So-net無料ブログ作成
保存車・廃線跡 ブログトップ
前の10件 | -

2017夏、中国地方へ(35)つやま駅 [保存車・廃線跡]

試しにネット検索で「岡山県下第二の都市」と入れてみた。
結果は予想通り(?)、共通して“倉敷市”としていた。ちなみに、岡山県に限らず
中国地方全体で見ると、やはり広島、次いで岡山。他県の県庁所在地を差し置いて
第3の都市とされるのが倉敷市なのである。

でも、歴史的にみると「津山」も忘れてはいけない。今では典型的な地方都市だが
城下町として栄え、城跡は現在、サクラの名所としても知られている。
<鉄>にとっては“陰陽連絡の拠点駅”として。

姫路と新見、中国山地を縫うようにして走る姫新線が東西に横切り、
岡山と津山を結ぶのが津山線、そして、津山から鳥取に向かうのが因美線。
津山駅は東西南北、4方向からの列車が乗り入れ。

01_IMG_1536.JPG
【2008年5月9日15時33分】 因美線・美作河井-知和

その全てがキハだった。少し前の記事で「自分が、あと10年早く生まれていたら
趣味活動の面では非常に魅力的な列車などが残っていて...」という話を書いたが、
白地に赤文字の「急行」の表示、キハ58系急行型ディーゼル動車の長編成。
そんなシーンを実見できたのかも知れない。

いまでは1~2両のキハによるワンマン列車が発着するだけ。
でも、かつて、陰陽連絡の拠点として賑わった駅前には...

続きを読む


nice!(21)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2017夏、中国地方へ(33)吉ヶ原、寸景 [保存車・廃線跡]

この記事がアップされる頃、自分は寝台列車の車内で...

08_DPP_3871.JPG
【2016年4月3日6時16分】 山陽本線・岡山駅

ちょうど倉敷に向かっているはず。どうやら天気は絶望的ではあるものの、
久々のキハ205との再会。雨に備えて、カメラの防水シートも入れてきた。
1枚でも多く...、水島のキハたちを楽しんできたい。

何だか、岡山の<鉄>の話題ばかりになっていて、「一体、どこの人??」状態だが
でも、来週には関東地方の<地元鉄>の話題も、取りあげられそう...。

さてさて、引き続き9月3日の吉ヶ原の話題である。

続きを読む


nice!(19)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2017夏、中国地方へ(32)3両のキハたち。 [保存車・廃線跡]

う~ん、残念ながら「間に合わなかった」!?
まだまだ続く9月3日の柵原ふれあい鉱山公園での旧同和鉱業片上鉄道の
保存運転の話題。この翌日、4日の朝に水島臨海鉄道キハの朝運用を撮って、
そこから羽田に向かったのだが、その話題を紹介する前に水島臨海鉄道を
再び訪問する日がやって来てしまった。

相変わらずだが、1回の出撃で引っ張り続ける拙ブログ、ちなみに、一度の“出撃”
に関する記事で最も長かった(回数が多かった)のは2015年10月の四国訪問記。
このときは全34回(→ こちら)、10月の撮影記をクリスマスまで引っ張った。
間違いなく、それを上回りそうな勢い。広電の話題を引っ張りすぎた!?

でも、楽しかったのだから仕方ないのである。

さて、その片鉄の保存運転の話題。

001_IMG_20171013_0001.jpg

毎回、写真が変わる「1日会員証」。ちなみに、この“鉄道”は交通機関では無い。
もちろん、「乗車券」を販売して有償で人やモノを輸送することはできない。
だから、保存会の「1日会員」になることで“乗客役”で保存運転に参加するという
形がとられるのは、他の、このような動態保存と同じ。

毎回写真が変わるという写真、今回はキハ312号車の走行写真が選ばれていた。
“黄福棚原”のスタンプ入りのものを手にすることができた。

続きを読む


nice!(22)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2017夏、中国地方へ(31)お昼休みに... [保存車・廃線跡]

