So-net無料ブログ作成

2017夏、中国地方へ(30)午前はキハ303 [保存車・廃線跡]

吉ヶ原の展示運転は午前10時から午後4時までに昼休みを挟んで9往復の運転。
大雑把に言えば、動態保存されている旅客列車は、キハが3両と客車列車
(DD13ディーゼル機関車が牽引する)の4種類。その中心は、やはりキハ。

001_DPP_00002114.JPG
【2017年9月3日10時49分】 岡山県美咲町・柵原ふれあい鉱山公園(黄福柵原駅)

動態保存のキハ3両は“三車三様”、黄福柵原駅に留置中のキハ312号車だけは
戦後の自社発注車。あとの2両は国鉄の内燃動力車黎明期を代表する2形式。

前回の訪問時は1936年(昭和11年)製のキハ702号車を楽しんだ。
この朝は...

続きを読む


nice!(24)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2017夏、中国地方へ(29)そして、再びの吉ヶ原へ [保存車・廃線跡]

自分が本格的に(?)<鉄>活動を始めたのは90年台後半。
高校生から大学生になって行動半径が広がってから。特に大学時代はバイトで
貯めた“軍資金”で、時間を見つけては全国各地へ。

そのときにも国鉄型をはじめ、魅力的な車両たちは(今思えば)たくさんあった。
でも、そのことに気づくことができたときには、既にその姿は無く...

01_DPP_00002101.JPG
【2017年9月3日10時48分】 岡山県美咲町・柵原ふれあい鉱山公園(黄福棚原駅)

そういった中、全国にはいくつか、廃線となった鉄道路線をボランティアが
中心となって保存運転しているところがある。

岡山県美咲町にある「柵原ふれあい鉱山公園」では、毎月第一日曜日に
かつてここに発着していた同和鉱業片上鉄道線の車両の展示運転が行われる。
初めてこの地を訪れたのは、7月の第一日曜日(→ こちら)。

でも、1回では楽しみ尽くす...まではできなかったので、再度のチャンスを
待っていた。

続きを読む


nice!(19)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2017夏、中国地方へ(28)「同和鉱業片上鉄道」の名残を探して [保存車・廃線跡]

<変態鉄>はあまり好きでは無いのだが、“ニラレバ”というのがある。
中華料理店の定番メニューだろうか、レバーとニラの炒め物である。
一方、鱈の身とレバーを炒めたものが“タラレバ”である。

その“タラレバ”。
<変態鉄>が、つくづく思うのは「あと10年早く生まれていたら...」ということ。
そうしたら、ちょうど大学生になる頃に分割民営化を迎えていた。
ついでにバブル景気にも間に合って、もっと楽しく過ごせたのでは無いか...
と思ったりする。それこそが“タラレバ”!?

さて、ちょうど、<鉄>活動を本格化させ、全国を飛び回った頃に国鉄型が。
それに、その気になったら日帰りできる範囲に、こんなスゴい路線が現役で...

001_DPP_00002100.JPG
【2017年9月3日10時42分】 岡山県美咲町・柵原ふれあい鉱山公園(黄福棚原駅)

そう思う路線の1つが岡山県の東部を南北に走っていた“同和鉱業片上鉄道線”。
終点(の1つ手前)の旧吉ヶ原駅構内で月に1度、保存会による展示運転が行われる。
それが今回の目的の1つだったが、翌日に控え、その起点・片上駅跡を訪れた。

続きを読む


nice!(21)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2017夏、中国地方へ(27)「臨港鉄道」の名残を探して [保存車・廃線跡]

岡山県内にも国鉄の駅から分岐していく中小私鉄がいくつもあったという。
クルマの普及もあって、高度経済成長期以降、その多くは姿を消していくことになった。

その多くは<変態鉄>が生まれる前か、<鉄>として各地に撮りに行くようになる
以前の時期に姿を消している。自分にとっては、本の中の文章と写真でその姿を
知るだけなのだが。

そんな中、いまも残っているのは水島臨海鉄道、でも、同じように国鉄駅から
臨海部の工業地帯を結びつつ、旅客輸送を行っていた路線がもう1つあった。

101_DPP_00002080.JPG
【2017年9月2日14時31分】 岡山市南区築港元町付近

JR瀬戸大橋線の大元駅から岡南地区へ、1984年(昭和58年)に全廃となった
岡山臨港鉄道である。一般の鉄道路線として営業していたのは30年間ほど、
大元-岡山港で8キロほど、末期には大元-築港元町の6.6キロのミニ私鉄。
岡南地区の住宅街、すでに廃線跡はほとんど残っていないと言うが、
末期の終点、築港元町駅周辺には保存車があるそうで...

続きを読む


nice!(20)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2017夏、中国地方へ(26)500系「こだま」 [鉄分の濃い旅行記録]

“新幹線”shinkansen に乗れる...というのは小学生の頃、非常に楽しみだった。
100系が“新車”だった頃。

でも、<変態鉄>が大好きだった0系、100系といった車両は既に無く。
300系、700系と「のぞみ」時代になってからは“単なる移動手段”となって。
新幹線にカメラを向けることもほとんど無く。

そんな<変態鉄>が、唯一“乗ってみたい”と思う新幹線が、
山陽新幹線の「こだま」で“余生”を送るのは流線型車体、一番カッコイイと
思う新幹線が、500系。

かつて、東京-博多間「のぞみ」のスター的存在として山陽区間で初めての
300キロ運転を行った車両である。

001_DPP_00002051.JPG
【2017年9月2日13時21分】 山陽新幹線・岡山駅

ただ、JR西日本のみの車両で、扉数が違うことなどもあって、しばらく前に
8両編成「こだま」化され、第一線から退き、いまは山陽区間の「こだま」で
まさに余生を送っている。丸みを帯びた車体は窓側席に座ると圧迫感がある...
など、好みの分かれる車両でもあったが、<変態鉄>としては、大学時代、
遠出には、狙って「500系のぞみ」に乗っていた。博多から東京まで乗り通した
こともあるのも学生時代の懐かしい思い出。

