So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

冬晴れの芳賀路にSLを撮りに(9)真岡の屋外展示車たち(その3) [保存車・廃線跡]

年々、地球の公転速度が速まっていくのか...、そんなはずが無い。
ついこの前、正月を迎えたような気がして...。

00_DPP_3008.JPG
【2015年12月16日12時26分】 いすみ鉄道・デンタルサポート大多喜-城見ヶ丘

でも、2016年の記事も、これが最後になりました。
こんな記事(→ こちら)でスタートした2016年の拙ブログでしたが...
1年が過ぎていくのが、あっという間のような気がして。

思えば2016年は、全国各地で大きな自然災害、地震もあり。自分が訪れた町が...、
そんなことと比べたら、ちっぽけな話かも知れませんが、自分自身にとっても
特に仕事面ではいろいろと辛いこともあり。それらは2017年春からの...
と、ここに書いても仕方ないのですが、趣味活動以外の面で、自分にとって
大きな転機となる1年になりそうな、そんな予感がしています。

2016年も残すところ、あと1日。先日、予告記事をアップしたとおり、
この記事をご覧いただく頃には、自分はヒコーキで大阪に向かっています。

明日の記事は、大阪市内のビジホからアップする<速報版>となる予定で、
皆さんのブログへは2日の朝にお邪魔したいと思っています。

どうか、皆さま、良い年をお迎え下さい。

さて、それでは引き続き、12月11日の真岡線SL撮影記。
……  ……

2016年12月11日(日)晴れ

真岡駅に隣接した「キューロク館」に保存されている静態保存車たちを見学。

10_DPP_00000148.JPG
【2016年12月11日12時10分】 真岡鐵道・真岡駅付近

でも、線路の向こうにも展示スペースがあって...

と言うわけで、跨線橋を渡って線路の反対側、西口の方へ。
「キューロク館」の写真の多くが順光で撮れていたと言うことは、
つまり、こちら側の保存車たちは完逆光。撮影が難しいわけで。

01_DPP_00000164.JPG
【2016年12月11日12時36分】 真岡鐵道・真岡駅付近

とはいえ、こう見てみると「真岡」の駅名標と展示中のキハ20 247号車、
何だか真岡駅に停車中のように見えなくも無い。

さて...

こちら側の展示車(?)のうち、<鉄>として見逃せないのは...

02_DPP_00000165.JPG
【2016年12月11日12時36分】 真岡鐵道・真岡駅付近

うんっ!? シャッターが下りているけれど、もしかして!?
そう、思いっきり逆光。フードを付けていてもゴーストがひどくて
写真としてはお見苦しい限りだが、そう、真岡の“現役”SLはC11 325号機と
C12 66号機の2機体制。国鉄型を代表するタンク機関車が両方見られるのが
特徴である。

03_199404_mouka_sl_18.jpeg
【1994年4月頃】 真岡鐵道・西田井-北山

ちなみに、最初に動態復帰を果たしたのはC12 66号機だった。
でも、後にC11 325号機が戦列に加わると、そちらが主役になったのだとか。
1994年の初訪問...というか、前の訪問のときはC11 325号機は復帰前。
もっぱら、C12 66号機だった。下りは西田井駅出発時が煙が期待できる...と
鉄道誌の記事で読んで訪れたのだが...

見事なまでに空振り。この日は駅構内の分岐器付近までで絶気に移った。
隣で撮っていた...というか、たぶん、自分が隣にいれていただいたのだが、
いっしょだった方と「煙、ダメでしたね」のような会話を交わした記憶が。

ちなみに、<変態ガキ鉄>、補正無しのオート撮影でSLを撮るという愚挙。
カメラ内蔵の露出計は、すべての被写体が灰色(グレー)であることを前提に
露出を決定している。SLのような黒い被写体にオート撮影は通用しないのだが...

年明けの記事で、その22年後の<変態鉄>の撮影技術の進歩をお見せできる
のだろうか...!?

