So-net無料ブログ作成
検索選択

2008.8 美祢線 快速「おいでませ山口」号撮影記(1) [鉄分の濃い旅行記録]

職業柄、仕事が忙しい...というか、時間がかかる時期で。
「忙しい」というよりは「会社に居ないといけない時間が長い」というのが
正確だろうか。つまり、撮影に行けない訳で、ということは、
拙ブログのネタ切れ状態も...う~ん。

と言うわけで、困ったときの過去ネタ。

2008年8月の撮影記。なぜか、9年前の夏の撮影記をこの時期にアップする
<変態鉄>なのだが...

IMG_0568.JPG
【2010年5月9日15時54分】 因美線・知和-美作加茂

いつも通り(?)、長い前置きを。

国鉄型キハを愛する<変態鉄>が「The King of 国鉄型キハ」とでも言おうか、
撮るのも乗るのも、一番好きだったのが、キハ58系急行型ディーゼル動車。

とはいえ「東京オリンピック世代」、高度成長期を迎え、活況を呈していた
国鉄の地方亜幹線輸送の近代化と急行列車新設のために大量投入された車両。
21世紀に入る頃には車齢も40年に近づき廃車が加速、本来の急行列車としての
活躍も、広島県の芸備線急行「みよし」号が最後になったのだった。

その後、同系の定期運用最後となったのは「飛越ゴハチ」(→ こちら)、
でも、もう1つ、<変態鉄>には忘れられない“ゴハチニハチ”がいた。
広島支社で廃車となるはずのキハ58・28形の2両編成を、隣の岡山支社が...

s25_DPP_4177.JPG
【2016年6月12日11時37分】 岡山県津山市大谷・まなびの鉄道館

国鉄急行色に塗り戻され、西日本管内のイベント列車用として2010年秋まで
活躍したのだった。いまも「津山まなびの鉄道館」の扇形庫に保存されている。

さて、岡山支社のゴハチニハチ。
「飛越ゴハチ」とは違ってイベント時だけの活躍だったが、でも、こちらは
ワンマン改造を受けず、名実ともに「急行型」。
4人掛けのボックスシートがズラッと並んだ車内を最後まで保ち続けていた。

そんな、岡山支社のキハ58・28、走る日がわかれば豊岡へ、津山へ...
もちろん<変態鉄>として日帰りの強行軍で会っても、一目見ようと通ったのだった。

2008年の夏は、山口県のディスティネーション・キャンペーン(DC)に合わせ、
夏休みシーズンに美祢線の臨時快速「おいでませ山口」号としてキハ58系が
“登板”したのだった。

ところで、美祢線って??

続きを読む


早朝の吉備線で。(16年前の車内放送から) [車内放送]

  撮り鉄、乗り鉄、呑み鉄、模型鉄...

鉄道趣味と言っても、その“分野”は幅広い。そんな中、<鉄>の中でも
少数派であることは間違いない、ちょっと変態チックな方向性(?)、
<車内放送マニア>の自分。<鉄>どうしの“鉄談義”でも、なかなか理解して
もらえないようなマニアックな分野なのだが...

世間が“ミレニアム”に沸いた頃、<変態鉄>は大学生だった。

学生の頃は、“鉄道写真”と言えば大半は駅ホームでのスナップ程度に撮るだけ。
<鉄>活動と言えば、ポータブルMDレコーダに大きなマイクを取り付けて、
お目当ての列車を探しては、車掌さんの許可を貰って録音する...
ということを繰り返していた。

06_IMG_4407.JPG
【2015年8月2日8時09分】 水島臨海鉄道・倉敷市駅

その<変態鉄>のお目当ては、車内放送装置にオルゴールが付いている車輌が
充当される中で乗車率が低い列車。特に、西日本には国鉄型の車輌が数多く
残っており、撮りたい、いや、録りたいものが多かった。

IMG_2050.JPG
【2012年4月6日15時02分】 吉備線・総社駅

岡山から吉備津神社の近くを通って倉敷の北隣の総社まで走る吉備線。
その頃、下りの始発は岡山駅 5:35発の第721D列車、総社ゆき。
日中はキハ40形の単行運転もある吉備線の中で、キハ58系+キハ40系の
6両編成というのは、折返し、7時頃に岡山に戻る列車への“送り込み”を
兼ねた列車であることは明らかだった。ということは...

続きを読む


自分にもこんな時があった。(後編)2006年G.W.の「ヒガハス」 [アナログ写真保管庫]

昨日の記事にも書いた通り、火曜日は久々の公休日だった。しかも、天気は晴れ。
ちょっと渋谷で用事を済ませてから、“プチ出撃”しようと、そのつもりで
カメラバッグを持って自宅を出た。渋谷で用事を済ませて、ふとしたことから、

「いままで、山手線E231系500番台車を撮ったことがないなぁ...」
後継のE235系の投入も始まり...、利用する機会の多い電車だけにスナップ程度で
良いから記録しておこうと。そう、思って埼京線・湘南新宿ラインのホームへ。

ホーム端から、何とか撮れそうな感じだったが...

