So-net無料ブログ作成

2017夏、中国地方へ(28)「同和鉱業片上鉄道」の名残を探して [保存車・廃線跡]

<変態鉄>はあまり好きでは無いのだが、“ニラレバ”というのがある。
中華料理店の定番メニューだろうか、レバーとニラの炒め物である。
一方、鱈の身とレバーを炒めたものが“タラレバ”である。

その“タラレバ”。
<変態鉄>が、つくづく思うのは「あと10年早く生まれていたら...」ということ。
そうしたら、ちょうど大学生になる頃に分割民営化を迎えていた。
ついでにバブル景気にも間に合って、もっと楽しく過ごせたのでは無いか...
と思ったりする。それこそが“タラレバ”!?

さて、ちょうど、<鉄>活動を本格化させ、全国を飛び回った頃に国鉄型が。
それに、その気になったら日帰りできる範囲に、こんなスゴい路線が現役で...

001_DPP_00002100.JPG
【2017年9月3日10時42分】 岡山県美咲町・柵原ふれあい鉱山公園(黄福棚原駅)

そう思う路線の1つが岡山県の東部を南北に走っていた“同和鉱業片上鉄道線”。
終点(の1つ手前)の旧吉ヶ原駅構内で月に1度、保存会による展示運転が行われる。
それが今回の目的の1つだったが、翌日に控え、その起点・片上駅跡を訪れた。

続きを読む


nice!(21)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー