So-net無料ブログ作成
水島臨海鉄道キハ20 ブログトップ
前の10件 | -

20171015「鉄道の日」イベント @ 水島臨海鉄道(81= 最終回 =) [水島臨海鉄道キハ20]

<鉄>なら、ご存じのようにJRの愛称が付与される列車名、下りは1号から奇数で、
上りは2号から偶数で付番される。そんな中で「臨時」は81番から付番される。
(昔は「51号」から、一部の場合は「91号」から付番されるのが慣例になっている)

<変態鉄>が、まだ<変態ガキ鉄>だった頃には、東京駅、上野駅から各地に向かう
夜行列車が多数走っていた。それらにも、12系や14系の座席車だけを連ねた輸送力便
として増発列車が。急行「能登81号」の12系で富山に行ったのも、急行「銀河81号」
の14系座席車で大阪に行くのに、眠れなくて難儀したのも懐かしい思い出。

そんなわけで(?)、10月15日の出撃記、第81話、ではなくて「増発」として。
こんなことを記事にして発表してしまって良いのか...という良心の呵責に苛まれつつ
当日、ゲットしてきた各種、グッズ類を“御開帳”したい。

01_DPP_00002325.JPG

<変態鉄>のカメラバッグには、トートバッグを“内蔵”している。
そう、撮影に行って手に入れたグッズ類を持ち帰るためである。西日本方面の
鉄道会社のイベントに参加すると、バッグが一杯になっていることが多いのが不思議。

関東地方のイベントだとなかなかそういうことは無いのだが...

続きを読む


nice!(23)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

20171015「鉄道の日」イベント @ 水島臨海鉄道(8) [水島臨海鉄道キハ20]

さて、昨日は突然の“出撃”(?)で1回お休みをいただいた、この話題。
10月15日の水島臨海鉄道・倉敷貨物ターミナルでの「鉄道の日」イベント。

s6_DPP_00002163.JPG
【2017年10月15日13時46分】 水島臨海鉄道・倉敷貨物ターミナル

最後になるかも知れないキハ205の「勇姿」、存分に楽しんで倉タを
後にしたのは14時。降り止むことの無い雨の中、傘をさして、倉タをぐるっと
回って自工前駅に向かうのだが...

キハの居るあたりを一望できる“いつもの場所”付近に来たときだった。
キハ205号車が「体験乗車会」のときの“3両編成”に組成し直されて、
動き出したのだった。

続きを読む


nice!(20)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

20171015「鉄道の日」イベント @ 水島臨海鉄道(7) [水島臨海鉄道キハ20]

早起きできれば出社前に“出撃”しようかと思っていたのだが...
そう、<鉄>の間で言う“朝練”というヤツ。“夜行列車”自体は絶滅危惧...
でも、そんな中、朝の東京でちょっと撮ってみようかと思う列車があった。

ただ、31日の朝、目覚めたときには既に通過時刻が近づいており。
間に合わなかった。でも、それは基本的に毎日走っている列車。

大相撲が始まって<変態鉄>の“出撃自粛期間”にかかっても行ってこられる。
近々、「まさか!!」という被写体を狙ってみたい。

009_DPP_00002252.JPG
【2017年10月15日11時31分】 水島臨海鉄道・倉敷貨物ターミナル

さて、10月15日の水島臨海鉄道・倉敷貨物ターミナルでのイベントの話題も後半戦。
13時「乗車体験」の終了後は、DD50とキハが解結され、ホーム周囲で撮影会が
催された。もちろん、多くの“同業者さん”がキハの周囲に集結。

でも、DD50ディーゼル機関車も、この機会にじっくり撮っておかないと。

続きを読む


nice!(22)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

20171015「鉄道の日」イベント @ 水島臨海鉄道(6) [水島臨海鉄道キハ20]

出撃を直前でキャンセルした、ことでん長尾線のレトロ電車特別運行。
今年は、三木町のお祭り自体が荒天で中止となり、いったん仏生山から瓦町へ
回送されていたレトロ電車も、そのまま運休になったとのこと。
不謹慎な言い方ながら、「行かなくて良かった」なのである。

でも、実は懲りずに、今週末も“出撃”しようともくろんでいた。

01_DPP_5034.JPG
【2016年7月31日10時37分】 富山地鉄立山線・釜ヶ淵-沢中山

いまでは珍しくなった「夏ダイヤ」「冬ダイヤ」の区別があるのが富山地方鉄道。
その夏ダイヤ期間(4月~11月)の土休日に設定されるのが、特急・第TY3列車。
運が良ければ(← 当日の運転士さんの気分次第)、「立山号」の大型ヘッドマーク。

仕事の予定を確認しながら、5日(日)に富山へ日帰り“出撃”を模索していた。

でも...

続きを読む


nice!(20)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

20171015「鉄道の日」イベント @ 水島臨海鉄道(5) [水島臨海鉄道キハ20]

どうせ、シロートの会社員が趣味で書いているブログなので、誰も内容には
期待していないと思うのだが...

でも、拙ブログ。時折、意外なところで「見てますよ!!」と言われて焦ることが
あるのだ。“業界関係者”の方にもご覧になっている方もいらっしゃるようで。
自分も読んでいるような<鉄>関連の商業誌から記事を依頼されるような方だったり
あるいは本職の鉄道マンの方だったり。そういうときは、ただただ冷や汗である。

というわけで、できる範囲で...はあっても、恥ずかしい記事を書かないように
気をつけて。いろいろ調べてから記事を書くようにしている。

今回の、10月15日のイベントの話題も悩ましかったのは、この機関車。

s7_DPP_00002164.JPG
【2017年10月15日13時54分】 水島臨海鉄道・倉敷貨物ターミナル

DD50形式は水島臨海鉄道...というか、その前身の倉敷市交通局が発注した
オリジナルの機関車である。でも、その詳細というのは自分にとっては
分からない部分が多くて。

実は、金曜日に都営交通の1日乗車券を買って都内を彷徨いていた話題を
ご紹介しているが...

続きを読む


nice!(19)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

20171015「鉄道の日」イベント @ 水島臨海鉄道(4) [水島臨海鉄道キハ20]

やはり、自宅にいても気になってしまって。でも、今日は関東地方もほぼ1日中
ずっと雨模様。なぜか昨晩は眠れず、替わりに28日は朝食の後、寝てしまって...
気づいたら新潟のメインが発走するところだった...。う~ん。

昨日は「ブログ開設6周年」等と言いながら、ということで相変わらず
自堕落な生活を続けている<変態鉄>である。雨が降れば<撮り鉄>としては...

001_IMG_20171026_0002.jpg

そういえば、こちらも雨の中での撮影だった。
10月15日の水島臨海鉄道・倉敷貨物ターミナルでの「鉄道の日」イベントの話題。



写真撮影もあったが、やはりこのサウンドも。11:15の体験乗車の第2便。
キハ205の倉敷市側のドア付近に立って。キハのDMH17Cエンジンがあるのは
下り方の床下。DMH17CエンジンよりもDD506号機のDMF31SBエンジン。

貨物用ディーゼル機関車のエンジン音に「アルプスの牧場」のオルゴール。
子どもたちのはしゃぎ声。「今日は...え~と...」、リラックスした感じの
車内放送。イベントらしいサウンドが録れたのだった。

続きを読む


nice!(22)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

20171015「鉄道の日」イベント @ 水島臨海鉄道(3) [水島臨海鉄道キハ20]

出撃の時は刻一刻と近づいてきている。そう、今週末の高松琴平電鉄長尾線の
レトロ電車特別運行に“参戦”を決めた<変態鉄>であるものの、そこに不安材料。

01_DPP_3963.JPG
【2016年4月30日12時30分】 高松琴平電鉄・仏生山車両所東工場

こんな晴天の下で撮ってみたかったのだが...
その“不安材料”というのは、もちろん「台風22号」。当初の予報よりも
少し遅れて日曜日に接近する...みたいな状況になってきたが、土曜日から雨に
なりそうで。白山バックの構図はちょっと期待できそうに無く。

雨の夕方の撮影...、なかなか辛いものなのだが。はたして。

さてさて、でも、こちらは引き続き15日の水島臨海鉄道の話題。

続きを読む


nice!(23)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

20171015「鉄道の日」イベント @ 水島臨海鉄道(2) [水島臨海鉄道キハ20]

何だか週末の天気がビミョーなことにもなってきていて。晴れとは言わない。
せめて、新幹線やヒコーキがスケジュール通りに動いて欲しい。それを願うだけ。

出撃予告、<速報版>と話があちこちに飛んでいるが、もとに戻って。
15日の水島臨海鉄道の話題。

001_DPP_00002231.JPG
【2017年10月15日13時57分】 水島臨海鉄道・倉敷貨物ターミナル

8時半の三菱自工前駅に到着、会場の倉敷貨物ターミナルは本当はすぐ隣なのだが
ターミナルの一番奥までいかないと踏切が無く。キハや機関車のまわりを1周する
ような形で800 mほど歩かないといけない。

日曜とあれば工業地帯の広い街路を走るクルマなどあろうはずもなく雑草が
ボーボーの路肩を避けて、皆さん、車道を歩いて。

続きを読む


nice!(21)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

20171015「鉄道の日」イベント @ 水島臨海鉄道(1) [水島臨海鉄道キハ20]

10月14日は「鉄道の日」、もともとは“鉄道記念日”という国鉄内部の記念日
だったはず。旧暦の関係で日付は一致しないのだが、明治時代、新橋と横浜の間、
官営鉄道の最初の区間が開業した日である。

90年台に入って、お役所主導で全国の鉄道事業者に大号令!!
「10月14日(の前後)にイベントをやりなはれ!!」と。
そのおかげで10月、11月というのは<鉄>にとっては散財必至の忙しい時期に
なってしまったのである。
毎週末のように、どこかで車両基地公開などのイベントが催されている。

「ウチの会社なんて、10月14日に合わせてイベントやっても、
どうせ、みんな他所に行っちゃって誰も来ないから~」

担当者の方に伺うと、そんな自虐ネタで周囲の笑いを誘いながら、11月に入って、
かなりディープなイベントをやる鉄道会社もあるが...(← どこでしょう!?)
今年は、その10月14日が土曜、ということもあって、14・15が“イベント・ラッシュ”

001_DPP_00002221.JPG
【2017年10月15日13時37分】 水島臨海鉄道・倉敷貨物ターミナル

10月15日、<変態鉄>の仕事の休みにピッタリ合わせて...(← 自意識過剰!!)

公式サイトに告知が出て以来、楽しみにしていた。
もちろん、倉敷貨物ターミナルで行われる水島臨海鉄道「キハ205体験乗車」に
“参戦”を決めたのである。

9月14日の出社前、新宿駅の“みどりの窓口”に立ち寄ったことは言うまでもない。

続きを読む


nice!(19)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2017夏、中国地方へ(36)この貨物もキハも撮りたかった。 [水島臨海鉄道キハ20]

<撮り鉄>の朝は早い。普段はわずかの差で“断念”している、あの列車も...
陽が短くなっていくこの時期、今シーズン最後の撮影機会とあれば。

ただ、<徒歩鉄>の自分にとって常に苦労させられるのは撮影地までのアクセス。
先行列車で撮影地に赴くのが原則だが...

早朝とあっては普段よりも列車間隔が開いてしまう。それならば...

001_DPP_00002177.JPG
【2017年9月4日7時49分】 水島臨海鉄道水島本線・福井-浦田

撮影地が浦田駅周辺に限定されてしまう...という欠点はあるのだが、
朝一番で西岡山からやってくる貨物列車、第3091列車を撮れるプランで。

続きを読む


nice!(19)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - 水島臨海鉄道キハ20 ブログトップ