So-net無料ブログ作成
検索選択
ことでん旧型たち [高松琴平電鉄] ブログトップ
前の10件 | 次の10件

GWことこと(4)レトロ4連、後半戦。 [ことでん旧型たち [高松琴平電鉄]]

昨日は一日、お休みをいただいたこのシリーズ。大型連休から早くも1ヶ月に
なろうとしているものの...、拙ブログでは相変わらず。

ここ数年、<変態鉄>にとって“毎年恒例”となっているのが、ことでん、
高松琴平電鉄の製造から90年をこえる“レトロ電車”たちの4連運行。
今シーズンは気合いを入れて(笑)。5月3日から7日まで4泊5日の日程で高松に滞在。
4日の「4連運行」、7日の「長尾線レトロ」と連戦になったのだが、
その中でも、特に気合いを入れて臨んだのが、5月4日午後の1往復、年に一度だけ
今も残る旧型電車を4両全部つないで、琴平まで1往復。

001_DPP_00001185.JPG
【2017年5月4日17時06分】 高松琴平電鉄琴平線・仏生山駅付近

年に一度の4連運行、もちろん4両編成だとわかるように編成サイドを狙える場所で。
“ド”が付くほどの定番だが、復路は羽間-榎井の土器川鉄橋で。

続きを読む


GWことこと(3)レトロ4連!!!!! [ことでん旧型たち [高松琴平電鉄]]

(たぶん)1年に一度だけしか見られないのである。一昨年は雨に降られ、
去年は撮影地を見つける前に時間切れ、逆光、正面ドカンと言う「4連」で
なくても撮れる構図で撮るしかできなかった。

「三度目の正直」か、はたまた「二度あることは三度ある」!?
お昼頃から、空には少しずつ雲が増えてきたのも気がかり。

畑田駅近くの水田地帯で、<変態鉄>は何度もカメラのファインダーを覗いて。
ああでもない、こうでもない...と。ちょっとずつ構図を調整しながら...
迷いに迷っていた、というのが正確かも知れない。

と、「ことでんレトロ4連運行」の話題の前に...

DPP_1499.JPG
【2015年3月31日13時57分】 都電荒川線・荒川2丁目-荒川区役所前

昨日、1枚の往復はがきを投函したのだった。
ぬぁんと、今年の荒川車庫のイベント、事前募集制。あとは“厳正なる抽選”の
結果のハガキが届くのを祈るばかり...。

はたして、<変態鉄>の“運命”やいかに?!
6月7日頃までに、その“結果”を知ることになるとのこと。

さて、5月4日の「ことでんレトロ」。いよいよ4両編成のとき!!

続きを読む


GWことこと(2)鯉のぼり × レトロ =?? その2 [ことでん旧型たち [高松琴平電鉄]]

郵便局に“往復はがき”を買いに走ったのは、<変態鉄>としては当然っ!!
予想通り、6月11日に撮影会が催されることが発表されたが、
ぬぁんと事前予約制。しかも、50名ずつ各回10分間って...

でも、果たして、<変態鉄>は、その幸運な1,000名の中に入れるのだろうか??
それにしても、都交通局のプレスリリース。
わざわざ「東京さくらトラム(都電荒川線)」って...、やはり、ヘン。違和感!!!

そんな、最近、多くなってきた路線の愛称。その中で“名作”と言えるのは、
やはり、「東武アーバンパークライン」くらいだろうか!?

さてさて。5~6月も各鉄道事業者では車庫公開のようなイベントが多い。

s5_DPP_5760.JPG
【2016年12月4日12時09分】 埼玉県川口市・青木町公園付近

錆びて腐食して車体には穴が開き、痛々しい姿で展示...というより、
放置されていた西川口の京急デハ236号車、つい最近、トレーラに乗せられ、
搬出されたという。横浜市内の工場で整備の上、新本社ビルで保存されるとか。
美しい姿を取り戻したら、また、撮りに行きたいと思っている。

この「窓の大きな京急電車」、実はいろいろと細かい分類があるのだが...
それはさておき、このグループの車両が走っているのを一度だけ撮ったことがある。

12_PICT0143.JPG

ことでん志度線で最後の活躍をしていた、30形電車である。
そんな「ことでん」、いまも琴平・長尾線では京急からきた電車が主力として
活躍している。

さて、今年5月の大型連休も、ことでんに“出撃”していた。その話題...

