So-net無料ブログ作成
検索選択
保存車・廃線跡 ブログトップ
前の10件 | -

サクラ咲く、富山へ(10)雨の神岡を後に。 [保存車・廃線跡]

明日、というか、今日というか...
29日は両国の国技館で「稽古総見一般公開」。始発で駆けつければ、枡席で
幕内までの稽古風景を見られる格好のチャンスなのだが、今年は...

29日も通常勤務なのである。嗚呼。

五月場所まで、あと半月。やはり、気になるのは横綱 稀勢の里だが、
高安の大関昇進も気になるわけで。初場所、三月場所と盛り上がっていた。
はたして、今場所は。稽古総見一般公開の模様はTVのニュースで確認するしかない。

そんな5月場所が話題になる時期がやって来ても拙ブログは、相変わらず、
サクラの時期の話題がたまっている。

001_DPP_00000957.JPG
【2017年4月8日14時32分】 旧神岡鉄道・神岡大橋駅

4月8日の「おくひだ1号」撮影記。いよいよ、この日の最終運転である。

続きを読む


サクラ咲く、富山へ(9)体験乗車会撮影記 [保存車・廃線跡]

昨日は“移籍”して再び走り出すキハの話題をご紹介したが、
でも、昨晩、ネットを見ていたら関東鉄道の公式サイトに、このキハの...

03_DPP_2147.JPG
【2015年7月21日8時47分】 関鉄常総線・小絹-水海道

「おくひだ1号」と同様に国鉄型キハの廃車発生品を使って製造された
関鉄常総線キハ310形、JNRマークの入った備品が残っていたり、放送マイクには
“アルプスの牧場”のオルゴールがちゃんと付いていたり...

勝手に「準国鉄型」などと名付けて、イベント時を中心に撮りに訪れては居たが、
2月に新型車がデビュー、自社発注の2000番台の形式番号をもつ新型車だけで
運用を賄えるまでになって...

5月下旬に「乗り納め!?」と題された乗車撮影会イベントが行われると。
そう、4月から勤務シフトが変わって、今年度は土曜日に勤務が。嗚呼。
これまで何度も撮ってきたキハ、水島キハ205も、関鉄キハ313+キハ314も。
時の流れとはいえ、何度も乗りに、撮りに通った車両のお別れイベントというのは
寂しいもので。

たぶん、関鉄キハ313+キハ314編成は、同社の、これまでの例から考えると
当分の間、水海道車両基地で保留車扱いで置いておかれるのだろうが...。

撮りたい列車が1つずつ無くなっていくのである。

001_DPP_00000953.JPG
【2017年4月8日13時34分】 旧神岡鉄道・神岡大橋-奥飛騨温泉口

さて、今日の話題。廃線から11年、奇跡の復活、本線運転を果たしたのは
旧神岡鉄道のKM-101「おくひだ1号」、4月8日のことだった。
午後からは5往復の「体験乗車会」。もちろん、カメラを持って線路際へ。

続きを読む


サクラ咲く、富山へ(8)運命の大抽選会!? [保存車・廃線跡]

今日の話題に入る前に。

最近、全国の<変態鉄>たちが...、いや、そんなの東京に1人居るだけだが...
一部の<鉄>たち、キハ好きたちを興奮させているのが、こちら。
そのあおりを受ける形で、拙ブログの閲覧数(PV)も普段より多め。

000_0Y6C0598.JPG
【2014年1月1日11時17分】 烏山線・大金-鴻野山

さて、その話題の中心は今春まで栃木県の烏山線を走っていたキハ40形。
このうちの1両が、今年度中に山口県の錦川清流線に“移籍”するらしい。

いや、烏山線は2~3回、撮影に行ったことがある。でも、錦川清流線は未乗路線、
そんな<変態鉄>のブログが、なぜ!?

続きを読む


サクラ咲く、富山へ(7)奥飛騨温泉口駅っ!! [保存車・廃線跡]

昨日、月曜日、会社に向かう前に新宿のCanonサービスセンターに立ち寄って。
予定より早くEOSくんを引き取ってきたのである。

3月、4月と<変態鉄>のまわりのものが壊れることが続いていて。

3月に三脚を破損、4月にはカメラ、コンパクトフラッシュの一件もあったし...
“修理費”として諭吉さんが両手の指で数えられないだけ去っていった1ヶ月間。

このほか、自宅で長年愛用した湯飲み茶碗を落として割った。それから
先週は会社で壁掛け時計を落としてガッシャーーーンとやってしまって。
自分の周囲で、何もかも壊れていくのである。

「俺自身が壊れるんじゃないかぁ!?」
そんな感じ。でも、もう壊れているかも。

もうすぐ5月、来月こそは何も壊れない1ヶ月にしたいと思うのだが...

でも、拙ブログは相変わらずサクラの時期の話題。

001_DPP_00000931.JPG
【2017年4月8日10時49分】 旧神岡鉄道・神岡大橋-奥飛騨温泉口

旧神岡鉄道・奥飛騨温泉口駅にいよいよ「おくひだ1号」が“帰還”するのである。

続きを読む


サクラ咲く、富山へ(6)さぁ、出発っ!! [保存車・廃線跡]

最近、また仕事が多忙で...
「景気が良くて...」ということでは決して無い。でも、なかなか時間がとれなくて。
趣味活動においては拙ブログの記事を更新するので精一杯。

そんな中、毎日、コメントや「nice!」を頂戴しており、でも、何もできていなくて。
何だか申し訳ない限り。時間ができたら、何とか皆さんのブログへ...と思いつつ、
自宅に持ち帰った仕事を片付けているうちに時間だけが過ぎていって。

どうやら、大型連休の“ことでん”までは、この忙しさが継続しそうな模様で。
そんな中、5月になるのとともに久々に「あの路線」を撮りに行こうかと。

さて、引き続き、4月8日の「おかえりなさい! おくひだ1号」の話題。

001_IMG_20170422_0001.jpg

あの日、<変態鉄>が「神岡営業所」バス停でバスを降りたのを“衝動的”と
言ったのは、この「整理券」のため。この抽選券を手にするために“出発式”は
スルーして、旧奥飛騨温泉口駅に直行する予定だったのである。

とはいえ、<速報版>にも「乗車できた」という話を書かなかったということは...

続きを読む


サクラ咲く、富山へ(5)神岡鉱山前駅 [保存車・廃線跡]

土曜日の午後、Canonのサービスセンターから電話があった。
予定より少し早く、EOSくんが戻ってくることになったのである。
これで大型連休の“ことでん”には問題無さそうなのだが、でも、心配なのは
拙ブログである。毎度のこととはいえ、このシリーズも異例の長編になりそう。

2泊3日の撮影記をどれだけ引っ張るのか...相変わらずの<変態鉄>なのである。

でも、この富山の撮影記のあとには...

001_DPP_00000961.JPG
【2017年4月14日15時36分】 小湊鐵道・上総久保駅付近

まずは、4月14日の小湊鐵道撮影記。菜の花とサクラのシーズンに“滑り込みセーフ”
その模様も記事でご紹介したいし...

002_DPP_00000962.JPG
【2017年4月16日11時02分】 都電荒川線・向原-大塚駅前(後追い)

16日の都電荒川線撮影記。ビッグチャンスは逃してしまったが、良い記録になった。
この模様も。ということで、急がないといけないが、まだまだ続く4月8日の
神岡での撮影記。

朝9時、出発式の1時間前、神岡鉱山前駅の車庫側の線路から手前側への転線作業。
いよいよ、多くのギャラリーに見守られ、「おくひだ1号」が再始動である。

続きを読む


サクラ咲く、富山へ(4)かみおか。 [保存車・廃線跡]

岐阜県の最北、富山との県境近く神通川の支流が流れる小さな町が「神岡」。
現在は飛騨市内にあたる。最近は、“スーパーカミオカンデ”で有名だが、
やはり、何と言っても鉱山の町である。

2001年まで、採掘が行われた三井金属神岡鉱山は亜鉛や鉛、銀の採掘で知られ
<変態鉄>がその名を知ったのは、小学生のとき“四大公害病”の1つとして
神通川流域の「イタイイタイ病」の話を聞いたときだった。
亜鉛鉱の廃液に含まれるカドミウムが原因とされる。

