So-net無料ブログ作成

冬晴れの芳賀路にSLを撮りに(7)真岡の屋外展示車たち(その1) [保存車・廃線跡]

自分の担当の仕事で、去年から新しくなった(はずの)ものがあった。
そう、去年のこの時期、システムの担当者と相談しながら、自分の部署で
必要なものを自分が準備した記憶があった。

今年は、部内での話し合いでは「去年と同じものを使えば良いよね」。
「あぁ、去年のものがありますから...」と自分。

でも...

今日、確認してみてビックリ。それは単なる“妄想”というか“記憶違い”。
1月、年明け早々に必要になるはずの“モノ”は影も形もなかったのである。
これにはビックリ。正月休みが吹っ飛んでしまうのか...
それとも、今週、もうちょっとだけ頑張れば何とかなるのか...。

年内最後の出社が29日の予定だったのだが...う~ん。
一気にピンチな状況に。...と、ちょっと珍しく仕事の話題から。
これほど、各地へ“出撃”を繰り返している<変態鉄>だが、正体はと言えば
ひとりの会社員なのである。

と、一通り、どうでも良い話を書いた後は、12月11日、真岡駅の展示車たち。

01_DPP_00000147.JPG
【2016年12月11日12時09分】 真岡鐵道・真岡駅「キューロク館」

「キューロク館」の49671号機、D51 146号機ともピカピカに磨き上げられ、
まさに、黒光りした機体。そのキャブの中にも入ることができた。

続きを読む