1_DPP_5791.JPG
【2017年3月28日11時26分】 山手線・恵比須-渋谷

でも、このとき、“まさかの事態”に動転していた<変態鉄>だったのである。

続きを読む


自分にもこんな時があった。(中編)2006年G.W.の「ヒガハス」 [アナログ写真保管庫]

あの駅前で転けて半月。月曜の午後、ヨドバシカメラから電話がかかってきた。
会社の帰りに三脚を受け取りに...

001_IMG_7197.jpg

3月末で有効期限を迎えそうだった修理専用のポイントを無事消化して6千円あまり。
“出撃ラッシュ”を迎える4月を前に三脚が戻ってきて、ホッと一息。

と、なればその三脚を使ってみたくもなるのだが...
何としても菜の花シーズンが終わる前に房総に行きたいのだが...
日程を自由に選べない。会社員<鉄>は、そこが悩みである。

さて、昨日に引き続き、2006年5月の大型連休の「ヒガハス」の話題。

続きを読む


自分にもこんな時があった。(前編)2006年G.W.の「ヒガハス」 [アナログ写真保管庫]

昨日は、心配で...
「無理せず休場して怪我を治した方が...」というようなことを書いてしまった。
でも、まさか!!

仕事を終えて帰りの電車の中でケータイでチェックしたニュース。
まさか、14日目の鶴竜との取組を見た限り、千秋楽は休場も考えた方が...
と余計な心配をしていた<変態鉄>。驚きを禁じ得なかった。

明大前で乗り換えた井の頭線、自宅の最寄り駅には21時48分頃の到着だった。
雨の降る中、大急ぎで自宅に駆け込んだ<変態鉄>、すぐさまTVを付けて
N※Kのスポーツニュースを視たのだった。そこまでして見たかったのは
決して、杉浦友紀アナの胸元ではない。優勝力士インタビューを受ける
稀勢の里の姿である。

ニュースで見ただけだったが久しぶりに感動した。
五月場所はどうなるのだろうか。あれだけ初優勝までに苦労したのに...
今度は横綱になって、2場所連続の賜杯である。

さて、今日の話題。<変態鉄>だって10年ほどの前のホンのわずかな時期、
“正統派<鉄>”として生きていこう...と模索した時期があったのである。

5_DPP_2094.JPG
【2015年7月18日10時08分】 東北本線・東大宮-蓮田

そんな頃の話題。2006年5月の大型連休まで遡る。

尤も、その後はすぐに諦めて<変態鉄>の道に戻るのだが...
どうも架線下を長い列車が走るのは...、やはり、ディーゼルの爆煙...
あの音も匂いも堪らないのである。

続きを読む


消印の中の鉄道情景(46)鉄鋼ビル郵便局(東京都) [消印の中の鉄道情景]

「お兄ちゃん、アンタ、誰を応援しているんだ!?」

本場所前の“横綱審議委員会稽古総見”のうち、五月場所前だけの総見だけは
毎年、一般に公開され、相撲教習所ではなく両国国技館の本土俵で行われる。
座布団は無し、お茶屋さんも営業しないが、枡席もすべて自由席として無料開放。
仕事が入らない限り、例年4月29日は総武線の始発電車で両国に駆けつけることに
している。正面前列の桟敷を狙うが、もちろん、そこは見知らぬオジサンと
相席になるもの。熱心に国技館に通う中では、比較的若い世代の<変態鉄>、
初対面のオジサンたちから、いろいろ話しかけられる。

00_DPP_2316.JPG
【2015年4月29日10時22分】 東京都墨田区・両国国技館(稽古総見一般公開)

「あぁ、稀勢の里には横綱になって欲しいって...」

「そりゃダメだよ。ムリ、無理」、どこかの評論家のように語り出す。
「相撲って言うのは、結局、精神力なんだよ、メンタル!! あれじゃなぁ」

続きを読む


灯台モトクラシー(10=最終回)最後は、宮ノ前。 [都電を追って[都電荒川線]]

ちょうど、この記事を書いているとき、リニューアルされた都交通局の
ウェブサイトにこんなリリースが出ていた。

  7000形にヘッドマークを取り付けて運行いたします。(→ こちら

引退時期いついて「平成29年の春」とだけ発表されていた都電荒川線の7000形。
都交通局のウェブサイトをチェックしていても引退関連のイベントの話題は
リリースが出てくるのだが、正式なお別れイベントの話題はここまで一切なく。

