So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

年越しは「ちん電」で(1)東大阪にも阪堺!? えっ、南海!? [保存車・廃線跡]

大晦日から元日にかけての阪堺電気軌道撮影記。

こりゃまた、長くなりそうな話題。
<変態鉄>というのは、熱しやすく冷めにくい性格??
意外と一途というか、結構、1つのことにのめり込んでいくタイプ。
趣味の、<鉄>活動においてもそれは変わらず。

しばらく前まで、キハ、つまり、ディーゼル動車ばかり追っていたのだが、
2016年、阪堺の撮影会に参加してからは「ちん電」にすっかり嵌まってしまって。

大阪ミナミの繁華街、天王寺駅前と恵美須町から堺市の浜寺駅前を結ぶのが
「ちん電」、阪堺電気軌道である。その中で撮りたいのは昭和3年製のモ161形。
かつて、イベントの時に阪堺の職員の方に聞いてみたのだった。

「モ161形が、一番、動く日っていつですか??」

001_DPP_00000218.JPG
【2017年1月1日11時05分】 阪堺電軌阪堺線・住吉鳥居前電停

そう、それが正月三が日。住吉鳥居前電停は、その名の通り、住吉大社の目の前。
臨時ダイヤで初詣輸送が行われる、元日からの数日間は、阪堺の線路際が
一番、賑やかになる日でもある。10日前に撮りに行ったばかりであっても、
「ちん電」を撮る者として、一度は見ておきたかった。

……  ……

とはいえ、一番苦労したのは往復のヒコーキ。日中は毎時1便以上の高頻度、
しかも、B777型機を初めとした大型機が就航する羽田-伊丹線。
当初、12月30日の午後に出発、1月2日の夕方に東京に戻るプランで...

04_DPP_00000187.JPG
【2016年12月17日11時12分】 東京都大田区・羽田空港国内線第2ターミナル

でも、それは甘すぎた。クリスマス間近の時期にANAの予約サイトを見れば、
軒並み「×」印が並んでいて。かろうじて確保できたのは、
31日早朝の羽田 → 関空 と、元日の夜、最終便の関空 → 羽田。
とりあえず、ポチッポチッと。でも...ムフフフ。

2016年12月31日(土)晴れ

「寒い!!」、急いで準備をして自宅を出たのは午前4時。吉祥寺駅までは徒歩15分。
自分が並んでしばらく、4時半を過ぎると一気に列が伸びて...
発車前には定員に達して次便(5:20発)に回される人が続出の5:00発、
小田急リムジンバス。第2ターミナルには5:35着。

7時過ぎの関空ゆきを予約していた<変態鉄>が急いでいたのは...
そう、自動チェックイン機で探せば、6:10発のNH985便(伊丹ゆき)に空席が。
“37F”という後方中央席ながら、1時間早く、しかも伊丹に行ける!!

保安検査場は、驚くほどあっさりと。伊丹ゆきの良いところは検査場の正面の
ゲートから搭乗できること。

だいたい、月1~2回のペースでヒコーキを利用する<変態鉄>、
だんだん“悪知恵”というか...、自動チェックイン機で「空席無し」だったり、
中央列しか空いていなかったときには、搭乗案内のアナウンス直前にカウンターの
お姉さんにお願いすれば...

「やった!!」

前方窓側17A席に変更である。期間限定の「かぼすジュース」を堪能するうち、
7:20過ぎに伊丹空港に到着である。

05_IMG_6652.JPG
【2016年9月17日8時46分】 大阪市北区梅田・ハービス付近

7:50発の阪神リムジンバスは「ハービス大阪」ゆき。自社系のホテルの前の
バス乗り場である。

さぁ、阪堺へ!?

