So-net無料ブログ作成

2017夏、中国地方へ(12)意を決して、千田車庫へ [イマドキのTRAMたち(路面電車)]

<鉄>として“車庫”というのは気になるもの。毎日、通勤で利用する井の頭線でも
富士見ヶ丘駅に隣接して車庫(富士見ヶ丘検車区)がある。
どうせ、停まっているのは1000系電車だけだが、やはり、ちょっと気になってしまう。

検査を終えた編成が“試運転”の表示で留置されていたり...
それが改造により、姿を変えていたときなどは気になってしまって、
「心中穏やかで無い」といった感じ。

他にも、普段は使われない車輌や事業用車なども気になるわけで。
初めて訪れる路線でも、車両基地には注目せずにいられないのである。
そういえば、拙ブログを初めて間もない頃に、こんな記事も書いている。
この記事にある貨車に、某所で再会したのだが...
(ひきつづき、過去記事に「nice!」、コメント歓迎キャンペーン を実施中です)

ただ、「安全上の理由」などで多くの車両基地は、高いフェンスと厳重な警備で
われわれ<鉄>を“拒絶”していて。そんな中、広電の3つの車庫は、どこも
事務所で一声かければ、車庫の敷地内に入ってカメラを構えられる...、
まさに<変態鉄>にとっては“驚愕の情報”だった。

でも、あくまでネット情報。初めてのときは、やはり緊張するもので...

01_DPP_00001920.JPG
【2017年8月31日11時09分】 広島電鉄・千田車庫(許可を得て撮影)

11時過ぎ、意を決して広電本社のドアを開けて窓口へ。
 「車庫で写真を撮りたいのですが...」
そんな<変態鉄>に、応対に出た職員は慣れた感じで
 「では、こちらへ...」

さぁ、お目当ての582号車を探そう。そう、思ったのだが...

続きを読む


nice!(19)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー