So-net無料ブログ作成
検索選択

片上でキハ。<速報版> [とりあえず<速報版>]

1991年に廃線となったのが、片上鉄道。岡山県北部の柵原鉱山で産出された
硫化鉄鉱を瀬戸内海の港へと輸送したローカル私鉄である。

その、鉱石の積み込み線などを備え、主要駅の1つだった吉ヶ原駅と、その前後の
数百メートルの線路を使って、毎月第一日曜日に貴重な保存車の動態保存が
行われている。

001_DPP_00001391.JPG
【2017年7月2日13時58分】 片上鉄道保存会・吉ヶ原駅

でも、なかなか「第一日曜日」が空いている月というのは...
岡山県の、その北部。バスを乗り継いでいくしか無い駅を訪れるのは
<変態鉄>には...。その機会をうかがっていた。

今日は、旧国鉄キハ07形のキハ702号車が展示運転に抜擢され。
ガソリン動車からディーゼル動車へ、機械式から液体式へ...

わが国の「キハ」の黎明期の車両が、姿こそ変えながらも、いまも現役で。
床下からはDMH17Cエンジンの、あの音が元気に響き渡っていた。

続きを読む