So-net無料ブログ作成
検索選択
あの頃の富山駅 ブログトップ

北陸本線には、いつも「雷鳥」がいた(81)あの頃の富山駅 [あの頃の富山駅]

今日の話題に入る前に。
「あぁ~っ、あんたの顔見ただけでジンマシンが出るわ!!!」と言われたことが
あったかどうかは秘密だが、でも、そんな自分が...である。

一昨日あたり、脚に何だか赤いモノがあるなぁ...と思ったら、
両足、胸、背中...、その勢力は急速に拡大。とうとう痒くて痒くて眠れないまでに。
あぁ、明日は朝から病院に行くしかない。「激しい痒みで眠れない」なんて初体験。

仕事はどうでも良いが、水曜の“出撃”ができるかどうか...
そればかりが気になっている。

さて、昨日まで2003年9月に運転された「懐かしの雷鳥」号の話題を中心に書いてきた。
結局、雨に負けて(笑)、石川県内で撮るつもりだった復路便は富山駅での駅撮り。

京都のボンネット型クハ481、その最後の晴れ舞台を当時の自分としての“会心の1枚”。
大満足の撮影行になった訳で、この夕方、金沢に移動、翌日は金沢市内中心部を
歩き回った。まぁ、それは兎も角...である。
富山駅での駅撮り、撮った当時、自分の視線の先にはボンネット型特急型電車しか
見えていなかったわけだが、いま、こうやって見直してみると、そこには

01_IMG_3266.JPG
【2009年3月4日8時45分】 高山本線・富山駅

いまではすっかり姿を変えてしまった、いまから12年前の富山駅が写っていた。
という訳で、今日は新旧織り交ぜて、富山駅で撮った写真をご紹介したい。

続きを読む


環状線でレトロを撮る(8=最終回)浦島さん状態で富山駅探索 [あの頃の富山駅]

この春、新幹線が開業して、イマドキの高架駅になった富山駅である。
<変態鉄>にとっては軌道線の高架駅下への乗り入れが気になっていた。
そして、今回、あっさりとその“初乗り”も果たしたのだった。

01_IMG_3998.JPG
【2015年5月24日17時50分】 富山地鉄市内軌道線・富山駅電停

空港バスを待つ間、少し時間があったので、その「富山駅」電停を探索してみた。

続きを読む


変わりゆく富山の鉄道を追う(12)さようなら「北陸本線 富山駅」 [あの頃の富山駅]

TVのニュース番組でも、今日はこの話題に結構な時間をとっていたような...
日本海縦貫線は、とくに冬場は気象条件が厳しく、そこに長距離列車となれば
大幅遅延や運休は珍しいことではない。

そんな中、最後の「トワイライトエクスプレス」は大勢のギャラリーに見送られ
最後の旅をしている頃。これを書いている時点で大幅遅延の情報は来ていないので、
最終便は順調な旅を続けているのだろうか。

01_IMG_2299.JPG
【2008年9月4日12時13分】 北陸本線・富山駅

<変態鉄>が「トワイラ」を撮ったのは...
「駅ホームでカメラを構えて(他の列車を)待っていたら偶然やって来た」から
とりあえず撮ったという、そういう写真だけ。

深緑のEF81が牽く、深緑色の重厚な客車(といっても24系)。
そのスタイルは、いわゆる1つの憧れの列車だったが、縁のないまま終焉を迎えた。
“長距離列車”という言葉自体が過去のものになりつつある。むしろ、そのことが...。

さて、日付変わって2015年3月13日は奇しくも「北陸本線 富山駅」の最後の日。
2月末に、その「北陸本線 富山駅」を訪れた話題。
いつも書くように、当たり前すぎていままで撮ることもなかった駅。

続きを読む


激変の地、富山駅のいま [あの頃の富山駅]

上野から信越線・北陸線を走っていた特急「白山」、これで富山まで6時間。
幼稚園・小学校時代は、長期の休みになる度に家族で富山に帰省した。
その帰りは、必ず、富山を夕方に発つ「白山6号」、489系なんて形式名は
知るよしもなかったガキだったが、ボンネットも電気釜も、
すべて国鉄特急色だったのを覚えている(国鉄当時だから当たり前)。

IMG_6267.JPG

(写真はイメージです(笑))

でも、6時間は長かった。直江津駅で座席の向きを変えたこと、横川駅では、
いつも母が自分たちを車内に残して「峠の釜飯」を買ってきてくれたこと...
ベテラン専務車掌の「特別急行、白山6号...」という車内放送。
そう、あの頃の特急は「とっきゅう」ではなかった。「とくべつきゅうこう」だった。
断片的ながら、そんな記憶は鮮明に残っている。

その富山駅の“いま”を見に行った。

続きを読む


あの頃の富山駅 ブログトップ