So-net無料ブログ作成

サクラ咲く、富山へ(9)体験乗車会撮影記 [保存車・廃線跡]

昨日は“移籍”して再び走り出すキハの話題をご紹介したが、
でも、昨晩、ネットを見ていたら関東鉄道の公式サイトに、このキハの...

03_DPP_2147.JPG
【2015年7月21日8時47分】 関鉄常総線・小絹-水海道

「おくひだ1号」と同様に国鉄型キハの廃車発生品を使って製造された
関鉄常総線キハ310形、JNRマークの入った備品が残っていたり、放送マイクには
“アルプスの牧場”のオルゴールがちゃんと付いていたり...

勝手に「準国鉄型」などと名付けて、イベント時を中心に撮りに訪れては居たが、
2月に新型車がデビュー、自社発注の2000番台の形式番号をもつ新型車だけで
運用を賄えるまでになって...

5月下旬に「乗り納め!?」と題された乗車撮影会イベントが行われると。
そう、4月から勤務シフトが変わって、今年度は土曜日に勤務が。嗚呼。
これまで何度も撮ってきたキハ、水島キハ205も、関鉄キハ313+キハ314も。
時の流れとはいえ、何度も乗りに、撮りに通った車両のお別れイベントというのは
寂しいもので。

たぶん、関鉄キハ313+キハ314編成は、同社の、これまでの例から考えると
当分の間、水海道車両基地で保留車扱いで置いておかれるのだろうが...。

撮りたい列車が1つずつ無くなっていくのである。

001_DPP_00000953.JPG
【2017年4月8日13時34分】 旧神岡鉄道・神岡大橋-奥飛騨温泉口

さて、今日の話題。廃線から11年、奇跡の復活、本線運転を果たしたのは
旧神岡鉄道のKM-101「おくひだ1号」、4月8日のことだった。
午後からは5往復の「体験乗車会」。もちろん、カメラを持って線路際へ。

続きを読む