So-net無料ブログ作成

消印の中の鉄道情景(55)東京流通センター内郵便局(東京都)【意匠変更】 [消印の中の鉄道情景]

シリーズ55回目となるこの記事、水曜日は久々にこの路線に乗って。

01_DPP1_00002454.JPG
【2017年12月6日12時31分】 東京モノレール羽田空港線
・流通センター-大井競馬場前(後追い)

流通センター駅のすぐ前、流通センターの中にある東京流通センター内郵便局へ。

さて、風景印というのは「風景入り通信日付印」の略称。
「日付印(にっぷいん)」というのは、郵便の“消印”のこと。

全国2万数千箇所の郵便局のうち、だいたい2~3割くらいの局に、周囲の名所や風景を
あしらった消印がある。もちろん、窓口から郵便物を発送するのに「風景印で!!」
とお願いするものだが、額面62円以上のハガキや切手を貼った紙を窓口に出して
そこに押印してもらうこともできる。

その“風景印”、調べてみると意外と改廃があるようで。
郵便局の新設、廃止、さらに改称というのは気をつけて探してみると、
意外と頻繁にあるようで。そのほかに、図柄として描かれていたもの自体に変化が
あった場合や、局の周囲に新しいランドマークといえるものができたときなど、
風景印を新規作成したり、意匠の変更を行うケースがあるようで。

東京流通センター内郵便局の風景印については、
2014年にこちらの記事でご紹介している。
そのとき、摩耗によるものか、印影が不鮮明になっていて...
とうとう今年9月に更新され、それに合わせて意匠が変更になり。
同じ局でも図柄が変われば、新たに紹介するということで。

続きを読む


nice!(22)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー