So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2つの“現役最古の電車”を撮りに(9)この機関車も!! [水島臨海鉄道キハ20]

明日から“社会復帰(笑)”。「自宅でゴロゴロ」の期間が終わり、
日曜は会社で会議なのである。その会議、春からの業務内容の詳細をつめる
ものなのだが、その打合せの開催をお願いしたのが自分。
それなのに、その資料が全然仕上がっていないという...。

撮影記など書いている場合ではないのだが、でも、パソコンに向かうと
やはり、そちらに向かってしまうわけで...

さて、12月に四国から大阪を巡ったときの話題。
3日目の朝は倉敷の水島臨海鉄道を撮っていた。キハの朝運用に冬季限定の
キハ30 100号車を撮れて大満足だったわけで。

001_DPP_00000309.JPG
【2016年12月19日11時29分】 水島臨海鉄道水島本線・水島-三菱自工前

そうなれば、貨物列車も!!
日中だけでも数本のコンテナ貨物列車が設定されている同線、
そのうち、倉敷市中心部を目指さず、倉敷貨物ターミナルと東水島を往復する
“小運転”には、この個性派機関車が登板するのである。

貨物列車の「積み荷」のことを“財源”という。
ここの“財源”は、三菱自工前駅近くの自動車メーカー工場から出荷の軽自動車。
諸般の事情で、2016年にはこの工場が稼働を止めていた時期があり、
そう、自動車の生産状況によって走ったり、走らなかったりの列車なので...

続きを読む