So-net無料ブログ作成

美作にキハを追って(13=最終回)工業地帯の空色キハ。 [水島臨海鉄道キハ20]

まだ7月、梅雨時なのに猛暑が続いている。いよいよ明日から再び、お仕事。
いろいろあって、また忙しい日々が始まるわけで。

ただ、夏休み中も公休日には何度か、日帰りではあっても“出撃”を企てている。
人が多いのはイヤだし、夏の空気は写真の出来映えが...
<撮り鉄>には向かない季節なのだが、でも、あのキハの元気な姿を見てきたい。

さて、引き続き、7月アタマ、岡山へキハを撮りに行った話題。
2日に吉ヶ原で撮ったのは旧片上鉄道キハ702号車、もとは国鉄キハ07形。

001_DPP_00001473.JPG
【2017年7月2日10時35分】 片上鉄道保存会・吉ヶ原-黄福棚原

1967年(昭和42年)に片上鉄道入りしたときは、同型の仲間3両でやって来た。
そのうち、キハ701号車はほどなく水島臨海鉄道に移籍となった。

ということは...

<変態鉄>が生まれる前後、いまから40年ほど前、まだ地平にあった臨鉄水島本線の
線路を、この丸っこいキハが走っていたということ!?

いまは、JR東日本千葉支社から転入してきた「国鉄型キハ」の最後の世代、
キハ37・38形が平日朝晩のラッシュ時に活躍中。
早起きして、ヒコーキの時間まで、キハの朝運用を追ったのだった。

続きを読む