001_DPP_00000922.JPG
【2017年4月8日9時06分】 旧神岡鉄道・神岡鉱山前駅

2006年まで、高山本線の猪谷(富山市)から分岐し、その神岡鉱山の茂住を経て
神岡の中心街を通り、奥飛騨温泉口駅まで20 kmあまりを結んだのが神岡線。
国鉄末期に第3セクターに転換されたが、2006年に廃線となる。

<変態鉄>は大学生の頃に一度だけ訪問している(→ こちら)。

「おくひだ1号」「おくひだ2号」と名付けられた個性派ディーゼル動車が
廃線後も車庫内に非公開で保管されているのは耳にしていたが、まさか...

続きを読む


灯台モトクラシー(5)昭和の杜 <後編> [保存車・廃線跡]

学生時代、授業中に眠くなったとき。目を覚ましてノートをとろうと必死になって。
そういうとき、後から見返したら何を書いたか意味不明なことがフニャフニャと
書かれている...、そんなことって、皆さんには無かっただろうか。

<変態鉄>にはそういう経験がたくさん。

文字がだんだんヘロヘロになって、力なく鉛筆の線が途切れる...など日常茶飯事。
幸い、ほぼ判読不能な文字で、でも、周囲に見られては困るようなコトバが
書かれていて、ひとり顔を真っ赤にしながら消しゴムで消していたり。

04_DPP_3666.JPG
【2016年4月3日10時20分】 水島臨海鉄道水島本線・弥生-浦田

仕事を終えて帰宅してからパソコンを開いてブログを書いていると、
時折、そんなことがある。昨日の水島臨海キハ20の記事は、事前に書き上げて
予約投稿でアップした記事なので、そんな心配は無かったのだが、
その前日は...。ウトウトしながら、睡魔と闘いながら書き上げた記事。

「もうちょっと、ちゃんと調べて書けば良かった」
と、思う箇所も多々あるのだが、そのままにしてしまった。

ということで、「昭和の杜展示館」に保存されている鉄道車両の話題。2回目。

続きを読む


灯台モトクラシー(4)昭和の杜 <前編> [保存車・廃線跡]

仕事がぁ...と書いても仕方ないのだが、でも...
いまからでも、駆けつけたい撮影地はある。でも...

3月から4月にかけては、非常に忙しい時期が続くのである。
「忙しい」というより、“時間がかかる”というのが正確かも知れない。

稀勢の里にとって横綱として初めて迎えた今場所、その活躍も気になるのだが、
早朝3:45からの某公共放送「大相撲 幕内の全取組」で確認するのが精一杯、

そんな中、夕食を済ませると日付が変わっていて、その「幕内の~」が始まる
までに拙ブログ記事を書いてアップするという日々が続いている。
皆さんのブログにお邪魔している時間もなかなかとれず...
本当に申し訳ない次第。

さて、そんな愚痴を言っていても...

001_DPP_00000789 (2).JPG
【2017年3月3日13時30分】 千葉県松戸市・昭和の杜展示館

3月3日のお出かけの話題。松戸市郊外の「昭和の杜展示館」を訪れた。
営団2000形、というか、銚子電鉄1001号車の姿はすでに記事にしたので、
その他の展示物の話題を<鉄>系に絞って...

続きを読む


20170225_筑西ディープ<鉄>(6) [保存車・廃線跡]

仕事の方は地味に忙しい日々が続いている。今月は平日に休みがとれる機会が
何度かあるのだが、なかなか<鉄>活動ができるだけの余裕は無さそうで。

本当は、今週、休みを調整して2~3日「ちん電」を撮りに大阪に行こうかと
思っていたのだが、どうやら...。
せめて小湊キハを撮りに行きたいとは思っているが、果たして如何に。

さて、そんな中、まだまだ続く2月25日の下館訪問記。

001_DPP_00000721.JPG
【2017年2月25日13時03分】 茨城県筑西市村田付近・ザ・ヒロサワシティ

「ザ・ヒロサワシティ」に保存されている車両たちの話題、2日目である。

続きを読む


前の10件 | - 保存車・廃線跡 ブログトップ