So-net無料ブログ作成
検索選択

“同い年”、吊り掛け赤電撮影記(1)はままつ [その他の鉄話]

最近の電車は静かになったのだが、昭和30年台までに製造された電車といえば...
甲高い、盛大なモーター音と振動を振りまきながら、走っていた。
モーターの装荷方式から、これらを“吊り掛け駆動”という。

000_DPP_00001602.JPG
【2017年7月29日14時13分】 遠州鉄道線・西鹿島駅付近

路面電車を除けば、全国でも数えるほどになってしまったのだが...
昭和53年生まれの<変態鉄>は、まだ、“吊りかけ駆動”など、そんな名前も
知らなかった<ガキ鉄>時代、最後の活躍をする吊り掛け電車たちに乗車する
機会を得た。小学生の頃、そんな『古い電車』が奏でるサウンドに驚くとともに
その魅力に...

さて、「遠鉄30形」モハ25-クハ85編成。

1978年(昭和53年)、吊りかけ駆動の新製車としては最末期の車輌。
すでに、新型車輌の増備が完了し、通常の運用には入らなくなっているが...

「二度あることは三度ある」
2015年の夏、遠鉄電車の公式ウェブサイトに、この「25号特別運行」のリリースが
出たときは、正直、この“老兵”にとって有終、最後の走行だと思った。

でも...

特に廃車となったという情報を聞くことなく、2016年もまた、夏休みの土曜日に。
そして、今年で3年目。7月に入る頃から遠鉄電車のサイトをチェックしていた。

001_DPP_00001589.JPG
【2017年7月29日8時28分】 遠州鉄道線・新浜松駅

やはり、今年も!!
「夏休み特別企画 25号特別運行」として、昨年と同じダイヤで土曜日の3往復に。
仕事の日程を見ながら、7月29日の出撃と決めたのだった。

続きを読む