巷の都電ファンの間では、3月末の土日に最終運行と荒川車庫での撮影会が
あって、年度末をもって除籍か...などという憶測も流れていた。

DPP_1490.JPG
【2015年3月31日12時50分】 都電荒川線・飛鳥山-王子駅前

でも、このリリースでは、

  まもなく運行終了となる7000形(7001号車、7022号車)に
  ヘッドマークを取り付けて運行いたします。

としつつ、その「運行期間」に関して、7001号車(あかおび)は「4月末頃まで」、
7022号車(あおおび)は、ぬぁんと「6月上旬まで」とあるわけで。

<変態鉄>としては、この情報に、さらに妄想が膨らむのである。

それは、「ろ」「てん」から...毎年6月10日は「路面電車の日」とされていて、
全国の路面電車事業者で各種イベントが催される。都電荒川線もほぼ毎年
6月10日に近い土曜・日曜に荒川車庫の公開イベントが行われる。

そんなことを考え合わせれば、今年の「路面電車の日」イベントとして
7022号車を使った「7000形お別れイベント」として開催されるのではないか...

と、都交通局が何も言っていないのに勝手に妄想が膨らむのである。

なお、あくまでこれは<変態鉄>の 妄想 に過ぎないことをお断りしておく。

<変態野郎>というのは、日夜、さまざまなことを妄想しながら生きている。

ということは、来週後半に満開を迎える東京のサクラ、荒川二丁目、飛鳥山...
「都電×サクラ」の撮影地はいくつかあるのだが、今年は大変なことになりそう。

たとえ、<葬式鉄>と罵られても、<変態鉄>としても一度くらいは“参戦”
しないとマズいのだろうか?! 乞うご期待。

さて、その都電7000形を撮ったのは、3月3日の夕方のことだった。

続きを読む


灯台モトクラシー(9)やっと、会えた。 [都電を追って[都電荒川線]]

カゴイケ氏の証人喚問を某公共放送の中継で眺めながら、ネットを徘徊していたら
水島臨海鉄道の公式サイトにキハ205の最終運行の話題が掲載されていた。

 キハ205は 皆さまの心に永遠に (→ こちら

倉敷市駅ヨコの道路沿いの区間、ちょうど駐輪場前の付近には人だかりが
できているのが見て取れる。自分も行きたかったのだが...

0Y6C0471.JPG
【2015年9月6日11時32分】 水島臨海鉄道水島本線・弥生-浦田

次に倉敷に行けそうなのは5月の大型連休のときだろうか!?
そのときまで、倉敷貨物ターミナルにその姿は残っているのだろうか。
だんだんと撮りたい車両が少なくなっていく、今年もまた、その寂しさを
感じずには居られない春なのである。

でも、そんな思いにさせる、<変態鉄>のお気に入りの車両は、決して
遠くの地だけではない。東京でも。

つい数年前までは「当たり前」のようにやって来た、そんな電車の仲間の
最後の2両が今春で引退することになった。都電荒川線の7000形電車である。

<変態鉄>が、撮りに行くことができたのは3月3日の夕方だった。

続きを読む


灯台モトクラシー(8)やっぱり都電!! [都電を追って[都電荒川線]]

やはり、ちょっと体調が優れないのだが...
相変わらず、仕事は忙しい時期、自分自身は金曜から週明けまでが一番忙しい
ピークを迎える。

それを前に、木曜は公休日なのだが...

s3_DPP_3694.JPG
【2016年4月6日14時03分】 いすみ鉄道・上総中川-城見ヶ丘

確か、明日、23日は、いすみ鉄道「レストラン・キハ」の団体運用の関係で
国鉄型キハ編成が日中の運用に入るはず。菜の花も咲き始め“撮り頃”だが、
あすはゆっくり休養して、体調の回復に努める...ということばかりではなかった。

そう、この時期、<変態鉄>が休みの日に楽しみにしていたのが...

でも、いま、<変態鉄>は怒りに震えている。怒りの炎が熱く燃えている。

続きを読む


灯台モトクラシー(7)ガードが堅くて... [東京鐵話]

昨日から体調が...
火曜日の朝、起きたときには、喉の痛みは全くと言って良いほど消えていた。
ただ、とにかく鼻の調子が...、やはり不惑を前に自分自身のカラダについても
“経年劣化”が深刻になってきているのか、あるいは、不惑を前にとうとう...

とうとう...

「花粉症デビュー」を果たしたのだろうか??
それにしても、火曜の東京は雨が降って肌寒く花粉は飛散していなかったはず。
う~ん、何なのだろうか。相変わらず、仕事はバタバタして忙しい時期。
「お腹が痛い」とか「熱がある」といったのとは、またひと味違った辛さ。

明日、木曜は公休日なのだが、おとなしく自室でゴロゴロしていることになりそう。

001_DPP_00000767.JPG
【2017年3月3日13時33分】 千葉県松戸市・昭和の杜展示館

というわけで、このシリーズ、もう少し引っ張っておかないと。
3月3日は、ダウンジャケットが邪魔になるようなポカポカ陽気だった。
松戸市郊外の「昭和の杜展示館」の見学を終えて、午後、都心に戻ってきた
<変態鉄>は、山手線の田端駅で下車して...

続きを読む