So-net無料ブログ作成

東京湾をぐるっと1周(3)赤い電車は白い線。<前編> [保存車・廃線跡]

  ♪ 横須賀から 汐入 追浜 金沢八景 金沢文庫 ~

と唄い出すのは百恵ちゃんの「I CAME FROM 横須賀」という曲。
“赤い電車は白い線”とか“快速特急”とか、京急電車を意識したのは明らかな
歌詞は阿木燿子さんによる。<変態鉄>が生まれる前年、1977年(昭和52年)に
発表された百恵ちゃんのアルバムの中に収録されている。

ちなみに、京急の「快速特急」(現在の「快特」)が誕生したのは、
1968年(昭和43年)頃のこと。当初は三浦半島方面への行楽列車という位置づけ。
いまよりも停車駅数も少なかったという。

01_DPP_5551.JPG
【2016年10月24日12時16分】 京浜急行電鉄久里浜線・逸見駅

現在でも、首都圏では珍しい、特別料金不要でありながら2扉クロスシート車の
2100形が運用されている(増発もあって、3扉車の運用が多くなったが...)。
ちなみに、“快特専用車”的な位置づけの車輌としては2100形で3代目となる。

そんな京急「快特」の初代“快特専用車”とも言えそうなのが、先代の600形。
ただ、<変態鉄>が小学校に上がる頃には京急での活躍に終止符を打っており、
この目で見ることはなかった。

そんな600形、なぜか保存例が少なくて。

続きを読む


nice!(23)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー