So-net無料ブログ作成
検索選択
水島臨海鉄道キハ20 ブログトップ
前の10件 | -

500 km先からお別れの一言。(水島臨海・キハ20の思い出) [水島臨海鉄道キハ20]

「国鉄」、“日本国有鉄道”という名称が消えて4月でちょうど30年になる。
30年前と言えば<変態鉄>が小学生だった頃。だから、国鉄の最末期というのは
ちょっとだけ記憶にある。

でも、その頃、よくわからなかったがTVのニュースで「国鉄」と聞けば、
大抵は「スト」の話題。朝から電車が停まって大混乱、果ては浅草橋駅に
火を付けて燃やしてしまったり...
幼心に、「国鉄」というのは大変なところなのか!? と思った記憶が。

ちょうどその頃、四国で1両のキハが廃車になっていた。キハ20 321号車である。
倉敷市の臨海部、水島工業地帯への通勤の足を担う水島臨海鉄道に譲渡され
同社キハ205号車として、それから30年、倉敷の街を走り続けてきた。

01_DPP_1165.JPG
【2015年1月18日10時58分】 水島臨海鉄道水島本線・水島駅

<変態鉄>が、この“水島キハ20”に初めて出会ったのは2000年春のこと。
ワンマン化改造もされず、車内の隅々まで「国鉄のかほり」が残っていた。

そんなキハに惹かれて、何度も倉敷を訪れていたのだが、最後まで残った
キハ205号車が今月限りで引退することになり、19日は水島本線で“お別れ運転”。
絶対に駆けつけたいと思っていたのだが、生憎、公休日は1日ズレて18日。
しかも、19日は午前出社の勤務シフトで...嗚呼。最後の勇姿を撮りに行くのは
叶わぬこととなってしまった。

ということで、ひとり勝手に、これまで撮った水島臨海鉄道キハ20形の姿を
振り返って。

続きを読む


2つの“現役最古の電車”を撮りに(10)水島駅にて [水島臨海鉄道キハ20]

※※ おことわり ※※

ソネブロのシステムメンテナンスが、16日早朝(15日の深夜)と17日午前中の
2回にわたって実施される予定です。いまのところ、閲覧には影響がないとの
ことですが、一部、閲覧しにくくなる場合などあるかも知れません。
あらかじめ、ご承知下さい。



3泊4日の撮影記が...すでに第10話。相変わらず、長くなるのは拙ブログの特徴。

DPP_00000186.JPG
【2016年12月20日8時03分】 阪堺電軌軌道上町線・北畠-姫松(後追い)

この“出撃”、ことでん、高松琴平電鉄の「レトロ電車」と、
大阪の阪堺電気軌道の「モ161形」、現役車輌としては最古の2つの電車を
撮りに行こうというのがキッカケだった。

でも、その“道すがら”、倉敷に立ち寄って水島臨海鉄道も...
冬季限定のキハ30もDD50型機が牽引する貨物列車も撮れて大満足だったのである。
この日のうちに、大阪まで移動しないと...

DD50牽引の港東線貨物に続いてやってくる、JRのDE10型が牽引する西岡山からの
水島本線貨物は水島駅ホームで待ち受けることにした。

続きを読む


2つの“現役最古の電車”を撮りに(9)この機関車も!! [水島臨海鉄道キハ20]

明日から“社会復帰(笑)”。「自宅でゴロゴロ」の期間が終わり、
日曜は会社で会議なのである。その会議、春からの業務内容の詳細をつめる
ものなのだが、その打合せの開催をお願いしたのが自分。
それなのに、その資料が全然仕上がっていないという...。

撮影記など書いている場合ではないのだが、でも、パソコンに向かうと
やはり、そちらに向かってしまうわけで...

さて、12月に四国から大阪を巡ったときの話題。
3日目の朝は倉敷の水島臨海鉄道を撮っていた。キハの朝運用に冬季限定の
キハ30 100号車を撮れて大満足だったわけで。

001_DPP_00000309.JPG
【2016年12月19日11時29分】 水島臨海鉄道水島本線・水島-三菱自工前

そうなれば、貨物列車も!!
日中だけでも数本のコンテナ貨物列車が設定されている同線、
そのうち、倉敷市中心部を目指さず、倉敷貨物ターミナルと東水島を往復する
“小運転”には、この個性派機関車が登板するのである。

貨物列車の「積み荷」のことを“財源”という。
ここの“財源”は、三菱自工前駅近くの自動車メーカー工場から出荷の軽自動車。
諸般の事情で、2016年にはこの工場が稼働を止めていた時期があり、
そう、自動車の生産状況によって走ったり、走らなかったりの列車なので...

続きを読む


2つの“現役最古の電車”を撮りに(8)ここまで来たなら臨鉄キハも。 [水島臨海鉄道キハ20]

「あれっ!? 水島臨海鉄道の撮影記なのに
どうして、トップ写真が小湊なの??」

と、なぜか今日のトップ写真はコレ。

000_DPP_00000299.JPG
【2017年1月13日9時44分】 小湊鐵道・上総山田-光風台

実は金曜の朝は小湊鐵道に“出撃”していた。

でも、それなら...、なぜ、<速報版>でないの??

そこはお察しいただきたい。近日中に“リベンジ”に行かねばならない...
そう思ったのだった。それにしても、さんざんな一日だったわけで。

s34_DPP_00000095.JPG
【2016年12月19日8時47分】 水島臨海鉄道水島本線・球場前-倉敷市

さて、12月17日から20日にかけて四国から大阪を巡った話題、
12月19日の「水島臨海鉄道撮影記」の続き。

続きを読む


水島臨海キハ205“最終戦”!?(81=おまけ)臨鉄キハ20形を初めてみた日 [水島臨海鉄道キハ20]

キハ205の最後の「鉄道の日 特別運行」の記事を書きながら、初めて水島のキハ20を
撮ったときのネガを探してみたのだった。

当時の<変態鉄>は写真よりも車内録音が中心の趣味活動だった。
早朝の吉備線が津山線急行間合い運用のキハ58系を中心とした6連と聞いて、
その車内録音に何度か訪れた。その“ついで”に水島本線の“のりつぶし”。

01_0Y6C8110.JPG
【2014年4月24日7時22分】 水島臨海鉄道水島本線・西富井-球場前

このとき乗ったのは、もちろん「水島色」のキハ20形2連。
自工前駅から水島駅まで歩いた事、そのときの記憶は朧気にはあったが...

他の記事の“ネタ探し”で久々に開けてみた「2000.12 九州」と書かれた封筒。
その中には、いまでは絶対に書かないような詳細なメモが。
意外なものまで“発掘”、まったく記憶に残っていなかった。

そのときの模様を当日の旅行メモから追ってみたい。

続きを読む


水島臨海キハ205“最終戦”!?(5=最終回???)何をしても... [水島臨海鉄道キハ20]

土曜日、本当は房総でキハと戯れようと(!?)。
でも、昨晩の天気予報によれば、一日中曇り、夕方には雨との予報で。
今日は、1年に一度だけの、ことでん長尾線での「レトロ電車特別運行」。

02_DPP_3891.JPG
【2016年5月1日7時11分】 高松琴平電鉄琴平線・太田-三条

「オマエ、しょっちゅう撮りに行ってるじゃないか!?」などと言うなかれ。
毎月一度の運行が行われるのは琴平線。沿線の秋のお祭りに合わせて、
そのレトロ電車が長尾線に入線するのが、10月のこの時期。

高松琴平電鉄、ことでん公式ウェブサイトにある「レトロ電車特別運行」の
スケジュールにも直前になるまで掲載されないという、自分にとってなかなか
難易度の高い被写体でもある。だから、「いつか行きたい!!」のまま。

もし、何かの間違いで大金を手にすることでもあれば、「ことでん」にお願いして
長尾線でレトロ電車を撮影用にチャーターしたいくらい。

そう、今回の倉敷での水島臨海鉄道撮影記、初回にも書いた通り、あと少しのところで
「ことでん」撮影記に変わっていたかも知れなかった。
水島臨海鉄道での撮影が“撃沈”続きだと

「もし、あのとき、OKJの滑走路がもう少し閉鎖されていたら...」

などということも考えたくなってしまう。そんな性格の<変態鉄>。
今日で、この撮影記を締めくくりたい。「うまくいかない日」というのは
何を撮ってもうまく撮れないものなのである。

続きを読む


水島臨海キハ205“最終戦”!?(4)2つのイベント会場を。 [水島臨海鉄道キハ20]

<変態鉄>が、職員に顔を覚えられてしまうくらいにまで、
水島へと撮りに通い続けるキッカケになったのは、旧国鉄のディーゼル動車、
キハ20形であるというのは疑いようがない。

ディーゼルエンジンと液体変速機(トルコン)、国鉄の技術開発は苦戦続き。
でも、無煙化(蒸気機関車の全廃)にはディーゼル動車の普及が急務とされた。
だから、腰を落ち着けて新型エンジンを開発する余裕などあろう筈が無く、
昭和40年代一杯まで、ローカル用から急行用、はては特急型に至るまで、
戦前に試作が終わっていたDMH17型エンジンを採用した車両が大量に製造された。

前身のGMH17型エンジン(ガソリン動車用)の開発から約80年、ディーゼル用に
改められてからも70年ほどになる、もはや、アンティークといったエンジン。

<変態鉄>からすれば、180馬力の非力なエンジンが唸りを上げて...とか、
停車時の“カランカランカランカラン......”というアイドリング音が堪らないが、
でも、さすがに保守の限界に達しているようで。JRからは事実上姿を消し、
私鉄にいた仲間もひとつ、またひとつと...

でも...

IMG_3641.JPG
【2015年3月26日14時09分】 小湊鐵道・上総大久保-月崎

車体スタイルはちょっと違うのだが、キハ20形と“親戚”ともいえそうな車両が。
観光列車用以外の営業用車両全車がDMH17型エンジンという“キハの楽園”のような
路線が東京から1時間ちょっとのところにあるのである。

来週は仕事がお休み、その路線に出撃しようと画策中。
クルーズトレイン「四季島」にも「カシオペア」にも、全く興味を示さず、
ひとり我が道をゆく、それが<変態鉄>なのである。

水島臨海鉄道キハ205の“最後の撮影記”は寂しい内容となってしまった。
でも、イベント会場を巡って...

続きを読む


水島臨海キハ205“最終戦”!?(3)あぁ撮影撃沈記。 [水島臨海鉄道キハ20]

自分の撮影というのは...。なぜか不思議なもので、まぁ大した腕前ではないが
でも、撮っている自分として、ほぼ思い描いた通りの写真を連発、気持ちよく
過ごせる日と、その正反対。撃沈に次ぐ撃沈で、もうどうしようもない1日と。
“会心の1枚”と“大撃沈”がほどよく混ざる(?)、という日はなかなか無い。

実はこの日の撮影は、どう考えても後者だった。水島臨海キハ205号車を撮るのは
これが最後だったかも知れない...、そんな時に限って、である。嗚呼。

01_stamp_staiton.jpeg

さて、この日、水島駅のコンコース部分では過去のイベントでも出された
水島地区(弥生-水島間)の高架・駅開設の記念スタンプが再登場していた。

撮影に行ったはずなのに、そういったイベントの方が楽しかったという...
何とも不思議な日だったのである。

ということで、撃沈の言い訳を。

続きを読む


水島臨海キハ205“最終戦”!?(2)勝負の朝。 [水島臨海鉄道キハ20]

いくら撮り慣れた車両だからと言って...

08_DPP_3268.JPG
【2016年1月17日12時39分】 水島臨海鉄道・倉敷貨物ターミナル

撮影記のトップ写真が過去の撮影会のものというのも。
でも、それは自分の腕の未熟さゆえか、もしかしたら最後の撮影機会だったかも
知れない今回の運転日。残念ながら思い描いていた1枚は撮れずじまいだった。

でも、倉敷市駅、水島駅、本店と3箇所に分かれたイベント会場を巡り、
存分に楽しんできたのは確か。

さぁ、キハ205の(もしかしたら)最後の運転日に出撃である。

続きを読む


水島臨海キハ205“最終戦”!?(1)倉タは遠かった [水島臨海鉄道キハ20]

<速報版>にも書いたが、当日、イベント会場で臨鉄職員の方に伺うと、
来年3月で検査期限を迎えるのが、キハ205号車、1965年生まれ齢50歳のキハ、
そこで半世紀にわたる現役にピリオドを打つことになるのは、間違いないみたい。

「解体だけはしないように、いま...」、廃車後の“処遇”についても
さまざまな案について検討がなされているとは、そのときのお話を通じての
<変態鉄>が受けた感触である。年度末、好運にも自分の仕事が空いている日に
“お別れ運転”を実施してくれたら...
そんなことも期待しながら続報を待つだけである。

01_kiha_stamp.jpeg

“最終運転”になるかも知れない今回の運転、それだけに今シーズンの
キハ205運転日に“日替わり”で登場してきたスタンプも勢揃い。
オリジナルのスタンプ用紙も用意されていて...、存分に捺してきたのである。

続きを読む


前の10件 | - 水島臨海鉄道キハ20 ブログトップ