So-net無料ブログ作成

新緑には間に合わなかったけれど...只見線キハ!!(7=最終回)高田橋 [会津・越後のキハ[只見・磐越西線]]

木曜日、会社でちょっと...
慣れないことをしたばかりに。自宅でも仕事でも使っているモバイルルーターを...

というわけで、普段とはネット環境が違っており。その関係で、今日の記事は
“簡易版”にしないといけなくなってしまった。

でも、その前に。

61_無題.png

しばらく前に、みごと 1,000 pt を当てたソネットの「新ポイント・ポン」。
大抵は、0 pt~3 pt の間になるのだが、昨日は、ぬぁんと「56 pt」。
ランダムとは言いながら、実は...

高得点が出やすいパターンというのがあるのではないか...と。
ちょっと自分の中で仮説を立てている。もしかして...と思っているのが、
合っていても間違えていても、黙っておきたい。

果たして、「新ポイント・ポン」に“攻略法”はあるのか?!

ということで...

5月末の只見線撮影記。その最終回は、あっけない幕切れ。
……  ……

前日まで念願の「蓋沼森林公園下俯瞰」のリベンジも果たし、スッキリした
青空の下、「只見川第1橋梁俯瞰」も「第3橋梁県道俯瞰」にも成功して。

2泊3日の撮影行、その成果は思っていた以上のものだった。もちろん全てが100点
満点というわけにはいかないものの、天候に恵まれたこともあって、どの撮影も
満足できる出来映えで。長年、<鉄>をしていても、こんな撮影行、滅多にないのでは
無いかと思うくらいの出来映えだったのである。

そして、最後の朝は...


2019年5月31日(金)曇り

何と言っても、朝の4連キハを。でも、午後からは東京で仕事なのである。
そう、だからあまり遠くには行けないわけで。会津若松市内でサッと撮って
ホテルに戻って、すぐに荷物をまとめてチェックアウト...

意外と慌ただしいのである。

朝5:30、予報の通り、この朝は一転、曇り。とはいえ、雨が降りそうな感じでは
無くて。実はこの日の撮影地は「曇り限定」。線路の北側にしか撮影できそうな
足場が無いのである。だから晴れれば逆光になること必至。

ということで、最後の最後まで運に恵まれたのである。

62_DPP_00005735.JPG
【2019年5月31日5時48分】 福島県会津若松市北会津町三本松付近

タクシーで15分ほど。阿賀川(大川)に架かる高田橋の袂でタクシーを降りたの
だった。会津若松駅前から2千円ほど。この高田橋、西若松駅の南側で線路を
オーバークロスする通りで、会津バスの「高田・永井野」線もこの橋を渡って
会津高田へと向かっていく。

線路からは1 kmは無いが、ゆうに数百メートル離れていて。背後はいくらか
ゴチャゴチャしているのだが、たぶん、4両編成をサイドから撮れる場所としては
会津若松駅から一番、近いポイントなのでは...

でも、まずは反対向きに。

「昨日の方が良かった」とは散歩していたオジサンのコトバ。雲の向こうに
朝の陽射しを浴びて浮かび上がる飯豊山の姿が見えるのだった。

63_DPP_00005736.JPG
【2019年5月31日6時11分】 只見線・西若松-会津本郷

会津若松駅を6:00に出発してくる下りの一番列車。そう、前日はこの列車で
会津宮下を目指したのである。橋の中間から望遠400 mmで。

この列車が会津坂下駅で交換するのが、上りの一番列車。キハの4両編成である。
時刻表では、その第422D列車の西若松駅の時刻は、7:14
ちょっと安心...というか油断していた。上り列車は阿賀川を渡って右へ思いっきり
カーブ、進路を北に変えて、いま<変態鉄>がカメラを構えているこの通りを
潜ったら会津鉄道と並走しながら西若松駅に到着する。その間、3~4分。

つまり、7:10頃に通過する...とばかり思っていた。
だんだん若松市街へ向かうクルマの渋滞も激しくなってきて。「何撮ってるの??」
話しかけられて、信号待ちの間、会話していたり、ケータイに目を落としたり。
そうクルマの往来の激しい道沿い(歩道は十分すぎるほど幅があるのだが...)、
鉄橋から数百メートル離れていれば、列車の音はほぼ聞こえないのである。

ケータイの画面から顔を上げた瞬間だった。

64_DPP_00005737.JPG
【2019年5月31日7時07分】 只見線・会津本郷-西若松

「※#?○*■;×!」
右から左へ。EOS RPのファインダーの中を列車が通り過ぎていくのである。

兎に角、夢中でシャッターボタンを押したが...

時既に遅し。嗚呼...

まさか、の“撃沈”である。現地に来て、4両編成に合わせた構図も...
しかも曇り空...

何もかも揃っていたのである。でも、カメラから目を離して...。

時刻表をよく見れば、1つ手前の会津本郷駅を出るのが7:05、距離では西若松より
本郷の方が近いわけで。そんなことよりも、時刻表には通常、各駅の「発時刻」が
掲載されるわけで、西若松駅は上下列車の交換と、ここから会津若松まで線路を
共用することになる会津鉄道線の列車との交換もあるわけで。まとまった停車時間が
あるのが通常なのである。<鉄>のクセに時刻表もちゃんと読めないのである。
情けないやら恥ずかしいやら... (← 誰に対して!?)

さて、いま、撮り逃した4連は会津若松駅で先頭の1両だけを切り離し、3連になって
再び会津川口へと向かっていく。

s31_DPP_00005590.JPG
【2019年5月31日7時50分】 只見線・西若松-会津本郷

今度は下り列車、西若松駅を7:47発。50分頃に、この鉄橋を通過して行ったのである。

とりあえず撮れたのだが、やはり気持ちは...

「高田橋北」バス停で10分ほど待って若松駅前ゆきの会津バス。
それにしても待っていた間、「オリンパス通勤バス」の表示の会津バスの路線車が
次々に通過して行くのが...

ホテルに戻って荷物をまとめてチェックアウト。高校生の何か行事があるようで
福島駅前ゆきも郡山駅前ゆきも続行便が設定されるくらいの盛況で。
若松駅前バスターミナルもとても混雑していて。

<変態鉄>が9:50発の郡山駅前ゆきの高速バスを待っていると、9:30発の新宿ゆき
「会津夢街道8号」がほぼ満席の乗客を乗せて出発していったのである。
時刻表を見れば、そのバスタ新宿到着は14時。新幹線乗り継ぎと、そう大きくは
変わらないのである。

そんなことを確かめながら「朝の4連キハ」の“リベンジ”をどうすべきか...

<変態鉄>のアタマの中は、次の只見線撮影行のことで占められていたのである。

というわけで、来週は、再び水曜から只見線に“出撃”、今回は往復とも
「会津夢街道」号。金曜日、東北自動車道で何かが起これば、<変態鉄>は
職場で窮地に追い込まれることになるのである。果たして...!? (おわり)

(※)撮影時刻は写真データのものです。したがって、実際の時刻とは多少前後します。

あなたの「ポチッ!」こそが、励みになります。あっ、あと、「nice!」も。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 16

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。