So-net無料ブログ作成

20170225_筑西ディープ<鉄>(9) [ローカル客レに魅せられて]

「ローカル客レ」、<変態鉄>が本格的に<鉄>活動を開始した90年台後半には
まさに“風前の灯火”だった。

だからこそ...

01_DPP_2135.JPG
【2015年7月19日13時06分】 東北本線・新白岡-白岡

イベント列車とはいえ、こんな列車が走るとなれば、炎天下、6時間ほども
待ち続けたのだった。

そもそも、“客車列車”というのは先頭の機関車が、動力源を持たない客車を
引っ張るという運転形態。「動力集中式」と呼ばれ、世界的に見れば
貨物列車はもちろんのこと、旅客列車でも機関車が先頭に立つという方式は
鉄道黎明期からいまに至るまで、常に“主流”なのだが、日本ではちょっと違い、
電車やディーゼル動車といった「動力分散式」の列車が大半を占める。

その「理由」はいくつかあるのだが、国鉄時代から旅客列車は順次、
「動力分散式」へ移行し、寝台列車の衰退とともに“客車列車”そのものが
絶滅の危機に瀕してるのである。

002_DPP_00000684.JPG
【2017年2月25日16時29分】 真岡鐵道線・真岡駅

でも、90年台までは朝晩の輸送力列車を中心に、普通列車でも機関車牽引の
客車列車が珍しくなかった。そのスタイルが意外な形で真岡鐵道に
残っているのである。それが、土休日夕方の第6103列車である。

続きを読む