So-net無料ブログ作成

早朝の吉備線で。(16年前の車内放送から) [車内放送]

  撮り鉄、乗り鉄、呑み鉄、模型鉄...

鉄道趣味と言っても、その“分野”は幅広い。そんな中、<鉄>の中でも
少数派であることは間違いない、ちょっと変態チックな方向性(?)、
<車内放送マニア>の自分。<鉄>どうしの“鉄談義”でも、なかなか理解して
もらえないようなマニアックな分野なのだが...

世間が“ミレニアム”に沸いた頃、<変態鉄>は大学生だった。

学生の頃は、“鉄道写真”と言えば大半は駅ホームでのスナップ程度に撮るだけ。
<鉄>活動と言えば、ポータブルMDレコーダに大きなマイクを取り付けて、
お目当ての列車を探しては、車掌さんの許可を貰って録音する...
ということを繰り返していた。

06_IMG_4407.JPG
【2015年8月2日8時09分】 水島臨海鉄道・倉敷市駅

その<変態鉄>のお目当ては、車内放送装置にオルゴールが付いている車輌が
充当される中で乗車率が低い列車。特に、西日本には国鉄型の車輌が数多く
残っており、撮りたい、いや、録りたいものが多かった。

IMG_2050.JPG
【2012年4月6日15時02分】 吉備線・総社駅

岡山から吉備津神社の近くを通って倉敷の北隣の総社まで走る吉備線。
その頃、下りの始発は岡山駅 5:35発の第721D列車、総社ゆき。
日中はキハ40形の単行運転もある吉備線の中で、キハ58系+キハ40系の
6両編成というのは、折返し、7時頃に岡山に戻る列車への“送り込み”を
兼ねた列車であることは明らかだった。ということは...

続きを読む