さて、SL検修庫のC12 66号機、庫の側面はガラス張りとなっているので、
せっかくだから、何とか撮りたかった。

04_DPP_00000168.JPG
【2016年12月11日12時40分】 真岡鐵道・真岡駅付近

逆光側と言うこともあって写り込みが激しくて撮りにくかったが、
そう、離れてみたら少しマシに撮れたのである。よ~く、目をこらすと
ナンバープレートの「12 66」の文字と、C11より一回り小ぶりな車体が
確認できる。

さて、ここの屋外展示車...

07_DPP_00000062.JPG
【2016年12月11日12時37分】 真岡鐵道・真岡駅付近

何と言っても、<変態鉄>の注目はキハ。キハ20 213号車。
最近になって塗装を直したのだろうか、タラコ色の姿だったが、
でも、車番など表記類はすべて塗りつぶされており、この213というのも
いろいろ調べて見つけてきた。

1958年、帝国車輌で製造され、1988年6月、キューロク館の247号車と同時に
廃車となっている。幌枠やHゴムまでタラコ色に塗るという、マニア目線では
ちょっと「???」な部分もあるのだが、貴重なキハ20の生き残りである。
ただ気になるのは運転台側の前面窓が破損していること。
こちらも、真岡鐵道の前身である旧国鉄真岡線を実際に走った車輌だけに
何とか再整備して欲しいと願うのだが...

05_DPP_00000167.JPG
【2016年12月11日12時38分】 真岡鐵道・真岡駅付近

あとはDE10 95号機。JRに承継されたのは1000番台以降の車輌で、
こういう若い番号のものは国鉄時代に廃車になっている。

真岡駅構内で部品取り用として珍妙な塗色になっている1014号機より、
こちらを見やすい位置に展示して欲しいのだが...
朱色に白帯のディーゼル機関車らしい塗色を保っているが、一部、錆が出て
車体の劣化が心配される状況。

このほかにもトラ70000、ヨ5000といった国鉄時代の“黒貨車”たちが
保存されており、外板塗色は比較的キレイに塗られているのだが、
やはり、車番などは塗りつぶされていて。木の枝を避けながらフェンス越しに、
しかもカメラを向ければ完逆光。撮影はなかなか難しくて。

……  ……

49671号機も見て、展示車たちも眺めて...

予定より早く真岡駅に戻った。「駅ソバ」はあるのだが、確かに、クルマで
送ってもらったときに教えていただいた通り、真岡駅前はあまり賑やかな
場所では無く。日曜の昼間と言うこともあってかひっそりとしていた。

と言うわけで、<変態鉄>は撮影地に向かって歩き出す決意を固めた。
実はこの時点で上りの「SLもおか号」まで約3時間、移動時間はたっぷり
あったが、どうしても真岡より下館側で撮りたい...と思っていた。

それには理由が...

駅周辺は閑静な住宅街と言った感じだろうか、とりあえず、できるだけ線路から
離れない道を選びながら、寺内駅方向に向かったのだった。

大型スーパーの前を過ぎると道は線路沿いに。近くのコンビニで昼食代わりの
菓子パンを買って...

06_DPP_00000169.JPG
【2016年12月11日13時23分】 真岡鐵道・真岡-寺内

線路沿いを歩いていて踏切機が鳴り出すとカメラを出さずに居られないのは
<鉄>の習性である。真岡駅近くの住宅街をゆく、モオカ14-3号車。
真岡駅を13:26発の第124列車である。

そのまま歩けばまもなく周囲は一面の田園地帯。
下りの「SLもおか号」を撮った後、クルマで乗せてきてもらったときに通った
見覚えのある交差点。その横断歩道を渡れば八木岡地区。

07_DPP_00000170.JPG
【2016年12月11日13時43分】 栃木県真岡市八木岡付近

線路に沿ってあぜ道へ。
見れば、筑波山がクッキリとその姿を現していて。12月、寒いには寒いのだが
陽射しもあって過ごしやすい天気だった。

08_DPP_00000171.JPG
【2016年12月11日13時47分】 真岡鐵道・真岡-寺内

下りを撮った「地蔵前」を通過、近くにはこんな小さな橋梁が。
よく見れば鏡台はレンガ積み。なかなか渋いストラクチャーが残っている。
ほどなく北関東自動車道の下をくぐれば、寺内駅に向かって今度は上り勾配。