それは半分正解、半分間違い。
ハービスのすぐヨコのエレベータで下りれば、地下鉄四つ橋線の西梅田駅。
8:20発の住之江公園ゆき、本町で中央線に乗り換え。

...と、阪堺電車なら天王寺駅前か恵美須町に向かうはずなのである。

002_DPP_00000408.JPG
【2016年12月31日8時43分】 近鉄けいはんな線・新石切駅

10日前にも利用した地下鉄中央線。でも、本町四丁目でも降りず、森ノ宮も...
長田駅で乗務員交替...というか市交通局の車掌さんが降りてワンマン運転。
吉田駅付近からは高架になって。そう、生駒ゆきで近鉄けいはんな線へ。

003_DPP_00000193.JPG
【2016年12月31日8時43分】 近鉄けいはんな線・新石切駅

そして、下車したのは、なぜか新石切駅。
生駒山地に面した郊外のベッドタウンの駅に着いたのは9時前のこと。
「四條畷方面」の路線バスに乗れば...、駅前の歩道橋には丁寧なバスの
乗り場案内が貼られていて。お目当てのバス乗り場への階段を下りれば、
ちょうどバスが発車するところ。ドアが閉まるところだったが、
階段を駆け下りた<変態鉄>のためにドアを開け直してくれて...

004_DPP_00000413.JPG
【2016年12月31日9時12分】 大阪府東大阪市・大阪産業大付近

「中垣内」、何だかバレーボール選手のような名前の町に入り、
終点が近づくにつれだんだん車内は寂しくなり、終点目前では自分ひとりに。
運賃は280円を払って終点の「産大前」バス停で下車。

<変態鉄>の卒業した大学は都内にある。大阪産業大...って、何の縁もゆかりも。
年の暮れに、知り合いも居ない大学を訪れようと思ったのは...

それはこの写真の中にヒントがある。
でも、最初、自分も気づかず。「しまった!!」、目的地を間違えたかと一瞬、
焦ってしまった。いやはや、それにしても広大なキャンパスなのである。

005_DPP_00000416.JPG
【2016年12月31日9時05分】 大阪府東大阪市・大阪産業大付近

道路を挟んで、両側にずーーーっと続いている。
どうやら、甲子園の常連、プロ野球選手も輩出している強豪校も同じ法人が
運営しているみたいで...

ぬぁんと、学校の敷地(?)に路線バスの転回場まで設けられていて。

そういえば、チラッと写っているが、行き帰りに利用した近鉄バスの塗色も斬新。
バスには詳しくはないが、「近鉄」ってこんなカラーだっただろうか??

さてさて。

お目当ての“あれ”が居ないのである。守衛室とか受付とかも...
掲示されている構内の案内図を見てみれば、路線バスの乗り場がある、
こちら側が、いわば“裏門”にあたる位置のようで、広大なキャンパスを
ぐるっと1周しないと...と、そのとき。

006_DPP_00000410.JPG
【2016年12月31日9時04分】 大阪府東大阪市・大阪産業大付近

濃緑色に塗られたボディ。リベット(鋲)止めされた車体には、
このエンブレム...

もしかして...

02_DPP_00000194.JPG
【2016年12月31日9時05分】 大阪府東大阪市・大阪産業大学付近

そう。モ205形のモ229号車である。
前の週に、和歌山市内の交通公園で保存されている個体を見たばかりの中型車。
でも、それよりもっと美しい状態を保ちながら、大学に保存されている
のである。一目だけでもその姿を。

……  ……

というわけで、「いつものこと!」かも知れないが、「ちん電」が出てくるまで
もう少し日数がかかりそう。

007_DPP_00000205.JPG
【2016年12月31日13時40分】 阪堺電軌上町線・神ノ木電停(後追い)

このほかにも、1月8日の水海道での撮影会の話題など、後ろがつかえている。(つづく)

でも...、そんな中でも。

04_PICT1262.JPG
【1999年10月28日】 神岡鉄道・猪谷駅(当時)

まだ先、しかも「申込み多数の場合は抽選」とあるので、どうなるか不安だが。
情報を知って、ポチッポチッとしてしまったのである。
実は、ある筋の情報で“非公開で保管”されていること自体は、
知っていたのだが、まさか。もしかしたら、約20年ぶりに、
あの個性派ディーゼル動車に会いに行けるかも知れない。

(※)撮影時刻は写真データのものです。したがって、実際の時刻とは多少前後します。

あなたの「ポチッ!」こそが、励みになります。あっ、あと、「nice!」も。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

nice!(19)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 19

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0