いよいよ今週末に迫ってきた、水島臨海鉄道のイベント。
特急寝台「サンライズ出雲」号で現地入り、事実上の日帰りという強行軍だが
キハ205と再会してきたい...と思っている。

でも、心配なのは天気。
雨の中の撮影というのは、やはり辛いのである。
しかも、こういうイベントの場合。人が多く集まる訳で...。あぁ、憂鬱。

03_DPP_3257.JPG
【2016年1月17日11時54分】 水島臨海鉄道・倉敷貨物ターミナル

ドン曇りでも、雨さえ落ちてこなければ撮影は大丈夫なのだが、こればかりは。

とはいえ、拙ブログ。いまだ9月アタマの撮影記が続いている。
9月3日、岡山県美咲町の柵原ふれあい鉱山公園での旧同和鉱業片上鉄道の保存運転。
前回のキハ702、今回はキハ303と2両撮ることができて。

ただ、この朝のキハ303、青空が広がると逆光になってしまって、なかなか上手く
撮ることができず、消化不良の感じのまま、午前中の運転が終わろうとしていた。

続きを読む


nice!(24)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2017夏、中国地方へ(30)午前はキハ303 [保存車・廃線跡]

吉ヶ原の展示運転は午前10時から午後4時までに昼休みを挟んで9往復の運転。
大雑把に言えば、動態保存されている旅客列車は、キハが3両と客車列車
(DD13ディーゼル機関車が牽引する)の4種類。その中心は、やはりキハ。

001_DPP_00002114.JPG
【2017年9月3日10時49分】 岡山県美咲町・柵原ふれあい鉱山公園(黄福柵原駅)

動態保存のキハ3両は“三車三様”、黄福柵原駅に留置中のキハ312号車だけは
戦後の自社発注車。あとの2両は国鉄の内燃動力車黎明期を代表する2形式。

前回の訪問時は1936年(昭和11年)製のキハ702号車を楽しんだ。
この朝は...

続きを読む


nice!(24)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2017夏、中国地方へ(29)そして、再びの吉ヶ原へ [保存車・廃線跡]

自分が本格的に(?)<鉄>活動を始めたのは90年台後半。
高校生から大学生になって行動半径が広がってから。特に大学時代はバイトで
貯めた“軍資金”で、時間を見つけては全国各地へ。

そのときにも国鉄型をはじめ、魅力的な車両たちは(今思えば)たくさんあった。
でも、そのことに気づくことができたときには、既にその姿は無く...

01_DPP_00002101.JPG
【2017年9月3日10時48分】 岡山県美咲町・柵原ふれあい鉱山公園(黄福棚原駅)

そういった中、全国にはいくつか、廃線となった鉄道路線をボランティアが
中心となって保存運転しているところがある。

岡山県美咲町にある「柵原ふれあい鉱山公園」では、毎月第一日曜日に
かつてここに発着していた同和鉱業片上鉄道線の車両の展示運転が行われる。
初めてこの地を訪れたのは、7月の第一日曜日(→ こちら)。

でも、1回では楽しみ尽くす...まではできなかったので、再度のチャンスを
待っていた。

続きを読む


nice!(19)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2017夏、中国地方へ(28)「同和鉱業片上鉄道」の名残を探して [保存車・廃線跡]

<変態鉄>はあまり好きでは無いのだが、“ニラレバ”というのがある。
中華料理店の定番メニューだろうか、レバーとニラの炒め物である。
一方、鱈の身とレバーを炒めたものが“タラレバ”である。

その“タラレバ”。
<変態鉄>が、つくづく思うのは「あと10年早く生まれていたら...」ということ。
そうしたら、ちょうど大学生になる頃に分割民営化を迎えていた。
ついでにバブル景気にも間に合って、もっと楽しく過ごせたのでは無いか...
と思ったりする。それこそが“タラレバ”!?

さて、ちょうど、<鉄>活動を本格化させ、全国を飛び回った頃に国鉄型が。
それに、その気になったら日帰りできる範囲に、こんなスゴい路線が現役で...

