So-net無料ブログ作成
富山で撮った ブログトップ
前の10件 | -

2週連続、こんどは雨の富山へ。地鉄電車を撮りに...(2)射水線の忘れ形見!? [富山で撮った]

4月も下旬に差し掛かってきて。1年は12ヶ月、そのうちの3分の1が過ぎようと。
今年は(も?)、仕事はいろいろとバタバタしているものの、なかなか
前進していると感じられる部分が無いまま、ただただ時間だけが過ぎていく感じ。

まもなく訪れる大型連休は、何とか休みが確保できそうな勢い。
そのときに出撃することを楽しみにしながら。でも、その前に今週は公休がちゃんと
とれそうになってきて。木曜日の晩...というか金曜の未明にアップする記事は
<速報版>になるかもしれない。

1ヶ月に一度はディーゼルの煙を感じに...と言っている<変態鉄>だが、
今年はそれすら“有言実行”にはほど遠い有様で。

でも、前に進むしか無い...と、そんなことを思いながら。

01_DPP_00003232.JPG
【2018年4月7日12時41分】 富山県高岡市吉久付近

ブログの方は引き続き、4月はじめの週末、富山での撮影記を。

1両の保存車の話題を2夜にわたって。走っているシーンは見ることが無かったが、
でも、<変態鉄>として...、<富山鉄>として思い入れの強い1両なのである。

続きを読む


nice!(23)  コメント(2) 

四半世紀前の記念乗車券(富山地鉄市内軌道線 デ8000形運行開始【1993年8月】) [富山で撮った]

<変態鉄>は、この40年間、生まれた時からずっと東京で暮らしているのだが、
その本籍は父方の実家があった富山県富山市。市内中心部の西町に近い「中央通り」
商店街の中にあった、とあるお店。(といっても、80年台には店を畳んだのだが...)
その<変態鉄>の本籍地の“最寄り駅”は、当時の地鉄富山市内軌道線...というか
山室線(1984年廃止)の中教院前電停だったはず。(もちろん記憶に無い!!)

そんな訳で、西町の、かつての大和デパートがあった、あの交差点を、ゴロゴロと
吊り掛け音も高らかに通過していくデ7000形の姿は<変態鉄>が路面電車を
撮るようになった、その原点であるとも言えるところ。

00_DPP_00003019.JPG
【2015年2月24日12時56分】 富山地鉄市内軌道線・富山駅前(当時)-新富町

ちょうど、<変態鉄>が高校生になった、1993年(平成5年)の夏、ぬぁんと、
その地鉄富山市内軌道線に5両もの新型電車が導入され、しかも、それは自社発注の
ホンモノの新車で。これにはコーフンしないわけにはいかなかった。

帰省中の1993年8月3日、その様子を確かめながら、市内線の様子を記録するべく、
富山市内中心部に向かったのだった。

続きを読む


nice!(18)  コメント(2) 

サクラ咲く、富山へ(1)とりあえず「ちてつ」 [富山で撮った]

最近、なかなか...、ブログにログインできないほどの状況が続いていて。
かろうじて記事を毎日アップしている程度。せっかくやっているのだから、
もうちょっと、しっかり毎日ちゃんと皆さんのブログへお邪魔したいのだが...

仕事に出撃に...と、自宅にいる時間がわずか、という日が続いているのである。

008_DPP_00000840.JPG
【2017年4月7日14時58分】 富山地鉄上滝不二越線・稲荷町駅

いつの間にか、半月近く前の話になってしまったが、4月7日の富山の話題。
11時過ぎ、駅北のホテルに荷物を預けて、EOSくんを連れだって、再び外へ。

<変態鉄>の父方の実家は、いまも神通川...、有沢橋の近くにある。
幼稚園の頃、両親に連れられて行ったときもそうだった。富山駅前から
橙色の方向幕の地鉄バスに乗れば、15分ほどで到着できるのである。

小学生の頃から、それ以来、何度も何度も乗った。

当時の地鉄バス、白地に青いラインの入ったバスだった。
そんな思い出の「青バス」もあとわずか。バス好きの方から、そう伝え聞いて。
今春までに、引退になると教えて貰っていた「200号車」と空港バスが
デッドヒート。地鉄好きでも地鉄バスは“専門外”の<変態鉄>だが...

続きを読む


201607-08 暑くて熱い富山へ(2)さぁ、富山!! [富山で撮った]

起きることさえできれば、<変態鉄>はまもなく動き出す。
今朝は羽田ではなく東京駅に向かうのである。

2015年10月12日以来、約10ヶ月ぶりの東海道新幹線。大阪方面には
よく出撃しているのに...である。<鉄>としてどうなの? と言う声は気にせず、
3往復、全部「撮る!!」にかけたとしてチャンスは6回あるはずだが。はたして...。

さて、ということで、引き続きこちらは7月30日の富山での撮影記。

01_DPP_5055.JPG
【2016年7月30日10時53分】 富山地鉄・電鉄富山駅

今回、最も撮りたかったのは夏期間の土休日ダイヤに限り午前中に走る、
特急“TY3”列車。その前面には「特急 立山号」のヘッドマークが付く。
どうせ撮るならマーク付きの姿がよくわかるように、順光下で正面から...。

続きを読む


172-14722号で行く宇奈月温泉(2)メヌエットにのせて [富山で撮った]

※※※ おことわり ※※※ 

“172-14722号で行く宇奈月温泉”は趣味者有志が主催したイベントであり、
富山地方鉄道が開催したイベントではありません。
なお、撮影イベントという性格上、通常の運行では考えられないシーンや
普段は立ち入り、撮影が認められない箇所で撮影したカットが含まれます。


「とやまぁ~~、とやぁまぁ~~ 富山港線、高山線、富山地方鉄道線にお越しの方は...」
ひっきりなしに北陸本線のL特急が発着する。その都度、ホーム上のスピーカーから
間延びした自動放送の声。ひどく音割れしたアナウンスが流れ終わるや否や
『こきりこ節』の寂しげなメロディが。

IMG_2303.JPG
【2008年9月4日12時18分】 高山本線・富山駅

改札ラッチの向こうにズラリと並んだホーム、土産物の入った紙袋を提げた人々が
特急列車の到着を待つ。「源」のマークが入った運搬台車が改札ヨコを通って
ホームの売店へ駅弁を納品に...。

90年台、<変態ガキ鉄>が本格的に(?)、<鉄>活動を開始した頃の富山駅。
なぜか自分の中の富山駅は、小雪の舞う冬の夕方の印象が強いのである。
多分、訪れた回数では夏休みの方が多いように思うのだが...
当時は、まだ、富山駅に新幹線が来るなど“夢物語”だった。

そんな当たり前過ぎて“フィルムの無駄”、カメラを構えることすらなかった場面。
でも、なぜか20年以上経っても鮮明に思い出されるのである。

いま、ガラス張りの駅舎に入れば、新幹線の発車案内...アタマでは分かっていても、
1年経っても、それが富山駅だとはどうしても信じられないのである。

だからこそ、<変態鉄>!?

先月の訪問も、初めて訪れる駅のような気分でシャッターを切り続けた。

という訳で、今日の記事でもまだ14722編成は出てこない。まさに「看板に偽りあり」。

続きを読む


172-14722号で行く宇奈月温泉(1)ぷろろーぐ [富山で撮った]

※※※ おことわり ※※※ 

“172-14722号で行く宇奈月温泉”は趣味者有志が主催したイベントであり、
富山地方鉄道が開催したイベントではありません。
なお、撮影イベントという性格上、通常の運行では考えられないシーンや
普段は立ち入り、撮影が認められない箇所で撮影したカットが含まれます。


富山地鉄をこよなく愛する、鉄道ファン有志により「172-14722号で行く宇奈月温泉」
というディープなイベントが開催されたのは、3月19日(日)のこと。

今から50年ほど前、数年間ではあったが、地鉄には、電鉄富山-宇奈月温泉間を
途中、スイッチバックの上市駅だけ停車という「ノンストップ特急」というのが。
もちろん、その当時のことを<変態鉄>が知るよしもなく...

DPP_3556.JPG
【2016年3月19日16時02分】 富山地鉄本線・寺田駅

富山地鉄の鉄道線で最古参の電車は14720形。「昭和37年 日本車輌」の銘板も
誇らしげに、いまも地鉄全線を走り回っている。

でも、その世代の電車も「上滝朝3」専用の10020形編成と、今回の14722編成の
たった2本だけ。非貫通、2枚窓の前面、クロスシートのズラッと並んだ車内...
<変態鉄>が、これを撮りたくて、何度も富山へ通っているのは、拙ブログでも
何度も紹介してきた通り。

生憎の空模様で思ったような撮影はできなかったが、それでも、14722編成の走りを
堪能することはできた。

ただ、今日は...(笑)、西武の夜行高速バスで雨降る早朝の富山駅前に着いたのだった。

続きを読む


環状線でレトロを撮る(6)最後は地鉄ビル前。 [富山で撮った]

一昨日の記事も、貼った写真は約4分間に撮影したもの。
撮影記とはいえ、ここまで変わり映えのない写真を貼り続けて良いのだろうか!?

でも、時間の経過の感じ方というのは、時によって全然違って感じられる。
同じ「1分間」でも、あっという間に過ぎていくこともあれば、
とてつもなく長い時間に感じられたり...

会社で過ごす8時間の勤務時間というのは...、「時計が壊れているんじゃないか?」
と思うほど時間の経過が遅く感じられることが多いが、それとは正反対の意味で、
この撮影会も“1分間”がとてつもなく長かった。

01_DPP_2005.JPG
【2015年5月24日10時35分】 富山地鉄市内軌道線・地鉄ビル前電停

前記事に書いたように路面電車の撮影は“瞬時の判断”、横断する人や
軌道を塞ぐように進入してくるクルマ、それらをかわしながら、如何にスッキリと
お目当ての電車の姿を撮るか...というのは、やはり「事前の準備」より
「瞬時の判断」、普段以上に集中してファインダーを覗く。その間、アタマもフル回転、
ホンの数分間がとても長い時間だったかのように感じられる。

今日の記事も、事実上、3分間の間に撮影した写真でつくるという...う~ん。

引き続き、5月24日の富山での撮影記。環状線を2周し終えたレトロ電車は、
電鉄富山駅エスタ前電停で折り返して、南富山駅前に帰ることになっていた。

※ おことわり ※
今回の“レトロ電車”の臨時運転は「くろてつの会」の主催・企画で行ったものであり、
富山地方鉄道が開催したイベントではありません。

続きを読む


環状線でレトロを撮る(5)猛ダッシュ、そして追い付いて... [富山で撮った]

いつの間にか、今年もすでに6月である。
「撮りたい」と思いながら、“都電バラ号”の運行期間もすでに終了、
沿線のバラの花も見頃を過ぎているらしい。

拙ブログで、毎年恒例の企画になりつつある、わが地元、京王井の頭線の
「アジサイ大作戦」も、毎日、通勤の電車内から車窓に咲き誇るアジサイの花を
見ているだけ。せめて一度くらいは訪れたいと思いつつ...

0Y6C6003.JPG
【2013年6月5日11時13分】 京王井の頭線・浜田山-西永福

(この写真は一昨年のもの)

「撮りたい」、でも「撮りに行けない」というのは、やはり趣味者として
非常にフラストレーションがたまるものである。あぁ、行きたい~っ!!

でも、公休日に限って天気が崩れるのが最近のパターン。
気づけば、真夏になっていそうな予感...、嗚呼。

という訳で、すっきりした快晴に恵まれた5月24日の富山での撮影記の続き。

※ おことわり ※
今回の“レトロ電車”の臨時運転は「くろてつの会」の主催・企画で行ったものであり、
富山地方鉄道が開催したイベントではありません。

続きを読む


環状線でレトロを撮る(4)馴染みの交差点にて。 [富山で撮った]

夕方、上市駅ヨコの農協の駐車場付近で撮った留置中のデキホキ編成、
どうやら、数日前に稲荷町に回送されたとか。貴重なシーンを撮ることができた。

02_DPP_1965.JPG
【2015年5月24日15時54分】 富山地鉄本線・上市駅付近

この編成、運用中の姿を駅撮りしたことはあるが、狙ってバッチリ撮ったことはない。
いつか、この編成を撮ってみたいと思っているのだが...

もう1つ、地鉄の車両の中で、撮ってみたかったシーンが「7000形@環状線」、
それが実現したのが5月24日朝のことだった。

※ おことわり ※
今回の“レトロ電車”の臨時運転は「くろてつの会」の主催・企画で行ったものであり、
富山地方鉄道が開催したイベントではありません。

続きを読む


環状線でレトロを撮る(3)いよいよ、そのときが... [富山で撮った]

31日は1日中、家でゴロゴロして過ごしていた。
当初、天気予報は雨だったはずだが...、いま、わが地元、井の頭線沿線は
アジサイの花が咲き始めており、いすみ鉄道の小谷松のアジサイも気になるところ。

00_DPP_1999.JPG
【2015年5月27日15時17分】 いすみ鉄道・デンタルサポート大多喜駅付近

でも、次の公休日である3日(水)の天気予報は雨...
嗚呼、「キハ×アジサイ」、今シーズンは撮りたいのだが。

さて、5月24日の富山での撮影記。

※ おことわり ※
今回の“レトロ電車”の臨時運転は「くろてつの会」の主催・企画で行ったものであり、
富山地方鉄道が開催したイベントではありません。

続きを読む


前の10件 | - 富山で撮った ブログトップ