So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

年越しは「ちん電」で(1)東大阪にも阪堺!? えっ、南海!? [保存車・廃線跡]

大晦日から元日にかけての阪堺電気軌道撮影記。

こりゃまた、長くなりそうな話題。
<変態鉄>というのは、熱しやすく冷めにくい性格??
意外と一途というか、結構、1つのことにのめり込んでいくタイプ。
趣味の、<鉄>活動においてもそれは変わらず。

しばらく前まで、キハ、つまり、ディーゼル動車ばかり追っていたのだが、
2016年、阪堺の撮影会に参加してからは「ちん電」にすっかり嵌まってしまって。

大阪ミナミの繁華街、天王寺駅前と恵美須町から堺市の浜寺駅前を結ぶのが
「ちん電」、阪堺電気軌道である。その中で撮りたいのは昭和3年製のモ161形。
かつて、イベントの時に阪堺の職員の方に聞いてみたのだった。

「モ161形が、一番、動く日っていつですか??」

001_DPP_00000218.JPG
【2017年1月1日11時05分】 阪堺電軌阪堺線・住吉鳥居前電停

そう、それが正月三が日。住吉鳥居前電停は、その名の通り、住吉大社の目の前。
臨時ダイヤで初詣輸送が行われる、元日からの数日間は、阪堺の線路際が
一番、賑やかになる日でもある。10日前に撮りに行ったばかりであっても、
「ちん電」を撮る者として、一度は見ておきたかった。

続きを読む