So-net無料ブログ作成

神のお告げか!? <速報版> [とりあえず<速報版>]

11時半に郡山駅で新幹線に乗り換えれば、東京まではあっという間。
午後からは仕事だったわけで。

金曜は、ホテルのチェックアウトの時間まで、若松市内で只見線を撮ろうと。

お目当ては朝一番の、会津若松に7時過ぎに到着する上り列車。
通学輸送の関係で、ぬぁんとキハ40形だけの4連。

その編成写真を撮れる場所と言えば...

……  ……

2019年5月31日(金)曇り

南向きに撮るので晴れると逆光。キハの側面は黒く潰れてしまう。
撮影地から、その只見線の鉄橋までは数百メートル離れているので、雨が降ると
雨粒で霞んでしまってキハの姿をハッキリと見ることは難しく...

時折、雲の切れ間から陽が射し込んでくるものの、最後の朝はベストコンディション
ともいえる天気だった。朝の列車の走行写真には5月、6月と陽の長い季節が適して
いることはいうまでもなく。

そのすべての条件が揃っていた。

そう、今朝の撮影地は高田橋。阿賀川鉄橋を渡る只見線キハが撮りたくて。


s31_DPP_00005590.JPG
【2019年5月31日7時50分】 只見線・西若松-会津本郷

でも、ここに貼ったのは、その4連が会津若松駅で1両切り離し、3連の下り列車に
なって再び会津川口駅へと向かっていく、その姿なのである。

いや、寝過ごしたわけではない。5時半、タクシーで高田橋までやって来て。
朝6時の2連の姿も撮っている。

この高田橋、会津美里町方面からくるクルマが渋滞して...幹線道路の橋である。
歩道は広く撮影には困らないが...

数百メートル先の鉄橋から響いてくる列車の音は、すぐ後ろを走るクルマの音で
完全に消し去られており。一瞬、ケータイに目をやったら...、気づいたときには
すでに4連の先頭車はカメラのフレームからはみ出しており...う~ん。

最悪の結末だったのである。

初日、いきなり「蓋沼森林公園下俯瞰」を成功させ、2日目は第1・第3只見川
鉄橋の俯瞰にも成功。まさに“順風満帆”だった、今回の撮影行。
「次は紅葉の10月かな~」等と思っていたら...

これは「陽の長い時期のうちに、もう一度、只見線に行け!!」という神様からの
お告げなのではないか...とすら思うのである。

ということで、現在、次に只見線に“出撃”できる日程を調整しているのである。

今日は短めで。

(※)撮影時刻は写真データのものです。したがって、実際の時刻とは多少前後します。

あなたの「ポチッ!」こそが、励みになります。あっ、あと、「nice!」も。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 11

コメント 2

青い森のヨッチン

キハ40、大湊線にも乗り入れていた八戸運転所のものも運用終了であの力強いエンジンの音が懐かしいです。家まで聞こえて来た懐かしいサウンド。
まだまだ只見線では主力なのは嬉しい。
by 青い森のヨッチン (2019-06-01 09:07) 

ferrum_queserasera

青い森のヨッチンさん

コメントありがとうございます。なかなか、乗車する機会がないまま八戸のキハ40は引退してしまいました。
同系もすでに製造から40年以上を経過し、只見線でも沿線の<鉄>の間には「今年度限りで置換え」という噂が絶えません。
只見川沿いの美しい車窓風景と、あの重厚なエンジン音...
また近々、行ってきたいと思います。

by ferrum_queserasera (2019-06-01 09:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。