So-net無料ブログ作成

2008.8 美祢線 快速「おいでませ山口」号撮影記(1) [鉄分の濃い旅行記録]

職業柄、仕事が忙しい...というか、時間がかかる時期で。
「忙しい」というよりは「会社に居ないといけない時間が長い」というのが
正確だろうか。つまり、撮影に行けない訳で、ということは、
拙ブログのネタ切れ状態も...う~ん。

と言うわけで、困ったときの過去ネタ。

2008年8月の撮影記。なぜか、9年前の夏の撮影記をこの時期にアップする
<変態鉄>なのだが...

IMG_0568.JPG
【2010年5月9日15時54分】 因美線・知和-美作加茂

いつも通り(?)、長い前置きを。

国鉄型キハを愛する<変態鉄>が「The King of 国鉄型キハ」とでも言おうか、
撮るのも乗るのも、一番好きだったのが、キハ58系急行型ディーゼル動車。

とはいえ「東京オリンピック世代」、高度成長期を迎え、活況を呈していた
国鉄の地方亜幹線輸送の近代化と急行列車新設のために大量投入された車両。
21世紀に入る頃には車齢も40年に近づき廃車が加速、本来の急行列車としての
活躍も、広島県の芸備線急行「みよし」号が最後になったのだった。

その後、同系の定期運用最後となったのは「飛越ゴハチ」(→ こちら)、
でも、もう1つ、<変態鉄>には忘れられない“ゴハチニハチ”がいた。
広島支社で廃車となるはずのキハ58・28形の2両編成を、隣の岡山支社が...

s25_DPP_4177.JPG
【2016年6月12日11時37分】 岡山県津山市大谷・まなびの鉄道館

国鉄急行色に塗り戻され、西日本管内のイベント列車用として2010年秋まで
活躍したのだった。いまも「津山まなびの鉄道館」の扇形庫に保存されている。

さて、岡山支社のゴハチニハチ。
「飛越ゴハチ」とは違ってイベント時だけの活躍だったが、でも、こちらは
ワンマン改造を受けず、名実ともに「急行型」。
4人掛けのボックスシートがズラッと並んだ車内を最後まで保ち続けていた。

そんな、岡山支社のキハ58・28、走る日がわかれば豊岡へ、津山へ...
もちろん<変態鉄>として日帰りの強行軍で会っても、一目見ようと通ったのだった。

2008年の夏は、山口県のディスティネーション・キャンペーン(DC)に合わせ、
夏休みシーズンに美祢線の臨時快速「おいでませ山口」号としてキハ58系が
“登板”したのだった。

ところで、美祢線って??

続きを読む