So-net無料ブログ作成
検索選択
スカーレットのトラムたち[名鉄岐阜線] ブログトップ

2015年8月「吊り掛け駆動」の電車を追って(6)バスの中から廃線跡を。 [スカーレットのトラムたち[名鉄岐阜線]]

今週は休みが(ほぼ)自由にとれるほど、仕事に余裕がある時期なのに...
この天気、EOSくんの準備もできているのに...である。
嗚呼、自宅に籠もって“パソコンの番人”として1日を過ごしているのである。
机の上には模型たちが。でも、事情があって模型関係の作業は一切できない自室。
やはり、「模型ができる部屋」を確保すべく、ここまでの人生の半分を過ごしてきた
三鷹台を離れるべきか、そんなことを考えつつ、グダグダと過ごしたのである。

さて、引き続き、この話題。わずか10日でこんなに涼しくなるとは...

01_DPP_2229.JPG
【2015年8月14日9時45分】 岐阜県大野町・黒野駅レールパーク

「くろの」と書かれた行灯式の駅名看板、ホームの木製の上屋の向こうに停まる
モ510形“丸窓電車”、廃止から10年、青空の下、自分の<鉄>としての“原点”に
戻ってくることができて、大満足なのだった。(暑かったけど...)

続きを読む


2015年8月「吊り掛け駆動」の電車を追って(5)黒野駅のいま<後編> [スカーレットのトラムたち[名鉄岐阜線]]

今日からしばらく仕事がヒマな...というか、ラクな期間に入る。水曜はお休みだった。
そうなれば、カメラを持って“出撃”となるところだが、生憎の雨。
仕事の時は晴れているのに公休日になると雨。昔から、運の悪い男なのである。

ということで、自室に籠もってブログを書いていたのだった。

01_DPP_2235.JPG
【2015年8月14日9時46分】 岐阜県大野町・黒野駅レールパーク

さて、引き続き、8月13~16日にかけての撮影記。
キレイに整備された木造駅舎、その窓ガラスに映るモ510形の“顔”...

自分にとって思い入れのある名鉄岐阜線の話題を書いているだけあって、
普段以上に話が長くなっている。今日も「黒野駅レールパーク」の話題。

続きを読む


2015年8月「吊り掛け駆動」の電車を追って(4)黒野駅のいま<前編> [スカーレットのトラムたち[名鉄岐阜線]]

火曜日の東京は涼しかった...というより、ちょっと肌寒い1日だった。
徐々に日が暮れるのが早くなってきて、夏が過ぎ去ろうとしていることを感じる。

すでに2015年も3分の2が過ぎようとしている訳で...
水曜は、いすみ鉄道のキハに会いに行こうかと思っていたのだが、
雨の予報に中止を決定した。冷房用エンジンの不具合や踏切事故など、
最近はトラブル続きらしい、いすみ鉄道のキハ。「いつでも撮れる」と思わず、
撮れるうちに撮っておかないといけないのだが...

さて、今日の話題。

01_DPP_2215.JPG
【2015年8月14日7時36分】 岐阜県岐阜市・岐阜駅前付近

8月14日の朝、久々に大正生まれの丸窓電車に再会。
初めてカメラを向けた、いまはなき、名鉄岐阜市内線の思い出の地をめぐってみた。
そして、岐阜駅前で1時間近く時間を潰して、乗り込んだのは8:33発の
岐阜バス「大野・忠節線」、目指すは「黒野駅レールパーク」。

続きを読む


2015年8月「吊り掛け駆動」の電車を追って(3)“第3”の吊り掛け電車 [スカーレットのトラムたち[名鉄岐阜線]]

これまでも、拙ブログで何度か触れているが、自分が生まれて初めて
駅ホーム以外で走行中の電車に向かってカメラを向けた、というか、
「撮りたい」という目的で線路際に立ったのは、1991年のこと。

父の単身赴任先だった岐阜の街には、真紅の路面電車が走っていた。
名鉄岐阜市内線である。そう、自分にとって、<鉄>の原点とも言えるのが
岐阜なのである。

01_DPP_2209.JPG
【2015年8月14日7時17分】 岐阜県岐阜市・金公園

でも、その名鉄岐阜市内線を含む「岐阜600V線」が全廃となったのは、
2005年3月31日のこと。生憎、最終日には東京で用事があって立ち会えなかったが
最終日が近づくと、何度も、早朝の新幹線で岐阜入りしては撮り歩いたのだった。