続きを読む


GWことこと(1)鯉のぼり × レトロ =?? その1 [ことでん旧型たち [高松琴平電鉄]]

「もしかして...」というのは、初日からあったわけで。
横綱 稀勢の里の休場である。何とか名古屋場所には万全の態勢で臨んで
もらいたいと思う次第だが...

あとで振り返ったときに、あの新横綱としての三月場所。その強行出場が...
とならないことを願う限り。

さて、そんな稀勢の里が、稽古総見をお休みしたというのをニュースで視ながら
向かったのが、ことでんレトロの撮影だった。

DPP_00001025.JPG
【2017年5月4日7時52分】 高松琴平電鉄琴平線・太田-三条

まずは、朝一番の回送列車から。仏生山 → 高松築港という高松市街地だけを走る
その運転区間、その後の琴平ゆきとしての下り列車を撮る場所を考えれば、
<徒歩鉄>としては、苦し紛れの構図を強いられると思いきや...

続きを読む


GWことこと(0)プロローグ [ことでん旧型たち [高松琴平電鉄]]

ことでん、高松琴平電鉄。

四国にはあまり縁のない自分なのだが、それでも、最近では“好きな路線”の
ベスト5には間違いなく入る、<変態鉄>お気に入りの路線である。

開業から約100年になる、琴平、長尾、志度の3路線...
讃岐平野を西へ東へと延びる3路線、いずれも撮っても乗っても楽しいのだが、
その中でも...

DPP_00001030.JPG
【2017年5月4日15時23分】 高松琴平電鉄琴平線・榎井-羽間

「ことでん」と言えば旧型電車たち。いまから約20年前、はじめて<変態鉄>が
高松入りしたときには、まだ大正生まれの旧型電車が定期運用されていた。
最近は、定期運用からは外れているものの、毎月1回、日曜日に琴平線で
動態保存としての「特別運行」が行われる。

琴平線の前身、琴平電鉄の開業当初に導入された電車3両と近鉄から移籍の1両。
それら4両は、いずれも製造から90年余り。毎月の「特別運行」は2両編成で
運転されるが、その4両全てを繋いで4両編成で運転される日が年に一度だけ。

例年、5月の大型連休に、その「特別の中の特別運行」のような日が設定される。

続きを読む


2つの“現役最古の電車”を撮りに(6)もうひとつの「レトロ車輌」 [ことでん旧型たち [高松琴平電鉄]]

1月も“初旬”を過ぎて、すでに“中旬”と呼ばれる時期に。
早くも2017年も10日が経過したわけで...。“出撃ラッシュ”ではないが、
なかなかペースが掴めなくて。仕事の方はイライラの連続で...

ちょっと気持ちも落ち込んでいることの多いここ数日。
さて、しばらく間が空いてしまった12月18日の「ことでんレトロ電車」撮影記。
すでに、年明け1月8日の運行も終わり、鮮度落ちも甚だしいけれど、
そんなことにもめげること無く。

08_DPP_00000258.JPG
【2016年12月18日15時40分】 高松琴平電鉄琴平線・高松築港駅

15時の仏生山もまた、撮り逃せないシーンの連続だったのである。

続きを読む


2つの“現役最古の電車”を撮りに(5)復路こそ!! [ことでん旧型たち [高松琴平電鉄]]

年末年始、ちょっと忙しい日々が続いていた仕事の方も、昨日で一段落。
何度か打合せなどで顔を出す日はあるのだが、来週の水曜くらいまで1週間ほど
お休みの日々が続くのである。
何だかヘンな勤務日程だが、それでも、自分だって会社員なのである。

