So-net無料ブログ作成

美作にキハを追って(0)ぷろろーぐ [鉄分の濃い旅行記録]

あまり、こういう書き方をしていると、いま話題の某団体からクレームが来そうで
ちょっと怖いのだが、でも、<変態鉄>が生まれる少し前に流行っていた歌詞に...
(註 ; もともと1972年(昭和47年)の曲です。<変態鉄>にとってはコロッケの名曲といったイメージ)

  ♪ 動き始めた汽車に ひとり飛び乗った

というのがある。これがわかるのは、自分より少し上の世代で大都市圏以外で
暮らしていた方々、もしくは<鉄>だろうか。

001_DPP_00001404.JPG
【2017年7月2日12時22分】 片上鉄道保存会・吉ヶ原駅

そもそも、イマドキの電車は客扉が開いていると走り出せない。走行中にドアが
開いてしまうと、非常ブレーキがかかる構造になっている。

PICT1133.JPG
【2001年2月28日】 津軽鉄道・金木駅

だから、動き始めた汽車に飛び乗れる訳がない...
でも、旧客、昭和30年台までに製造された焦げ茶色の客車では、それが可能だった。
“客車”の側扉は、先日取り上げた20系寝台客車まで手動式。
今ではありえないようなほど“開放的”な姿の列車が全国を走っていたという。

冷房のない客車だけに「走行中の列車の扉を開けて、風にあたっていた」とか
「駅に停まる前に飛び降りようとして転けた」とか、当時の方々に聞くと、
いろいろなエピソードが出てくるとか、来ないとか...

続きを読む