広島駅 11:59発の「こだま738号」は500系での運転。

続きを読む


nice!(21)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2017夏、中国地方へ(25)あき亀山駅にて [鉄分の濃い旅行記録]

早いもので、もう1ヶ月になるのだが...
こちらは“開業”からちょうど半年になる。

s402_DPP_00001753.JPG
【2017年9月2日8時49分】 可部線・あき亀山駅

2003年にいったん廃線となったJR可部線の可部-あき亀山間、
市街地区間であること、地元からも“復活”を望む声が多かったこと
などから、2017年3月に可部-あき亀山間1.6 kmが“復活”したのだった。
“復活”とはいえ、以前は非電化、電化して広島駅から電車が直接乗り入れ
また、駅名も駅の場所も変更になり、新線といった方が良い感じ。

そんな新駅を訪問したのは、良く晴れた朝だった。

続きを読む


nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2017夏、中国地方へ(24)いま一番新しい?? [鉄分の濃い旅行記録]

<変態鉄>は、いまのゲーノーカイというところで、どんな方が活躍しているか...
そのあたり非常に疎いのである。

でも、この駅名の発表を聞いたときには...

さて、山間部の過疎化や学校の統廃合で、ローカル線の“最後の乗客”だった
沿線の高校生が消え、マイカーの普及と道路整備、そもそもの人口減少と高齢化。
中国地方の山間部をゆくJR西日本の路線にも“限界”に達していると思われる
路線は複数ある。

来春で三次(広島県)と江津(島根県)を結ぶ三江線が廃線になることが発表され
JR北海道でも“維持困難な路線”として、多くの区間が...

そのあたり、赤字ローカル線の維持をめぐる問題に関する議論や考察は、
もうちょっとマジメでちゃんとした<鉄>に譲ることにして、ここは<変態鉄>
として、もう少し気楽に行くのである。

01_DPP_00002098.JPG
【2017年9月2日8時50分】 可部線・あき亀山駅前

9月3日は「日本一の日」に決めている<変態鉄>(→ こちら)。
(拙ブログでは、引き続き、「過去記事に『nice!』、コメント歓迎キャンペーンを実施中です!!!)

今年は3日は無理だったので、1日に「日本一短い鉄道トンネル」、
2日には「(JRグループで)一番新しい区間」の真新しい終着駅を訪ねたのだった。

続きを読む


nice!(22)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2017夏、中国地方へ(23)久々の「横川線」は?? [イマドキのTRAMたち(路面電車)]

「まだ、続くのか!?」と、批判の声が寄せられそうなところだが、そこは<変態鉄>。
PV数が最近無かったくらいの水準まで低下しても、「nice!」を押して
いただけなくなったり...、でも、そんなことにも負けない。

「書きたい記事を書く」というのが拙ブログの方針なのである。

というわけで、9月2日の広電の路面電車撮影記。

01_DPP_00002024.JPG
【2017年9月1日14時58分】 広島電鉄江波線・江波電停

すぐ近くを通りかかることはあったのに、なかなか訪れる機会が無かったのが
横川駅周辺。路面電車好きの<変態鉄>でも、高校生の時に一度乗って以来、
ずっとご無沙汰していた区間だった。

四半世紀の間に、JRの駅前広場と一体になった立派な電停に姿を変えており...

続きを読む


nice!(25)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2017夏、中国地方へ(22)呉線の栄光!? [保存車・廃線跡]

秋も深まってきて。いよいよ暑さも一段落、<撮り鉄>には最高の季節...と
思いつつ、仕事の方がなかなか...。

忙しさと予期せぬ事態と。おかげでブログの方は事実上の放置状態。
ただとりあえず、毎晩記事をアップしているだけで...
気になっているブログもなかなか訪問させて頂くこともできず。

01_DPP_00002019.JPG
【2017年10月1日12時48分】 いすみ鉄道・総元-西畑

先日、無理を承知で大多喜まで撮りに行ったわけだが...

すでに稲刈りは済んでおり、沿線では柿がたわわに実っているのが見られた。
“秋らしい写真”も撮っておきたいところ。

そのためにも、休暇なんて言わないので、せめて公休日くらいは休みたい...と。

でも、そんなことばかり言っていても仕方ないので。
今日も引き続き、9月1日の広島での撮影記。

お昼からドン曇りになってきた広島、「曇りの日限定」の撮り方で
原爆ドームをバックに走る広電の路面電車を撮った後は...

続きを読む


nice!(21)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2017夏、中国地方へ(21)曇り空の下、広電を。 [イマドキのTRAMたち(路面電車)]

気づけば、既に10月に入っている。2017年も、あっという間に75%が過ぎて。
いま書いている撮影記は、8月末から9月アタマまでの話題、ちょうど1ヶ月。

最近は朝晩、かなり涼しく感じられるようになり、超暑がりの自分でも
夜は厚い布団をかけて寝るようになった。

01_DPP_00002018.JPG
【2017年9月3日10時15分】 岡山県美咲町・柵原ふれあい鉱山公園(黄福棚原駅)

そんな中、いまだ、この旅の話題も半分。5泊6日の旅の3日目なのだが...

写真の吉ヶ原の片上鉄道保存会、月に一度の展示運転も10月分が終了しており。
9月の展示運転の話題を紹介できるのは、いつになることやら...

というわけで、今日も引き続き9月1日の広島での撮影記。
呉線にある「日本一短い鉄道トンネル」を撮った後、広島に向かったのだが...

続きを読む


nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー