So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

あぁ、明日から仕事。 <速報版> [とりあえず<速報版>]

関西空港というのは羽田はおろか、地方空港に比べても設備が貧弱では??
とすら、思ったのである。

ゆっくり、この記事を書こうと思って早めに保安検査を通ったら...

コンセントがあるのが、何だかイマドキのオフィスみたいな、直径1 mほど、
小さなハイカウンターだけ。パソコンを使うのは立って!?

しかも、それは数も少ないし搭乗客が通り抜ける通路の真ん中に。
パソコンを立ち上げてから、バッグの中のマウスを探そうと、
ホンの少しだけ離れたら、奥の搭乗口から乗るのだろうか、通りがかった
修学旅行生にPCを悪戯されてしまった。ちょっと腹が立ったけれど、
引率の教師も気づかないのか、見て見ぬふりなのか...

まぁ、高校生くらいにもなって、他人の持ち物に悪戯してはならない...と
いうのは、学校で先生が教えることでもあるまい。教師のせいにするのは
お門違いだろうが...。

それにしても、パソコンデスクの見つからない空港というのも久しぶり。

やはり、伊丹からの便にしておくべきだったか...、最後の最後はちょっと
イライラしているのである。

昨日までは晴天に恵まれたが、今日は断続的に小雨がパラつく生憎の空模様。

s41_DPP_00000109.JPG
【2016年12月20日11時19分】 阪堺電軌上町線・東天下茶屋-北畠

でも、「最新の芝生軌道をゆく現役最古の電車」も撮れたし、
東天下茶屋電停近くに、自分として気に入った撮影ポイントも発見できて、
「阪堺電車を撮る」という今回のは、十分、果たせたと満足しているのだった。

続きを読む


重大な事態が発生!? <速報版> [とりあえず<速報版>]

「ことでんレトロ」を撮りに行くことが今回の最大の目的だったわけで、
それは昨日。そして...

s31_DPP_00000094.JPG
【2016年12月19日7時16分】 水島臨海鉄道水島本線・浦田駅

東京から高松まで長躯やって来たのであれば、岡山県は“ご近所”。
水島臨海鉄道のキハたちを見に行かないと。イベント運転で乗車・撮影したが
天気に恵まれず、走行シーンをちゃんと撮っていないキハ30 100号車は
冷房がないため冬季限定で運用に入るわけで...

もちろん、キハの運用は当日、その場になるまでわからないのだが、
ラッキーなことに今朝は倉敷市側にキハ30の「国鉄色コンビ」で運転。

ところで、高松から倉敷は近いようで遠い。高松のホテルをチェックアウトして
臨鉄キハの時刻に間に合うの!?

続きを読む


信じた者は... <速報版> [とりあえず<速報版>]

ネットには多くの<鉄>な皆さんの手による“撮影地ガイド”が上がっている。
駅ホームから写すようなお手軽版から、作例写真もプロ並みの非常にレベルの
高いものまで。月に一度、日曜日に高松琴平電鉄琴平線を1往復するのが
「レトロ電車」。<徒歩鉄>にとっては、上下各1回の撮影機会。

だからこそ昨日のうちに、ネット上の撮影地ガイドで情報を集めて...

s21_DPP_00000089.JPG
【2016年12月18日12時05分】 高松琴平電鉄琴平線・琴電琴平駅

撮影はあくまで自己責任で行うもの...というのは十分に分かっている
つもりだが、でも...

「築堤上をゆく列車を撮れる」と紹介されていた箇所に訪問してみたら
水田区間の地平区間。しかも、順光側は撮りづらく...。
快晴、青空が広がった分、ショックも大きかった。

なかなか、思い通りの画が残せない、ことでんレトロ電車。
2017年にも、引き続き挑戦してみたい。

続きを読む


ただいま高松。もちろん、ことでん。<速報版> [とりあえず<速報版>]

明日は...、というか日付変わって18日は、ことでんレトロ電車特別運行、
2016年最後の運転日。120-300、「卒寿コンビ」を、どこで撮ろうかと検討中。

お昼のヒコーキで高松入り。
空港バスを「空港通り・一宮」バス停で下りてやって来たのは、仏生山。

ことでんを撮る者の端くれとして、やはり、仏生山車両所を見ておかないと
気が済まないのである。留置中のレトロ電車たちはどうなっているか、
“仏生山のヌシ”は、どうしているか!?

三名町の交差点からは真っ直ぐ道なり。仏生山へと急いだのだった。

s1_DPP_00000080.JPG
【2016年12月17日14時31分】 高松琴平電鉄・仏生山車両所付近

14時半、西に傾きつつある冬の太陽が、黄色い電車たちを照らし出していた。

続きを読む


準備万端 ×2 <出撃予告> [出撃予告記事]

今朝は9時半に起床。まず、パソコンを立ち上げて...

拙ブログ開設当初に何度も撮りに行った関東鉄道常総線のキハ100形、
旧国鉄キハ30形である。定期運用を退いたのが2013年(平成25年)12月16日。
ちょうど3年が経過して、とうとう正式に廃車となることが発表された。

0Y6C2049.JPG
【2013年1月2日13時06分】 関東鉄道常総線・南石下-三妻

その最後のイベントとして、新年1月8日に撮影会イベントが開催される...
ということで。

1月8日というのは<変態鉄>にとって重要な日である。
そう、大相撲一月場所の初日なのである。先場所は終盤に見せ場を作りつつ、
平幕 栃ノ心に敗れて初賜杯の夢が潰えた大関 稀勢の里。今場所こそ、
初賜杯で大逆転の綱取り!! それを願っている<変態鉄>としては、
初日を見逃すことはできないのである。

ということは撮影会は、絶対に「午前の部」で申し込まないと...
午前の部・午後の部、先着で定員それぞれ200名。自室でパソコンを立ち上げ、
関鉄のウェブサイトの申し込みページをいつでも開ける準備をして...

続きを読む


秋の日曜日には...(3=最終回)乗りたくて、でも、撮りたくて。 [都電を追って[都電荒川線]]

気になっているのに、なかなか撮りに訪れることができない路線というのが。
ある意味、富山地鉄もそうなのだが...、

都電荒川線もその1つ。その気になれば平日の仕事前の時間帯など...
行くことができる機会はたくさんあるはずなのに、「いつでも行ける」は、
「いつまでも行かない」を意味してしまうのが、<変態鉄>のダメっぷり。

でも、都電荒川線だって“いつでも”などとはとんでもない。

01_DPP_5786.JPG
【2016年12月4日13時09分】 都電荒川線・飛鳥山-王子駅前

王子電軌として開業して1世紀、懐かしい町並みを走っていたはずの路線だが、
学習院下も、雑司ヶ谷も、小台も...
道路拡幅工事や大規模な道路新設工事など、荒川線沿線も急速にその姿を
変えつつあるわけで、その姿だって記録しておかないと...、と思いつつ。

車両面でも自分が生まれた頃の「荒川線近代化」以来、活躍してきた
7000形電車も今年が最後だと言われている。木造住宅の間をすり抜けるように
クリーム色に緑帯の電車が走っていた光景も、まもなく過去のものに。

本当はもう少し頻繁に記録しに行きたいのだが...
せめて車両の変遷だけでも。わずかな時間だったが、飛鳥山交差点へ。

続きを読む


秋の日曜日には...(2)赤い電車は白い線!? [保存車・廃線跡]

仕事が忙しい...と言いつつ、その忙しさの本当のピークは乗り越えつつ。
昨日、いや日付変わって一昨日、予定より1日早く発注を終えて。ほっと一息。
でも、もう1つだけ大変な仕事が残っていて。それさえ、めどが立てば。

今週末からは西日本方面への出撃も控えており、そろそろ荷物の準備を。

03_DPP_3953.JPG
【2016年4月30日10時38分】 高松琴平電鉄・仏生山車両所東工場

昨年に引き続き、1年最後の「ことでんレトロ電車」の撮影。
結局、5月の大型連休以来の訪問になってしまった。昨年の12月は、
日帰りでの強行軍。曇り空もあって“撃沈”だった。今年こそは...の
リベンジである。

12_PICT0143.JPG
【2001年頃??】 高松琴平電鉄志度線・撮影地不詳

高松琴平電鉄--“ことでん”は戦後、増加する輸送需要に対応することと
架線電圧の昇圧や木製車両の淘汰などを目的として日本全国の
大手・中小私鉄から多くの移籍車を迎え、“走る電車の博物館”に相応しい
状況となっていた。尤も、自分がそれに触れたのは、その最末期だが...

冷房車への置き換えが進んでいた頃、志度線の予備車として“30形”、
窓の大きな京急電車が最後の最後の活躍をしていた。この系列の電車の
「現役時代」の記憶と言えば、それだけ。でも、好きな車両で...

続きを読む


秋の日曜日には...(1)見納めの静態保存車!? [保存車・廃線跡]

日曜日があいていたから、買い物に行くついでにちょっと電車に揺られて
公園の静態保存車を撮ってきた...、その話題で何日も記事を書いてしまおうと
言うのだから拙ブログって...。こんな記事に何の需要があるのだろう、という
素朴な疑問はさておき。PV数など気にすること無く、今日も、<変態鉄>として
その興味、関心のある話題だけ書き続けるわけで。

しばらく前になるが、12月4日、お昼前に<変態鉄>は赤羽駅にいた。

01_DPP_5565.JPG
【2016年10月24日10時23分】 京浜急行電鉄本線・神奈川新町駅

その話はこの記事まで遡る。もうだいぶ前になってしまったような...
10月に、京急の黄色い電動貨車「デト」による“貨車便”-配給輸送列車を
撮影に訪れたときの話題。

往路の“貨車便”を逸見駅ホームで撮ることができて、そしてやって来たのが...

続きを読む


師走の小湊鐵道撮影記(7=最終回)遜色急行!? [いすみ鉄道 国鉄型キハ]

真岡線にSLを撮りに行った話題で、1日あいてしまったこの話題。
いよいよ最終回。タイトルの“遜色急行”というのは、某鉄道誌の特集記事で
話題になって、最近ではすっかり定着した感のあるコトバ。

決して、正式な用語では無いのだが...

国鉄時代には「特急形」「急行形」「近郊型」「通勤型」と車両の区別は
厳然たるものがあった。急行列車に乗るには運賃の他に、急行料金が必要で...
でも、車両運用の都合や絶対数が不足していたときなど、近郊型が急行列車に
運用されるケースは全国各地で散見された。急行料金をとって
車両は普通列車と変わらず...。そこで、付いた渾名が“遜色急行”。

01_DPP_00000048.JPG
【2016年12月3日14時53分】 いすみ鉄道・上総中野駅

そもそも、いすみ鉄道のキハ52形だって、山岳ローカル用の
車両だから、普段、い鉄を走っている「観光急行」だって、立派な(?)、
“遜色急行”だが、さらにそのキハ52形が故障して急行列車としての
運転ができなくなったこの日、いすみ鉄道では「ムーミン列車」で、
急行列車を代走させる措置がとられていた。尤も、急行料金は免除という
ことになっていたみたいだが...。

“遜色の遜色急行”、一目見てみたかった。

と言うわけで、3日の小湊鐵道撮影記、いよいよ最終回。

続きを読む


冬晴れの芳賀路でSLを <速報版> [とりあえず<速報版>]

昨日の記事でも少し予告したとおり...

とはいえ、拙ブログで“SLネタ”とは、「まさかっ!!」といった感じ
でしょうか!?

実は今日は「青春18きっぷ」を使って、朝一番で下館へ。

01_DPP_00000063.JPG
【2016年12月11日15時28分】 真岡鐵道・真岡-寺内

ちょっとしたミスもあって、往復ともほぼ同じ地点で撮影することに。
それも定番撮影地だけ2箇所だったが、でも、自分としては非常に楽しめた。

SL、蒸気機関車の中では決して大きな方では無い、C11型。
でも、白い煙を思いっきり吐きながら上り勾配を駆け上がる姿は、
やはり、ほかの列車にない迫力があった。

続きを読む