その先にある、小さな踏切が、<撮り鉄>の間で通称「NTT前踏切」と呼ばれ、
北関東自動車道のアンダーパスから上り勾配を駆け上がるSL列車を撮れる
撮影地として知られている。撮影地のすぐ隣がNTTの通信施設であることが
命名の由来だろうか。

ただ、足場は狭く踏切脇のポジションは「定員1名」だろうか。
早めにやって来たのが幸いした。誰も居らず、まず自分なりにベストポジション。
あとから2~3名やって来ただろうか。

さぁ、試し撮り。

09_DPP_00000172.JPG
【2016年12月11日14時18分】 真岡鐵道・真岡-寺内

ススキも良い感じ。正面がちに撮ることになるのだが、あまり張り切って
望遠で撮ろうとすれば、北関東自動車道の高架が目立ってしまって。
そのあたりのバランスも難しい。

真岡鐵道は意外と列車本数が多く、日中でもほぼ1時間ヘッド。
14時半の第126列車は、あいにく曇ってしまって、薄暗い1枚になってしまった。

でも...

10_DPP_00000173.JPG
【2016年12月11日14時48分】 真岡鐵道・寺内-真岡(後追い)

見上げれば青空が広がっていて。すぐ後にやって来た下り第125列車は
ちょっとエロい感じの光の中で撮ることができた。
ただ、思いっきりピン甘、というよりピンボケ。何やっているのか...!?

とはいえ、あくまで試し撮りは試し撮り。この位置にC11蒸気機関車が
来たところでシャッターを切れば...
珍しくフォーカスもマニュアルに切り替え、思った位置にピントを調整。

空を見上げれば太陽を覆い隠しそうな雲の気配は無く。
15時半にこの地点を通過する「SLもおか号」を待つばかり...。(つづく)

……  ……

ということで、まもなく出撃するため、明日の記事...というか新年最初の記事は
<速報版>となります。

1年間、お付き合いいただきましてありがとうございました。
このようなブログではありますが、2017年も引き続き、
よろしくお願いいたします、

皆さま、どうか良いお年をお迎え下さい。

(※)撮影時刻は写真データのものです。したがって、実際の時刻とは多少前後します。

あなたの「ポチッ!」こそが、励みになります。あっ、あと、「nice!」も。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

nice!(17)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 17

コメント 5

KINYAN0829

鉄の楽しみを今年もたくさん見せていただきました。
また、我がブログに2016年もご訪問・niceありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。
良いお年をお迎えください(^^♪

by KINYAN0829 (2016-12-31 13:19) 

sarusan

今年1年御世話になりました、来年も宜しくお願い致します。
良いお年をお迎えください。

by sarusan (2016-12-31 15:37) 

とーる

本年もご訪問いただきありがとうございました。
個人としては様々なトラブルやアクシデントに見舞われた1年となってしまいましたが、来年は穏やかな1年になってほしいものです(笑)

良いお年をお迎えください。
by とーる (2016-12-31 15:44) 

hanamura

今年もお世話になりました。来年もよろしくお願いいたします。
富山ヨカッタです! どうぞ、良いお年をお迎えください。
by hanamura (2016-12-31 18:55) 

あるまーき

皆さま、コメントありがとうございました。
お返事がすっかり遅くなってしまいまして申し訳ありませんでした。

☆ KINYAN0829さん
<鉄>な話題ばかりで...、でも、少しでも楽しい面をお伝えできたら、と思っています。2017年もよろしくお願いします。

☆ sarusanさん
なかなか、sarusanさんのブログに訪問できずにおり、申し訳ありません。でも、岐阜からの話題もカワセミも楽しみにしております。2017年もよろしくお願いいたします。

☆ とーるさん
自分もなかなか思い通りにいかないことが多く、日々、忙殺されております。2017年は自分らしく過ごせるよう頑張りたいと思います。とーるさんにとっても、2017年が少しでも良い年になるよう祈念しております。

☆ hanamuraさん
富山は季節ごとに美味しいものもありますので、ぜひ、また違う季節に訪れていただけると...。富山市内だけで無く高岡にもトラムがありますし、黒部方面も素敵なところがたくさんあります。
2017年もどうぞよろしくお願いいたします。


by あるまーき (2017-01-02 09:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0