So-net無料ブログ作成

セイジクリームのキハ!?(2010年3月 熊谷市妻沼展示館) [保存車・廃線跡]

相変わらずネタ切れ状態、絶賛継続中の拙ブログ。でも、意地でも休載だけは...

でも、こういう時、通勤時に限って珍しいシーンに出くわしたり。
それだけで1つ記事が書けそうなくらいの事態に出くわしても、通勤用の鞄には
カメラは入っていない。

30日夜の京王線新宿駅。<変態鉄>は22:48発の特急・京王八王子ゆきのドア付近に
立って発車を待っていた。隣のホームには、折返し22:50発の急行・橋本ゆき。
それは、いつも通りなのだが...

その電車が、ぬぁんと都交車、咄嗟にチェックした車番は「10-483」。

京王線を使うようになって、今年で22年。都交車が京王線新宿駅には
試運転などで入線したことがあるのは知っていたが、
京王線新宿駅発の営業列車に都交通局の電車が充当されているのを見たのは、
昨夜が初めて。せめて、コンデジでも持っていたら...

う~ん、そういうときに限って。嗚呼、残念。




という訳で...

今日は2010年3月、いまから6年半前、「青春18きっぷ」の“消化試合”で訪れた
キハの姿をご紹介したい。

01_IMG_9195.JPG
【2010年3月30日13時40分】 埼玉県熊谷市・熊谷市立展示館

先日も記事にした通り、<変態鉄>は昭和60年頃から平成初期まで営団日比谷線で
塾通いをしていた。ギンギラギンの営団3000系、東急7000系に混じって、
クリーム色の電車も。直通先の東武鉄道からやって来る2000系電車だった。

非冷房車の暑さは変わらなかったが、車内の中吊り広告...
東武と東急の電車内の広告の違いにさまざまなことを感じ取っていた
<変態ガキ鉄>だったのである。

もちろん、当時から電車好きではあったが、カメラは持っておらず...
クリーム色の東武電車は撮らずじまいだった。

当時の東武電車の塗色、何だか垢抜けない(← 失礼!!)塗色、この色名を
“セイジクリーム”というのを知ったのは、だいぶ後になってから。

最近ではこの、セイジクリーム塗装も東武電車の“復刻カラー”で8000系にも
登場しているが、噂では、当時を知る人たちを中心に、社内やOBの中には
当初、反対の声もあったとか、無かったとか...

でも、そもそも“セイジクリーム”って...

続きを読む