So-net無料ブログ作成
検索選択

62.大混乱の最終列車 [飛越ゴハチを追った日々]

つい先日、8日なのだが<速報版>は書かなかったものの、午前中、某所に
“出撃”していたのだった。

駅前を歩いていて「危ないっ!!」と思ったものの、カラダは言うことを聞かず、
気づいたときにはアスファルトの道路上に横倒しになっていた<変態鉄>。
背負うタイプ、リュックサックタイプのカメラバッグに切り替えたのが幸いして
EOSくんは無事だったのだが...

その倒れる瞬間、何か小さなものが“ピューッ”と飛び出すのが見えたような...

001_IMG_7197.jpg

あとで点検してみると三脚が...
2段目のロックが折損してなくなっていた。こうなると、三脚として用をなさない。
ロックが効かないので三脚を上向きにしておかないと脚が飛び出して...

ちなみに、この朝、撮影地に向かう電車はダイヤが乱れ、
撮りたかったものは撮れず、その帰り、駅に戻ってきたところでコレである。

<変態鉄>が38歳児として迎えた最後の朝は、まさに踏んだり蹴ったり。

だから、その後、新宿に直行してヨドバシで修理依頼。
でも、三脚自体、修理期間が長くなるらしく、3月中には終わらない可能性が
高いそうで...、う~ん。三脚を買い換えるとなると。嗚呼。

11_IMG_1277.JPG
【2011年3月11日20時45分】 高山本線・富山駅

さて、3話に渡ったこの話題。“飛越ゴハチ”最後の1往復は“夜運用”。
富山駅を19時過ぎに出発、折返し20時半に越中八尾から帰ってくる第893D列車が
正真正銘の“最後の飛越ゴハチ”、それに合わせてお別れイベントも開催
されると告知されていたのだが...

続きを読む