So-net無料ブログ作成
検索選択

美作にキハを追って(6)走らなくても旧客!! <後編> [保存車・廃線跡]

昨日に続いて(← いつもだろっ!!)、マニアックな話題が続いてしまう拙ブログ。
でも、この焦げ茶色の「旧型客車」というのは<変態鉄>にとっては憧れの車両。

今年になって、その“増備車”が落成したらしいのだが。
(SL「やまぐち」に使われる「最新鋭の旧型客車」も35系になったらしい...)

いわゆる、オハ35系と呼ばれる客車は1939年(昭和14年)に製造が始まり、
いったん打ち切られるものの、終戦直後から再び増備を開始、
1950年(昭和25年)までに三等座席車だけで2,000両近くがつくられた
国鉄を代表する客車なのである。

その後期製造分、終戦直後の1947年(昭和22年)に日本車輛で製造された
オハ35 1227号車が1981年(昭和56年)、片上鉄道入り。ホハフ3002号車になった。

01_DPP_00001405.JPG
【2017年7月2日12時18分】 片上鉄道保存会・吉ヶ原駅(ホハフ3002号車内)

この日、<変態鉄>が特に会いたかった1両なのだが、留置位置の関係で写真は
非常に撮りづらく。

いまも動態で残されている。しばらく前に映画撮影に使われ、国鉄時代の
“ぶどう色2号”、こげ茶色に塗り戻された状態で停まっていた。

続きを読む