「青春18きっぷ」の“消化試合”にも行きたいのだが、でも、大相撲。
早起きして、どこか出かけて、大相撲に間に合うように15時に帰れるような、
そんなプランを考えるべく、時刻表と格闘中なのである。

さて、12月18日の「ことでんレトロ電車特別運行」撮影記。

s21_DPP_00000089.JPG
【2016年12月18日12時05分】 高松琴平電鉄琴平線・琴電琴平駅

ことでんのキャラクターといえば、イルカ駅員の「ことちゃん」。
駅にも電車にも「ことちゃん」ファミリーが...
琴電琴平駅ホーム、四季折々の飾り付けにも、イルカたちが。

そんなところも、ことでんを訪れる1つの楽しみなのである。

続きを読む


2つの“現役最古の電車”を撮りに(4)手前か奥か!? [ことでん旧型たち [高松琴平電鉄]]

昨日で、ひとまず仕事の方は一段落。土曜日も出社だが日曜からはお休み期間。
ただ、大相撲があるため“出撃”は自粛する期間に入るわけで。

あとは、8日(日)の関東鉄道水海道車両基地の撮影会くらい。
お天気の方がちょっと心配されるのだが...

旧国鉄キハ30形の同社キハ100形、その最後の勇姿を何とかキレイに
撮ってこられたら。それだけを願うのだった。

01_DPP_00000241.JPG
【2016年12月18日10時03分】 高松琴平電鉄琴平線・太田-仏生山

さて、それでは引き続き、昨年12月18日の「ことでん」、高松琴平電鉄、
レトロ電車特別運行の撮影記、その続き。

いよいよ、レトロ電車が動き出す。

続きを読む


2つの“現役最古の電車”を撮りに(3)決戦の朝!? [ことでん旧型たち [高松琴平電鉄]]

毎月1回、日曜日にコンスタントに開催されるイベントとして定着している、
「ことでんレトロ電車特別運行」。動態保存の「レトロ電車」4両のうち、
基本、2両編成で高松築港-琴電琴平間を1往復する。

下りは高松築港駅を10時39分発、上りは琴電琴平駅を13時19分発。
どちらも1時間15分ほど、普通電車とそれほど変わらないダイヤでの運転。
だから、往復各1箇所での撮影となるはずだが...

ホテルでゆっくりと朝食を済ませて、下りに間に合うよう出撃??
それとも、朝一番で...??

01_DPP_00000085.JPG
【2016年12月18日8時28分】 高松琴平電鉄琴平線・仏生山駅

ここでも、<変態鉄>は迷っていた。でも、迷ったあげく、朝起きてすぐ出発。
何はともあれ、仏生山駅を目指したのだった。

これが吉と出るか、凶と出るのか?!

続きを読む


2つの“現役最古の電車”を撮りに(2)ぶっしょうざんっ!! [ことでん旧型たち [高松琴平電鉄]]

あまり、「うどん県」というか高松には縁もゆかりも...
別に知り合いがいるわけでも無し、暮らしていたことがあるわけでも無し。

でも、高松に来ると何だか故郷に帰ってきたような...
ひとり勝手に「落ち着く!!」などと言っているのである。
そんな、<変態鉄>にとって、「うどん」とともに高松の街に欠かせないと
思っているのが、「ことでん」、高松琴平電鉄である。

車輌の面でも沿線風景も、職員の方の親切な対応をとっても...
2015年春の訪問以来、すっかり魅せられている。
そんな、「ことでん」を撮りに訪れる者として、まず最初に訪れるのは、

01_DPP_00000228.JPG
【2016年12月17日14時23分】 高松琴平電鉄琴平線・仏生山-太田

仏生山である。駅に隣接した車庫・工場には琴平線・長尾線系統の各車両が
留置されており、その中には製造から90年を迎える「レトロ電車」たちの姿も。

空港から仏生山に向かうはずなのだが...

続きを読む


前の10件 | 次の10件 ことでん旧型たち [高松琴平電鉄] ブログトップ