So-net無料ブログ作成

自分にもこんな時があった。(前編)2006年G.W.の「ヒガハス」 [アナログ写真保管庫]

昨日は、心配で...
「無理せず休場して怪我を治した方が...」というようなことを書いてしまった。
でも、まさか!!

仕事を終えて帰りの電車の中でケータイでチェックしたニュース。
まさか、14日目の鶴竜との取組を見た限り、千秋楽は休場も考えた方が...
と余計な心配をしていた<変態鉄>。驚きを禁じ得なかった。

明大前で乗り換えた井の頭線、自宅の最寄り駅には21時48分頃の到着だった。
雨の降る中、大急ぎで自宅に駆け込んだ<変態鉄>、すぐさまTVを付けて
N※Kのスポーツニュースを視たのだった。そこまでして見たかったのは
決して、杉浦友紀アナの胸元ではない。優勝力士インタビューを受ける
稀勢の里の姿である。

ニュースで見ただけだったが久しぶりに感動した。
五月場所はどうなるのだろうか。あれだけ初優勝までに苦労したのに...
今度は横綱になって、2場所連続の賜杯である。

さて、今日の話題。<変態鉄>だって10年ほどの前のホンのわずかな時期、
“正統派<鉄>”として生きていこう...と模索した時期があったのである。

5_DPP_2094.JPG
【2015年7月18日10時08分】 東北本線・東大宮-蓮田

そんな頃の話題。2006年5月の大型連休まで遡る。

尤も、その後はすぐに諦めて<変態鉄>の道に戻るのだが...
どうも架線下を長い列車が走るのは...、やはり、ディーゼルの爆煙...
あの音も匂いも堪らないのである。

続きを読む