001_DPP_00002100.JPG
【2017年9月3日10時42分】 岡山県美咲町・柵原ふれあい鉱山公園(黄福棚原駅)

そう思う路線の1つが岡山県の東部を南北に走っていた“同和鉱業片上鉄道線”。
終点(の1つ手前)の旧吉ヶ原駅構内で月に1度、保存会による展示運転が行われる。
それが今回の目的の1つだったが、翌日に控え、その起点・片上駅跡を訪れた。

続きを読む


nice!(21)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2017夏、中国地方へ(27)「臨港鉄道」の名残を探して [保存車・廃線跡]

岡山県内にも国鉄の駅から分岐していく中小私鉄がいくつもあったという。
クルマの普及もあって、高度経済成長期以降、その多くは姿を消していくことになった。

その多くは<変態鉄>が生まれる前か、<鉄>として各地に撮りに行くようになる
以前の時期に姿を消している。自分にとっては、本の中の文章と写真でその姿を
知るだけなのだが。

そんな中、いまも残っているのは水島臨海鉄道、でも、同じように国鉄駅から
臨海部の工業地帯を結びつつ、旅客輸送を行っていた路線がもう1つあった。

101_DPP_00002080.JPG
【2017年9月2日14時31分】 岡山市南区築港元町付近

JR瀬戸大橋線の大元駅から岡南地区へ、1984年(昭和58年)に全廃となった
岡山臨港鉄道である。一般の鉄道路線として営業していたのは30年間ほど、
大元-岡山港で8キロほど、末期には大元-築港元町の6.6キロのミニ私鉄。
岡南地区の住宅街、すでに廃線跡はほとんど残っていないと言うが、
末期の終点、築港元町駅周辺には保存車があるそうで...

続きを読む


nice!(20)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2017夏、中国地方へ(22)呉線の栄光!? [保存車・廃線跡]

秋も深まってきて。いよいよ暑さも一段落、<撮り鉄>には最高の季節...と
思いつつ、仕事の方がなかなか...。

忙しさと予期せぬ事態と。おかげでブログの方は事実上の放置状態。
ただとりあえず、毎晩記事をアップしているだけで...
気になっているブログもなかなか訪問させて頂くこともできず。

01_DPP_00002019.JPG
【2017年10月1日12時48分】 いすみ鉄道・総元-西畑

先日、無理を承知で大多喜まで撮りに行ったわけだが...

すでに稲刈りは済んでおり、沿線では柿がたわわに実っているのが見られた。
“秋らしい写真”も撮っておきたいところ。

そのためにも、休暇なんて言わないので、せめて公休日くらいは休みたい...と。

でも、そんなことばかり言っていても仕方ないので。
今日も引き続き、9月1日の広島での撮影記。

お昼からドン曇りになってきた広島、「曇りの日限定」の撮り方で
原爆ドームをバックに走る広電の路面電車を撮った後は...

続きを読む


nice!(21)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2017夏、中国地方へ(8)呉市電1001号車 [保存車・廃線跡]

今日の話題に入る前に。
そう、「ことでん」のイルカ駅員、ことちゃんも泣いているけれど、台風18号!!

皆さんのお住まいの地域は大丈夫でしたでしょうか。

kotoden_top.png

日曜日は午前中だけ仕事が入っていて。15時からの大相撲中継に間に合うように
帰宅したはずだったのだが...

そう、台風のせいで放送開始が、何と17時過ぎ。幕内後半戦だけになってしまい。
“地デジ”が始まるときには、サブちゃん...ではなくて、サブチャンネル方式
などと言っていた割にこういうときには使わない。

こういうときこそ、サブチャンネル方式だと思うのだが、深夜帯の海外のスポーツ
中継には使っているクセに、こういうときには...。何とかして欲しい。

さて、5泊6日の旅の話題なのに、すでに7回目でまだ初日。
でも、相変わらず。

呉ポートピアパークには呉市電の1001号車が保存されている。

続きを読む


nice!(25)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - 保存車・廃線跡 ブログトップ