体ブレである。嗚呼。

午前中の吉ヶ原。キハの姿を撮ろうとすると、

「逆光ながらケーブルに被られない車両写真」と
「ケーブルが目立つが、順光側から稲穂を入れた風景写真」

という“究極の二択”を迫られてしまう。<変態鉄>にとっては迷いどころ。

009_DPP_00002117.JPG
【2017年9月3日11時19分】 岡山県美咲町・柵原ふれあい鉱山公園付近

とはいえ、撮らない訳にはいかない訳で。
カメラをローアングルにして稲穂を強調してみたが...

“頭を垂れる”にはちょっと早かったみたいで。
ちなみに、キハの背景には古びた2階建てのアパートのような建物が見える。
これらは柵原鉱山が賑わっていた頃の鉱山従業員の住まいだったのだとか。
公営住宅などとして使われてきたものの、老朽化が進んで取り壊されたところも
多くなっているようで。硫化鉄鉱の産出で賑わった同線に相応しいシーンかも。

010_DPP_00002118.JPG
【2017年9月3日11時29分】 岡山県美咲町・柵原ふれあい鉱山公園付近

もうちょっと田んぼの様子を強調して...

と思ったら、見事なまでの“マンダーラ撃沈”。撮影に関しては“消化不良感”
を感じたまま午前の展示運転が終わろうとしていたのである。(つづく)

あなたの「ポチッ!」こそが、励みになります。あっ、あと、「nice!」も。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

nice!(24)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 24

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。