So-net無料ブログ作成

GWは恒例の「ことでんレトロ」(14)“讃岐で京急”琴平線編 <前編> [ことでん旧型たち [高松琴平電鉄]]

今日の話題に入る前に。
本当は、この記事の前に<速報版>が入るはずだったわけで。

6月10日は「路面電車の日」なのだそうだ。6 → 「ろ」と10 → 「て(で)ん」って。
かなり、こじ※※(← 「るり」でも「はる」でも無い)感の非常に強い語呂合わせ
ではあるものの...。この時期に全国の事業者で車庫公開などのイベントが開催される。
<鉄>の立場としては、10月の「鉄道の日」もそうなのだが、できれば、一時期に
集中させずに業界団体が音頭をとって“分散開催”にしていただきたいのだが...

03_DPP_00002022.JPG
【2017年9月1日14時56分】 広島電鉄・江波車庫

それにしても、梅雨時のこの時期に車庫公開が集中していても...、と恨み言。
阪堺電車も都営荒川線もこの土日にイベントが催され。今年、<変態鉄>は日本最大の
“路面電車王国”広島電鉄のイベントに行こうと思っていた。

航空券の手配もホテルの手配も終わって居たのだが...
天候や翌11日の仕事のことなどを考慮し、泣く泣く断念したのである。う~ん。
イベントには参加できないものの、いまのところ、今月末に訪問する予定。

DPP_00003556.JPG
【2018年5月5日6時35分】 高松琴平電鉄長尾線・高松築港駅

というわけで、引き続き、ゴールデンウィークの「ことでん」の話題。
初めて長尾線に乗り入れた「京急ラッピング」、瓦町で折り返して仏生山へと戻る。

続きを読む


nice!(19)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー