So-net無料ブログ作成

「春のいすみ鉄道まつり」20180429(7=最終回)期待外れ、愕然。 [いすみ鉄道 国鉄型キハ]

中断を挟んで長々と引っ張ってきた、4月29日のいすみ鉄道撮影記。
とうとう最終回である。途中、これほどまでに、いすみ鉄道を盛り上げてきた
あの社長さんの退任が報道されるなど...、近々、もう一度、訪れたいと思うのだが。

72_DPP_00003449.JPG
【2018年4月29日14時36分】 いすみ鉄道・風そよぐ谷 国吉駅

それにしても、大がかりな撮影会で無くても、毎回、小さな仕掛けでいろいろと
楽しませて貰えるのが、いすみ鉄道のイベントの楽しさ。

今回は国鉄時代、“気動車王国”と呼ばれた千葉局管内のサボも、そのアイテム
だった。
……  ……

2018年4月29日(日)曇り一時晴れ

最後の撮影は、国吉駅に14:56着のキハの「急行5号」の入線シーンをキハ30 62号車を
絡めて撮ること。

s1_DPP_00003266.JPG
【2018年4月29日14時53分】 いすみ鉄道・風そよぐ谷 国吉駅

本当は立ち入り禁止になっている線路上。「車両オーナー・サポーター」に限り、
そのロープの中に入ってカメラを構えることが許可された。

<速報版>冒頭に使ったこの1枚。実は迷いに迷っての1枚だった。
というのも...

73_DPP_00003455.JPG
【2018年4月29日14時53分】 いすみ鉄道・風そよぐ谷 国吉駅

キハを近づけようとすれば、この路線特有の背丈の低い信号機が邪魔なのである。
実は上のカットは、これと同じ撮り方をした画像を思いっきりトリミングしていた
のである。

74_DPP_00003451.JPG
【2018年4月29日14時54分】 いすみ鉄道・風そよぐ谷 国吉駅

担当者さんに促されて、皆さん、回れ右!!
国吉駅ホームに停車するキハの急行列車の姿を撮ったら、撮影会は“お開き”に。

皆さん、カメラを仕舞って。

……  ……

いま撮った「急行5号」は国吉駅で15分の停車時間。大急ぎで三脚を畳めば、
「撮って乗る」という最高の楽しみ方が可能なのである。

75_DPP_00003452.JPG
【2018年4月29日14時56分】 いすみ鉄道・風そよぐ谷 国吉駅

この日、駅前でのイベント会場にも“出店”していたショッピングセンター、
そのヘッドマークを掲出して到着したのは、キハ20 1303号車を先頭にした大原ゆき。

2両に増結されていたが、それでも車内は超満員。
連休限定のヘッドマークを撮ったら、<変態鉄>は構内通路を通って向かいのホームの
急行列車に乗り込むのだった。

76_DPP_00003453.JPG
【2018年4月29日15時23分】 いすみ鉄道・デンタルサポート大多喜駅

大多喜駅でヘッドマークが掲出され。「養老」のマークは中部地方を走る養老鉄道と
お揃いのマーク。何でも、大多喜町と市原市に跨がる“養老渓谷”に行きたくて
岐阜県と三重県をを走る養老鉄道に問い合わせる客がいるというのが、キッカケに
なって、いすみ鉄道と養老鉄道の親交が...というのだから不思議なもの。

このマーク、意外とレアな存在なのである。あまり掲出されたことは多くなく。

77_DPP_00003454.JPG
【2018年4月29日16時05分】 いすみ鉄道・上総中野駅

終着駅に到着した「急行5号」。かつては、16時半の大原発大多喜ゆきが最終だったが
2月のダイヤ改正でキハ運用は全面的に変更され「急行5号」は16:07に上総中野着。
以前よりも大原発が2時間繰り上がっている。

そして、上総中野 16:25発の大多喜ゆきローカルがキハの入庫を兼ねた運用になって。

s7_DPP_00003267.JPG
【2018年4月29日16時23分】 いすみ鉄道・上総中野-西畑(後追い)

あまり時間が無く、撮影地を考える余裕が無かったので、おなじみのこの場所で。
これまではお昼の撮影が多かった分、撮影ポジションをちょっと変えて、キハ52を
後追いで。う~ん、もうちょっとカメラポジションについては検討の余地ありか!?

とはいえ、「養老」マークを掲出して走るキハの姿を記録できたのは収穫。

実は、最後のキハを上総中野駅近くで撮ろうと思ったのは、西畑駅付近のコチラ。

78_IMG_8537.JPG
【2018年4月29日16時44分】 いすみ鉄道・西畑駅付近

西畑駅の手前、田んぼを前に配して背景を小学校にして撮る“定番カット”。
例年、その付近、線路際に大きな鯉のぼりが泳いでいるのである。

今シーズン最初で最後の<鯉のぼり鐵>を狙ったのだが...。完全に“空振り”だった。

……  ……

西畑駅に着いたのは、17時前。駅のベンチのところに掲示されている時刻表を見て
<変態鉄>は愕然とした。

てっきり、「急行5号」折返しのローカル列車...というか、入庫を兼ねた区間列車が
大多喜駅で交換してムーミン列車が、こちらにやってくるものだとばかり思っていた。

でも...

次の大原ゆきは、18:28発の第70D列車まで無くて。いつもの、品川ゆきの高速バスは
その頃には大多喜駅前を出発しており。

「どうしよう?!」と途方に暮れたのだった。いや、本当に。
まぁ、確かに“帰ろうと思えば帰れる”のだが、このまま1時間半近く西畑駅で待つ
というのも...

それならば...

と、でも、明らかに冷静さを失っていた自分。そう、西畑駅前には小湊バスの停留所。
ダメ元でその時刻表を見れば良かった...と思ったのは、「大多喜」ゆき表示のバスが
行き過ぎてから。最終のキハを西畑付近で撮ったときは、路線バスで大多喜に戻れる
ということが分かっただけでも“収穫”だが。

79_IMG_8538.JPG
【2018年4月29日17時42分】 いすみ鉄道・総元駅

そのとき、<変態鉄>は「大多喜駅まで1時間で歩ければバスに間に合う」と。
もう完全に脳ミソが沸いていたのだった。約12 kmほどだろうか。1時間で歩こうなど
無理なのは明らかで。

1駅歩いて、総元駅までやって来たところで17時半過ぎ。もう、間に合う筈も無く。
駅の時刻表を見れば、ほどなく、17:41発の下り第73D列車が。

ということで、再び、キハ20 1303号車で上総中野駅に戻って。

s8_DPP_00003268.JPG
【2018年4月29日18時04分】 小湊鐵道・上総中野駅

約15分後、すっかり暗くなってきた無人駅。
オデコの2灯ヘッドライトを輝かせて、キハ200形の2連が到着したのだった。

80_DPP_00003456.JPG
【2018年4月29日18時09分】 小湊鐵道・上総中野駅

日中は多くの観光客が訪れて、いまや“至難の1枚”となった両線のキハ並びシーン。
さすがに、この時間になると人影も少なくなって。

上総中野駅 18:17発のキハ200形2連はわずかな乗客を乗せて。外は真っ暗。
閑散とした車内でDMH17Cエンジンの揺れに身を任せつつ。予想外の展開といえども
しばしのキハ旅を楽しむことができた。

そんな第40A列車の五井駅到着は19:28、五井駅東口を19:30発のバスタ新宿ゆき
高速バスに乗れるか...

ダメ元でチャレンジして見るべく、先頭のドア付近に陣取って緊張していたら...
五井駅到着を告げる車内放送に流された「アルプスの牧場」チャイムを楽しむだけの
余裕すら無かった<車内放送マニア>の<変態鉄>だったのである。

……  ……

ここからは<速報版>でご紹介した通り。アクアラインの渋滞にみごと嵌まって
しまって。普段は1時間少々の五井-新宿間が2時間半。22時ちょうどにようやく
バスタ新宿にたどり着くのだった。(おわり)

(※)撮影時刻は写真データのものです。したがって、実際の時刻とは多少前後します。

あなたの「ポチッ!」こそが、励みになります。あっ、あと、「nice!」も。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

nice!(21)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 21

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。