長良川に架かる忠節橋近くで岐阜市内線電車を撮って24年、岐阜線全廃から10年。
全廃後も、何度か岐阜を訪れる機会があったが、その都度、立ち寄るのが市内中心部に
ある金(こがね)公園。ここに、自分が撮った時代の名鉄岐阜市内線・揖斐線の
“スター”的存在だった「丸窓電車」、モ510形が保存されているのだ。

名古屋で泊まったのも、そんな<変態鉄>の“原点”を再訪するため。

続きを読む


紅白の思い出、いま、逢いに行きたい。 [スカーレットのトラムたち[名鉄岐阜線]]

拙ブログの初期に、こんな記事を書いていた。

http://gohachinihachi0309.blog.so-net.ne.jp/2011-12-02

自分が、はじめて意識して、線路端に立って走っている列車にカメラを向けたのは
岐阜の街中だった。

1991_tyuusetubasi_2_b.jpeg
【1991年7月25日】 名鉄岐阜市内線(当時)・西野町-早田

これが、初めて撮った「鉄道写真」。
真紅の電車が行き交うのに、何度となくカメラを構えたのだった。

でも、この日から約15年、2005年春に名鉄岐阜線は全廃。
<変態鉄>の“原点”は失われてしまったのである。

その廃止からも10年、その間、何度か岐阜の街を訪れる機会はあったのだが...

続きを読む


思い出の、真紅の「馬面電車」のお話。 [スカーレットのトラムたち[名鉄岐阜線]]

東北を訪れた話題が続いていましたが、今日は1回お休み。

13_DPP_0173.JPG
【2014年6月25日8時40分】 岩手県花巻市・材木町公園


花巻の町の片隅で余生を送る「馬面電車」の話題をご紹介しましたが、
今日は、自分にとって<撮り鉄>の“原点”ともなった
いまはなき、あの路線。そこで最後の活躍をしていた「馬面電車」の話題を。

comment.png

花巻を訪れたときのことを<速報版>でお伝えしたときのこと、
いつも、お読みいただいているskekhtehuacsoさんから、コメントを頂戴した。

01_PICT0628.JPG
【2005年3月頃】 名鉄美濃町線・競輪場前電停

「確かに!!」、名鉄美濃町線のモ600型。
同線の全線廃止を目前に控え、美濃町線近代化のために颯爽とデビューした当時の
白帯仕様に復元された同車を撮っていたネガを探したわけでした。

続きを読む


あの頃、“下有知”という駅があった。 [スカーレットのトラムたち[名鉄岐阜線]]

いまでは“大手私鉄”と言われる鉄道会社の主要路線の中にも、
路面電車に端を発するものは少なくない。
わが京王線もその1つ。いま、地下線になっている新宿-笹塚間にも、長らく甲州街道を
走る路面併用区間があったという。列車の高速化、長編成化など、発達の過程で、
路面から離れた“専用軌道”への付け替えが進み、やがて、現在のような高速鉄道に
変化していく...、全国各地でそんな私鉄線は数多いのである。

01_PICT1056.JPG
【1999年頃】 名鉄美濃町線・下有知駅付近(当時)

でも、“進化論”ではないが、そんな“時代の流れ”から離れて、
昔ながらの姿を残してきた路線があった。
そういう姿に<変態鉄>が魅せられないはずがない。

それが名鉄美濃町線。全廃は9年前、2005年春。
でも、その全廃を待たずに廃止になった美濃町線の末端区間(美濃-新関)間には、
“魅力的すぎる”鉄道情景が続いていたのである。
廃止を直前に控えた頃に訪れた下有知(しもうち)駅周辺の模様を当時のネガでご紹介したい。

続きを読む


春が来ると思い出す、あれから9年... [スカーレットのトラムたち[名鉄岐阜線]]

この趣味の世界においても、春は、3月は別れの季節なのだ。
2011年3月、昨日の記事にも書いた高山線増発社会実験の終了に伴うキハ58系の引退、

去年は...、少し遅くて4月末の引退だったが、しなの鉄道169系が引退、
思い出深い国鉄直流急行型電車が終焉を迎えた。長野新幹線に乗って何度も通った。

今年、2014年3月改正では特急寝台「あけぼの」の引退。
そして、<変態鉄>にとって、今春、最もつらい別れが富山地鉄クハ174の勇退。

PICT0691.JPG
【2005年3月】 名鉄美濃町線・徹明町電停(当時)

でも、鉄道趣味歴の中で、何と言っても一番の忘れられない別れは9年前、2005年3月。

続きを読む


スカーレットのトラムたち[名鉄岐阜線] ブログトップ