So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

四半世紀前、北の港町の電車は(前編)(1993・94年函館市電撮影記) ['90sのトラムたち]

しばらく前、カメラ好きの間で「ビネガーシンドローム」という語が話題になったことが
あった。戦後、長らくフォルムの素材に使われていたアセテート系の樹脂が、
空気中の水分によって加水分解され粉末に戻ってしまうという“恐怖の現象”である。

幸い、<変態鉄>が写真を撮るようになった頃には、そういう化合物から
PET素材にフィルムも変わっていたので、一安心...
(尤も、怯えなければならない写真を撮っていない...というのがあるのだが)

と思いきや、PET素材のフィルムでも劣化が進んでいる例が多数報告されており、
特に、フィルムを現像から返されてきたときのビニール袋に入れたままのものなどは
そのビニールに溶着したような状態になっているものが少なくないのだそうで。

そこまで酷い状態のネガは、未だ確認していない<変態鉄>なのだが、
でも、何色の被写体だったのか判別しづらくなっているような写真はいくつかあって。

01_IMG_20180223_0032.jpg
【1994年5月31日】 函館市交通局(当時)・函館駅前-市役所前(後追い)

「久々に撮りに行きたい路線」の1つに挙げていながら、撮りに行けていないのが、
北海道函館市の路面電車。いつの間にか、低床連接車が増えている...ようなのだが、
2018年中には再訪できるだろうか。

その函館の路面電車を<変態ガキ鉄>が撮ったのは、1993年10月と翌94年5月のこと。
そのときのネガからご紹介したい。

……  ……

1993年10月11日(月)晴れ

ビル・クリントンが米国大統領に就任し、皇太子徳仁親王と雅子妃の結婚の儀が
執り行われた、この年。高校生になった<変態鉄>は1年間かけて20数都市に走っていた
路面電車を撮り歩いた。

その中でも「苦難」だったのが、札幌と函館、2都市を回った10月の連休。
最初の夜は上野発の夜行急行「津軽」が超満員。宇都宮駅くらいからは自由席では
立つこともできないので指定席車のデッキに立つように(確か「グリーン車でも良い」と
言っていたような...)、早朝の仙台駅(当時は仙山線経由だった)で下車、コンコースで
仮眠をとったのだった。

02_199310_hokkaido1_13.jpeg
【1993年10月11日】 函館本線・函館駅

前夜、23時半に札幌駅を発った快速「ミッドナイト」号。
北海道用の急行型ディーゼル動車キハ27形の3両編成は全車指定制。
カーペット車2両とグリーン車廃車発生品のシートを転用した
ドリームカー1両の3両編成。直前になって偶然にも、ドリームカーに空席が。

この快速列車、札幌を23時半に出発すると、新札幌に停車、その次はドアが開く
停車駅が終点・函館まで1つも無く。真っ暗に消灯された車内、噴火湾の漁船の
漁り火がとてもキレイだったのを覚えている。
清々しい朝の光があたる朝の函館駅へ。

03_IMG_20180223_0013.jpg
【1993年10月11日】 函館市交通局(当時)・函館駅前電停

イカをイメージした電停看板を記録していた。

まだ観光客がそれほどは多くなかった「朝市」に出向いてイクラなどを買って。
そこから、1日乗車券を買ったら市電の撮影開始である。

04_IMG_20180223_0020.jpg
【1993年10月11日】 函館市交通局(当時)・函館駅前電停付近

この当時、車両面では710形、800形と言った函館市電オリジナルの
丸っこい車体の電車を中心に比較的地味な陣営だったように記憶している。

東京都電7000形の譲受車などもあったはずだが、運用に入っていたのは
函館オリジナルの形式が多かったようで。
ネガもほとんどのコマが710形か800形。

05_IMG_20180223_0021.jpg
【1993年10月11日】 函館市交通局(当時)・函館駅前電停付近

とはいえ、番号は710形であっても角張った車体更新車の導入も進められていた時期で。
車両形式としても、いろいろとバリエーションが楽しめた。

記憶が確かなら、こうした函館市電の車体更新工事はJR五稜郭工場などにも発注して
いたような。当時、JR九州の鹿児島工場も鹿児島市電の車体更新工事を受注していたり
JRの車両工場というのは、基本的に新製では無く検査や修繕が中心だが、この当時は
こういうのが珍しくなかったような。

06_IMG_20180223_0010.jpg
【1993年10月11日】 函館市交通局(当時)・湯の川電停

さて、とにかく、この日は初めての訪問だったので、まずは全線乗ってみることに。
湯の川終点まで乗ってみた。この当時、すでに「ガス会社まわり線」は廃止されており
路線図はかなりスッキリした後だったが、でも、結構、長い路線で終点が近づくと
周囲はだいぶ開けた印象になって、湯の川終点は<変態ガキ鉄>には町外れのような
感じに映ったのだった。

07_IMG_20180223_0012.jpg
【1993年10月11日】 函館市交通局(当時)・駒場車庫付近

この湯の川にくる途中に駒場車庫があって。
逆光で車両の写真は撮りにくかったが、各形式の車両が休んでいるのが確認できる。

いまだったら、図々しく、車庫の職員にアレコレとお願いしてしまいそうだが...

08_IMG_20180223_0014.jpg
【1993年10月11日】 函館市交通局(当時)・末広町電停付近

とりあえず全線乗ってしまった後は、末広町付近を中心に撮っていたみたい。
このバックの建物が印象的だったのか、当時のネガにはこの地点で撮ったコマが多い。

そして、この地点で撮ったのが...

09_IMG_20180223_0003.jpg
【1993年10月11日】 函館市交通局(当時)・末広町電停付近

この電車だったのだ。後で1度、乗ってみたのだった。
たしか女性の車掌さんが旅客案内にあたっていたような...朧気な記憶。(つづく)

(※)撮影時刻は写真データのものです。したがって、実際の時刻とは多少前後します。

あなたの「ポチッ!」こそが、励みになります。あっ、あと、「nice!」も。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

nice!(16)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 16

コメント 2

hanamura

最近の函館は知りませんが、なつかしいです。
by hanamura (2018-02-24 08:26) 

あるまーき

hanamuraさん

コメントありがとうございます。
最近の函館、自分も気になっております。
今年中に、一度、行けると良いのですが...
by あるまーき (2018-02-24 21:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。